時は流れ

テーマ:
35年。

もうこんなに時間が経過したのかと思う。

「普通の女の子に戻りたい」という言葉で日本中が騒然となった。

「私たちは幸せでした」で幕をしめくくり、その時から今年はもう35年も経つ。

デビューが1973年なので、ちょうどデビュー40周年にもあたる今年、このメモリアルイヤーは何かと騒がしい。

例えば、9/1発売のこの豪華写真集「アン・ドゥ・トロア」
すでに予約は締め切っていますが、29,800円という価格。
尋常じゃありません(笑)
$事実は小説より奇なり

未発表レア写真400点以上を一挙蔵出し掲載、また当時発売された写真集『美樹・蘭・好子 Candies Photographs』の復刻本も付属。

専用サイトもしっかり作られています。
http://www.candies40th.com/

キャンディーズファンなら欲しくなる記念本。
しかし、高額なために購入を断念する、と言う声も聞かれます。
もう少しなんとかならなかったのかな。


そして、コミュニティFMでキャンディーズ曲しか流さないキャンディーズ専門ラジオ番組「全国キャンディーズ研究会」もスタート!
放送局は「REDS WAVE」、日時は毎週日曜日 12:00-12:55。
パソコンはここでhttp://redswave.com/simul.asx

iPhoneはTunein Radioというアプリで試聴可能。
https://itunes.apple.com/jp/app/tunein-radio/id418987775?mt=8



そして、その記念すべき年にデビューした平成のキャンディーズこと、C@n-dols(キャンドルズ)!

5/25【キャンディージュークボックス】


6/15【'70ゴールデンタイム伝説】
$事実は小説より奇なり

愛くるしいルックス、3声のハーモニー、ダンスではない振り付け、紙テープの応援などはかつての70年代のアイドル風。

70年代のアイドル、それは誰もが憧れるまぶしい存在。

若いだけでアイドルと呼ばれる現在とは真逆なのだ。


だが、まだまだキャンディーズの歴史をトレースしたり、キャンディーズ楽曲を中心に歌う事が多く、C@n-dolsの真価はまだ発揮できていない。
キャンディーズは確かに偉大。偉大すぎて追従できるアイドルもアーティストも存在しない。

しかし、C@n-dolsはキャンディーズの真似事で終わって欲しくはない。
C@n-dolsの歴史を作って欲しい。

Perfumeが一部で平成のキャンディーズと呼ばれることがある。
しかし彼女らはたった1曲もキャンディーズの曲を歌った事もなければ、歴史をトレースしたこともないはず。
なのに、なぜキャンディーズと思われるのか。
3人というだけなく、品の良さやパフォーマンス、それを実現させる見えない努力などが平成のキャンディーズと言わしめるのではないか。
キャンディーズを知っていればいるほどそう見える、そう感じるのかと思う。

C@n-dolsは、キャンディーズの影の中にいてはダメなのだ。
早くその影から離れ独自のスタイルを確立してこそ平成のキャンディーズになれるではないかな。
それはキャンディーズ楽曲を歌うな、と言うことは違います。
歌うこと自体は否定しません。
もっと違うところにキャンディーズの価値が存在するはずです。


そしてそんな彼女らのライブが7/17日に池袋で行われる。

$事実は小説より奇なり

『SHOW WAAAP! SUMMER LIVE 2013』
日程:2013年7月17日(水)
場所:池袋ライブインロサ
入場料:¥2500+ドリンク代
演奏:鈴木大納言と年下ハウハウボーイズ
出演者:C@n-dols、荒井さち重、おくだのりこ、チャーリー芝原、板橋美里、他…
[開場]18時15分~
[開演]19時00分~
チケットお問合せ先:オフィス亜都夢
TEL:03-6804-1755
Mail: info@ccfc.jp

大変残念なことにセンターのアユこと大野 愛友佳は6/15のライブを最後に体調が思わしくないまま脱退。
C@n-dolsを中心で支え、C@n-dolsのDNAを築いた1人、貴重な、大変貴重なメンバーだっただけに悔いが残ります・・・

そしてこの日、新メンバーによる初のお披露目ライブ。
アヤ、ミュー、がアユの意志を受け継ぎ、そして新メンバーユキがどのようなパフォーマンスを見せてくれるか楽しみにしたいと思います。


2013年下半期、C@n-dolsタイフーンが吹き荒れてくれることを切に願う。

C@n-dolsの公式ブログ http://ameblo.jp/can-dols/









AD
4月6日、ブギウギ銀座にて「第2回穂口雄右ミュージックフェスティバル」が行われます。
~歌い継がれるキャンディーズ~と題し、穂口雄右さんのキャンディーズ楽曲が演奏されます。
歌うはBEST☆TEN。
そして4/4にデビューするC@n-dolsも参加!
「年下の男の子」と「あなたに夢中」を歌います。

フライヤーはこれ!
$事実は小説より奇なり $事実は小説より奇なり

この2種類のフライヤーの制作をいたしました。

ライブは次の通り!

2013年4月6日(土)
会場:ブギウギ銀座 GoogleMapはこちら
開場:14時
開演:15時~(17時30分頃終演)
料金:3000円(当日受付でお渡しください)
定員:100名
------------------------------------------------------------------------
【出演】
司会:江藤博利(ずうとるび)
ベスト☆テン
島武実(VTR出演)
王子聡
小野寺真菜
C@n-dols(スペシャルゲスト)
シークレットゲスト?

【演奏予定曲】
春一番
年下の男の子
夏が来た
わな
その他
------------------------------------------------------------------------
ライブには予約が必要となります。
こちらから→ http://bit.ly/hozemi




-------------------------------------------
WEB・広告デザイン・企画制作
ODEIN オーディーン[ http://odein.jp/ ]

代 表/アートディレクター
大 西 洋 Hiroshi Ohnishi
twitter : @ODEINjp

〒154-0017
東京都 世田谷区世田谷1-48-11-201
Mobile phone:080-3412-0024
Phone:050-3690-1676
--------------------------------------------------






AD
【お知らせ】
大西が広報宣伝担当のライブイベント、

【穂口雄右ミュージックフェスティバル】
~70年代アイドルポップスの祭典~


が開催されます!!

70年代の歌謡界において、
キャンディーズをはじめとした多くの歌手に名曲を提供してきた
穂口先生の一連のヒット作品をお楽しみ頂くとともに、
この日は数十年ぶりに先生が作られた新曲二曲を発表いたします。

どうぞこの貴重なライブにぜひご参加ください。

11月25日(日)
会場 六本木バウハウス
開場 17時半
開演 18時
司会 江藤博利(ずうとるび)

-------------------------------------------------
演奏予定曲
※江藤博利さん以外の歌手ご本人は出演しませんので、ご了承下さい

春一番(キャンディーズ)
夏が来た(キャンディーズ)
失恋記念日(石野真子)
素敵なラブリーボーイ(林寛子)
二十歳前(岩崎宏美)
夏ひらく青春(山口百恵)
太陽の季節(ずうとるび)
チャイナタウンでよろめいて(相本久美子)
ポケットいっぱいの幸せ(アグネスチャン)
林檎殺人事件(郷ひろみ)
人見知り(神田広美)
トライアングルラブレター(トライアングル)
もう一度だけふりむいて(桜田淳子)

※このほか新曲二曲
-------------------------------------------------

先日、TV主演したBEST☆TENも登場します。
http://ameblo.jp/bestten10/

メンバーの一人、まなちゃんはキャンディーズトリビュートバンド、元バンディーズのメンバーでもあります!

歌謡曲好きな方は是非!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
定員:120名
料金
予約:4000円
当日:4500円
※予約は http://bit.ly/hozemi までお申し込み下さい。
別途ドリンク代500円要
予約が定員に達した場合は当日の受付はいたしません。

なお基本的にキャンセルには応じられませんのでご了承下さい。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

-------------------------------------------
WEB・広告デザイン・企画制作
ODEIN オーディーン[ http://odein.jp/ ]

代 表/アートディレクター
大 西 洋 Hiroshi Ohnishi
twitter : @ODEINjp

〒154-0017
東京都 世田谷区世田谷1-48-11-201
Mobile phone:080-3412-0024
Phone:050-3690-1676
--------------------------------------------------





AD

NHK SONGS

テーマ:
12/21 NHK SONGS(22:55~)は、キャンディーズ!!
伝説の歌姫であり今や神話と化したキャンディーズの特集。
NHK出身とということもあり2008年には「我が愛しのキャンディーズ」という特番まで制作されています。
歌、ルックス、スタイル、振り付け、ハーモニーそしてコントの見事さ!

中盤からライブにおいて、専属のMMPというバンドが加わり、TVで見せる上品な雰囲気と違ってロック色が濃くなった。
そしてお客と一体になって盛り上がる現在のライブスタイルを確立したといってもよい熱いステージを作り上げていった・・・

キャンディーズはその結成から解散までそして、スーちゃんこと田中好子さんが亡くなることを含めて全てがドラマチック。
解散宣言やファイナルカーニバル(解散コンサート)などはまさに筋書きのないドラマ。

最近では活躍当時をしらない20代の人達もyoutube等で知ってファンになっています。
それもかなり当時からのファンに負けないくらい熱心に映像や楽曲を聴いているファンもいるのです。
なぜなら、今時のアイドルや歌謡界では見られない本物のエンターテイメントがここにはあるからです。









CANDIES FOREVER [DVD]/キャンディーズ

¥3,990
Amazon.co.jp

All About Candies BEST! DVD BOOK/著者不明

¥3,000
Amazon.co.jp

マルベル堂90周年記念企画 完全保存版 キャンディーズ プロマイドから微笑がえし 464カット.../著者不明

¥2,205
Amazon.co.jp

レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]/著者不明

¥700
Amazon.co.jp

GOLDEN☆BEST キャンディーズ コンプリート・シングルコレクション/キャンディーズ

¥2,000
Amazon.co.jp

GOLDEN☆BEST/キャンディーズ/キャンディーズ

¥2,980
Amazon.co.jp

すっかり個人的キャンディーズフィーバー再来ですが(笑)
新たにCDとDVDブックが発売されるので予約済み!

CDは、6月8日発売予定の「GOLDEN☆BEST キャンディーズ コンプリート・シングルコレクション」。
いわゆるシングル曲を集めたベスト盤で何度かリニューアルされて発売されてます。
今回、スーちゃんのことに関係なく企画されていたそうで、特に宣伝もなくひっそり発売するとのこと。
ま、この時期なのでネットニュースでは取り上げられていますが。

これにはオリジナル歌詞ブックに未公開写真が使用されるらしいです。
誰も見たことのない秘蔵写真らしいので楽しみ。
$事実は小説より奇なり

アマゾン→http://amzn.to/iwmQV2
IZAニュース「甦るスーちゃん、ベスト盤に未公開写真!」http://bit.ly/lg46Xt



もうひとつ、6/17には「All About Candies BEST! DVD-BOOK [単行本]」も発売!
『みごろ!たべごろ!笑いごろ!!』『クイズ ドレミファ・ドン』「1978年芝郵便貯金ホールでのライブ映像」など収録した85分のDVDがつきます。
これも楽しみ!
見たことある番組でもすっかり記憶に無いと思うので楽しみ!
$事実は小説より奇なり

アマゾン→http://amzn.to/ms9Gfc



そして伝説のファイナルコンサートは、4時間、52曲を歌いきっているのだが、その一部しかDVD化されていないのでノーカット版を見たい!!!!


さらにキャンディーズ3人の人生を描いた映画も見たい(作って欲しい)。
最初から応援できなかったので、せめて映画で彼女達の足跡を見たいのだ。

もうひとつ、恒久的なキャンディーズミュージアムも作って欲しい!





バンディーズ

テーマ:
8日の日曜、横須賀のカレーフェスタ会場内で行われたイベントを見て来ました。
キャンディーズのトリビュートバンド〝バンディーズ〟のライブ。

無料とのことなので、4~5曲も聴ければいいよな、と思っていたら9曲も聴くことが出来ました。
カラオケ音源でしたが、普段はバンド演奏をバックに歌っているようです。

ようです・・・そう。

初めて生で聞いたのです。
そのうち聞きに行こうと思っていたのですがなかなか機会が無くて、ようやく聞けたのです。
震災の影響で解散が1年伸びたおかげでといってもいいかもしれません。

ライブの様子はこんな感じ。
iPhoneで撮影。


出だしから紙テープの嵐!!
事実は小説より奇なり


ミキちゃんパートのまなさん
事実は小説より奇なり

ランちゃんパートの京子さん
$事実は小説より奇なり

そしてスーちゃんパートのみわさん
事実は小説より奇なり

会場は紙テープの山!
事実は小説より奇なり

バンディーズがパッケージになったよこすか海軍
カレーを紹介してーますー

事実は小説より奇なり
「おせちもいいけどカレーもね!」を思い出す!(笑)
帰りに買おうと思ったら、おいおい売ってないじゃんか!


なかなか雰囲気のよい3人
事実は小説より奇なり


元々キャンディーズが大好きでしたが、まだ子供だったので解散コンサートはもちろん一度もコンサートやライブ等に行けずじまいでした・・・

なので、バンディーズのライブでほんの少しでもキャンディーズの面影を見れたら、そう思っています。


こうして誰かが、ずーっとずーっとキャンディーズを歌い・語り継いで欲しいと願っています。

今や、伝説のキャンディーズ。

奇跡の3人と呼ばれているキャンディーズ。

キャンディーズよ永遠に。





PS.
なーぜか、途中から一番前にいました(笑)




スーちゃん 追悼番組

テーマ:
すでにいくつか放送されていますがスーちゃんの追悼番組の情報を載せます。



4月28日(木)午後7時00分~午後8時54分
TBS/スパモク!!
■田中好子さん緊急追悼特番 ありがとうスーちゃん


4月30日(土) 午後6時から3時間
文化放送
特別番組「ありがとうスーちゃん、ありがとうキャンディーズ」
79年から3年間、「GO!GO!キャンディーズ」をオンエア。
番組に出演していた吉田照美が出演


5月1日(日)深夜2:00~深夜4:00
TBS
■筆談ホステス~母と娘、愛と感動の25年。届け!わたしの心~(2010年)


5月2日~7日の9時~13時ほか
CS放送ファミリー劇場
「ドリフ大爆笑」
1977年から1982年に放送された内容から、キャンディーズがゲスト出演しているエピソードを基に9本放送


5月28日(土)午後5:40~午後7:30
TBS
■ひまわり~夏目雅子、27年の生涯と母の愛~(2007年)


まず、今夜、さよならカーニバルの様子が放送されるそうです。
楽しみというか、切ないというか複雑です・・・




$事実は小説より奇なり

2011年4月25日。

4月と言うのに、完璧な青空。
まるで真夏の様な気候。
スーちゃんの明るさのようないい天気。


青山葬儀場についたのはちょうど11時頃。
大勢のファン方が並んでいました。


記帳をして、「あゆみ」という2つ折りの案内を頂きました。
これはスーちゃんの経歴を記したもので、裏には自身で描いた絵が載っています。
ここに画像があります。http://bit.ly/ghjoZn

$事実は小説より奇なり

並んでしばらくすると、弔辞を読み上げる声がかすかに聞こえてきました。


持っていた携帯でワンセグTVを見てみると、ミキちゃんが弔辞を読み上げる姿が映っていました。
とても優しく丁寧に読み上げ、「私たちは永遠にキャンディーズ」という言葉は心に響いた。

そのあと、蘭ちゃんの姿。
「もう一度だけでいいから3人で会いたかったです。約束していたのに果たされなかったのが残念でなりません。」と。
本当に残念でならない。聞いている我々がそう思う・・・

2人の姿や声は実際に見れなかった。

1時間半ほどしてようやくファンのご焼香。
祭壇には綺麗な花と、カレンダー用に撮影されたという大きな写真。

$事実は小説より奇なり
これは祭壇より少し後ろにあるモニター


大勢のファンが来ているので数人ずつ行うがそれでもかなりの時間がかかった。


ご焼香が終わって外にでると、まだ多くの人が残っていた。
出棺も見届けるためだ。
もちろん、僕も最後まで見届けるつもり。

しばらく待っていると、急に空が曇りだした。
さっきまでの青空が嘘のように。

そして大粒の雨。
それは、夕立のように大粒だ。

空が泣いている・・・
だれもがそう思ったはず。

しばらくすると雨は止み、また青空に。
スーちゃんの明るさが雨雲を吹き飛ばしたようだった。

出棺を待っていると、喪主である小達一雄さんが最後のご挨拶をし始めた。
途中まで聞いていると、あれ、なんか用意してる?そんな感じがしてきました。

「よーい、スタート」とかけ声とともにカチンコの音が・・・

スーちゃんが、生前録音した肉声が流れてきたのである。
これはサプライズ!!

3月29日に吹き込まれたものらしい。
約1ヶ月前である。
すでに、自分でも感じていたのだろうな。
ランちゃんやミキちゃんに、もう長くないと話していたのはきっとこの頃なんだろう。

声は弱々しく、いつもTVから聞こえてくる強さはない。
でも優しさはいつもにも増して感じた。
その声が流れ出した時は周りからすすり泣きの声が聞こえました。

東北大震災のことで胸を痛めているということと、
夫やランちゃん、ミキちゃんへのメッセージが吹き込まれていました。

そして、出棺の時。
$事実は小説より奇なり

ゆっくりとみんなの前に動き出す車。
あちこちから「スーちゃん」「ありがとう」等の声が。

この時、キャンディーズデビュー曲「あなたに夢中」が流れてきました。
スーちゃんがセンターにいた時の歌。
これにはうるっと来ました。

門により近い方からは、一斉に青い紙テープが!!
青い紙テープはキャンディーズ時代のスーちゃんのカラー。


こうして、世紀のキャンディーズカーニバルは幕を閉じました・・・



キャンディーズは永遠。

永遠のキャンディーズ・・・

スーちゃんありがとう!!


スーちゃんの最後の言葉。






スーちゃんの葬儀

テーマ:
オフィシャルサイトに次のような案内が。

「田中好子(本名:小達好子)葬儀につきまして」
http://bit.ly/ghjoZn

〝本人の希望により、ファンの皆様にもご参列いただければと思います。〟とのこと。

行こうかな・・・



それと、 昨年、「筆談ホステス」で共演した北川景子のブログ。

http://bit.ly/fGTj3p

田中好子さんのことを書かれています。
北川景子ちゃんのやさしさとスーちゃんの暖かが感じられる日記になっています。
このような共演者の声を聞くことが出来るのも、我々ファンにとっては嬉しいことです。

スーちゃんの分までがんばって欲しい。

そして、蘭ちゃんの話も聞いてみたいが、そっとして上げたい気もする。