不況と言われながら、東京ディズニーランド、スバル富士重工業、ルミネなどのJR系エキナカビルが、過去最高益。

ポイントはリピーターだとか。

お客をよく見て、半歩先、一歩先を見てマーケットを作り出す。

これが共通の秘訣のようだ。

まだまだ、チャンスはある。


新しいマーケット、ブランド作りには是非、オーディーンの力をお試しください!!




-------------------------------------------
WEB・広告デザイン・企画制作
ODEIN オーディーン[ http://odein.jp/ ]

代 表/アートディレクター
大 西 洋 Hiroshi Ohnishi
twitter : @ODEINjp

〒154-0017
東京都 世田谷区世田谷1-48-11-201
Mobile phone:080-3412-0024
Phone:050-3690-1676
--------------------------------------------------





AD
Markezineの記事「受け取った人の3人に1人が試乗を予約!!
ポルシェ・ディーラーの破天荒なDMプロジェクト」

http://markezine.jp/article/detail/16142

これはカナダのポルシェディーラーがとった戦略ですが、これはなかなかできるものではありませんね。

その方法は、

1.富裕層の自宅の前にポルシェを無断で駐車して写真を撮影。
2.その場でその写真いりDMを作成し、ポストに投函!!

3.そのDMには“It’s closer than you think” (あなたが思っているよりもずっと身近な存在ですよ)と大きく明記してあるとか。

4.その結果、受け取った家庭の何と32%がWebサイトから試乗を予約したそうです。

仮に100件送ったとして32件試乗してそのうち1~2台でも売れれば凄いコストパフォーマンス。
これ、日本で似たようなことやったら面白いだろうな~

このブログ書きながら思いつきました!

車じゃなくても、お店の看板などでもできそう!!
お店の写真を撮り、リニューアルした看板を画像処理で合成。
プリントして送付する。

看板などはお店側でもなかなか作り替えませんが
長いこと同じ看板だと、その前を通る人にはいつの間にか風景の一部となり視角に入らなくなります。

つまり宣伝効果ゼロ!!
リニューアルすることで視角に入れば宣伝効果はあがります。

うちでも出来そうなことから始めて見ます。
ご興味ある店舗の方、ご相談に応じますので。

-------------------------------------------
WEB・広告デザイン・企画制作
ODEIN オーディーン[ http://odein.jp/ ]

代 表/アートディレクター
大 西 洋 Hiroshi Ohnishi
twitter : @ODEINjp

〒154-0017
東京都 世田谷区世田谷1-48-11-201
Mobile phone:080-3412-0024
Phone:050-3690-1676
--------------------------------------------------





AD
先ほど書いた「B(ビジネス)スクールではなく、D(デザイン)スクールに」繋がる話かも知れません。

ドコモ、タワーレコードを子会社化
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1206/11/news081.html

ドコモはご存じの通り、携帯電話キャリア。通信会社なわけです。
その会社が音楽販売会社を完全子会社化とは。

以前から自身でも発信しているとおり、土管屋になりたくない、との思いが強くコンテンツサービス業にシフトしていきたいのでしょう。

そう、AppleがiTunesStoreで音楽や映画を販売・レンタルしているように。
ドコモ独自ではそう言ったサービスを立ち上げるのは難しい、だから子会社化と考えるのが自然だと思います。
元々筆頭株主だったそうですし。

タワレコと言えば元々は米国の音楽ソフト販売会社。
米国の方は業績不振で廃業?してしまいましたが日本国内は資本関係がないので問題ないとのこと。

しかしオンライン販売が顕著化してきていて実店舗がいつまで持つか、という感じもします。
タワレコ側からすれば、この子会社化は渡りに船、という風に見えますが・・・

そういえばタワレコの社長はとても気さくなアイドルマニアでしたね(笑)














-------------------------------------------
WEB・広告デザイン・企画制作
ODEIN オーディーン[ http://odein.jp/ ]

代 表/アートディレクター
大 西 洋 Hiroshi Ohnishi
twitter : @ODEINjp

〒154-0017
東京都 世田谷区世田谷1-48-11-201
Mobile phone:080-3412-0024
Phone:050-3690-1676
--------------------------------------------------





AD
ネットでインナーフォンを見ていたら、カラーリングを自分好みにできるカスタマイズできるサイトを見つけました。
KOTORIと言うブランドのオーダーサービスです。
http://kotori.fostex.jp/

KOTORIブランドのインナーフォンはAppleStoreでも購入できますが、このKOTORIサイトでは細かくカラーリングを指定し、自分好みにカスタマイズし、オーダーできます。

例えばこんな風に。

$事実は小説より奇なり

左右を変えることも。
$事実は小説より奇なり

派手にも。
$事実は小説より奇なり

これが一番欲しいカラーリング!
$事実は小説より奇なり

ヘッドフォンでも同じように作れます。

$事実は小説より奇なり

$事実は小説より奇なり

実際に購入しなくても楽しめます(笑)
あらかじめ組み合わせ例もあるのでそこからカスタマイズできます。

価格はインナーフォンが4100~5700円、ヘッドフォンが14000円。
ギフトとして送れる仕組みもあり、送られた方は自由に組み合わせて自分の欲しいカラーリングにして受け取れます。

似たようなサービスでナイキもオーダーシューズのカスタマイズサービスをしています。
http://nikeid.nike.com/nikeid/index.jsp?channel=JP_NIKEID®ion=JAPAN&country=JP&language=JA

他にもあると思いますが、自分好みのデザインが欲しいときにはありがたいサービスです。
そして、好みの多様化により、大量生産では対応できない現在の状況にはふさわしいサービスであるとも思います。



ちなみに当方では全てオリジナルのWEBデザインから広告、カタログ、ロゴデザインなどをお客様のご要望をお伺いしつつ、最良のご提案をしております~!

-------------------------------------------
WEB・広告デザイン・企画制作
ODEIN オーディーン[ http://odein.jp/ ]

代 表/アートディレクター
大 西 洋 Hiroshi Ohnishi
twitter : @ODEINjp

〒154-0017
東京都 世田谷区世田谷1-48-11-201
Mobile phone:080-3412-0024
Phone:050-3690-1676
-------------------------------------------




多言語の重要性

テーマ:
イラクが日本の企業を誘致しています。
以前は1万人以上の日本人が住んでいたそうですが、
治安悪化でほとんどの日本企業が撤退したそうです。
そこでイランが再度日本企業を誘致し、経済の活性化を図りたいとか。

一方、震災後、日本国内への中国人観光客が激減していましたが、昨年後半からかなりの数が戻ってきてるようです。
日本企業は、日本人向けの国内での売り上げは減っていく一方となりますからこうした外国人旅行者への販売促進を進めていく必要があるでしょう。

また、TPPの件も含め、海外進出する企業も増えることと思います。

こうした状況を踏まえ、多言語のWEBサイトや事業案内、販促ツールが必要となります。

英語、中国語で書かれた看板やカタログ、ショップカード、各種案内ボードがあれば外国人も入りやすいでしょう。
そして、多言語でのWEBサイトがあれば、旅行者は事前に調べておくことができます。

オーディーンでは公官庁案件の実績がある翻訳会社と提携し、WEBサイトや各種販促ツールの制作が可能です。

ODEIN WEBサイト:http://odein.jp



Appleというブランド

テーマ:
テクノロジー系ニュースサイト TechCrunchの記事、
「Apple、携帯電話メーカーの利益シェア52%。幹部に巨額ボーナス」
http://bit.ly/sDBBXc

Android陣営の売り上げや台数が多いと思う人も多いかも知れませんが、この利益シェア52%というのは驚異的な数字だと思いませんか。

他の携帯メーカーは同時期に数台以上の機種を発売する中、アップルの主力製品はiPhone4Sのみ。
もちろん平行して4も販売されていますが、おそらく圧倒的に売れているのは4Sの方でしょう。

そうなれば、製造コストは抑えられ利益が上がるという物。
かつて、いくつものMac製品が乱立し、経営が圧迫された苦い経験から得た見事な管理術。
もちろん管理だけでは、ブランド力や価格設定、生活習慣の中に上手く溶け込むよう配慮された使い勝手など様々な要因があり今日のアップルがあるわけですが。

国内の企業もドンドン見習って欲しいものである。


と同時に、どうやっていくか、一緒に考えてブランド構築をしていきませんか?
一部のユーザーしか使っていなかったApple製品をここまで広めたのは、製品力ももちろんですが、
広告や広報の力でもあるのです。

すなわち、WEBサイトの作り方や広告、カタログ、ロゴデザインに至るまでCIの力も少なからず影響しています。

さぁ!リスタート、切りましょう!



WEBサイト、iPhone対応サイト、各種販促ツールはODEIN オーディーンへどうぞ!!
TEL 080-3412-0024 オオニシ
又はメールフォームでどうぞ。
http://odein.jp/Contact.html



ポリシーを持て!

テーマ:
ちょっと面白い記事。
http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=1222

日本企業は、「素人の顧客の意見を聞きすぎる」
まさにそうだと思う。

もちろん、全く無視を決め込むわけにはいかないが、聞きすぎるのはよくない。

この記事の中に書かれているように、

“まあ日本のメーカーの経営者自体が素人に近いので、こうした資料が無いと開発にゴーが出ないのかもしれない、というのが最大の問題ではあるのだが・・。”

に共感します。

自社の強みは何か、何が出来るのか、今一度考えてみましょう。

そして、それをしっかりと情報発信することが大切です。

広告、カタログ、Web、パッケージ、POP、パンフと全てのツールで対応していくことが重要。

せっかくの製品、サービスを、他社よりも魅力的に魅せるデザインツールを一緒に開発して行きましょう。

ODEINとなら出来ます!
こちらからご相談・お見積もりどうぞ。
http://odein.jp/Contact.html





iPhoneからの投稿

東商交流会

テーマ:
本日は午後から、東京商工会議所主催のビジネス交流会に参加してきます。

東商の会員になって約2年。
何度かこういった交流会に参加させていただいています。

これは、東商廼会員はもちろん会員でない方も参加可能。

新しい出会いに期待しつつ、情報交換や新規開拓につながるとありがたいと考えてもいます。






iPhoneからの投稿

節電販促ツール!!

テーマ:
今年は、一時期減っていた販促用〝うちわ〟が盛んに配られているようです。

節電の対しても販促としても効果的かもしれません。

ポケットティッシュの様に、すぐにカバンにしまわれたり、使ったら捨ててしまう物と違い、

うちわは手に持って使い、すぐには捨てないもので、デザインが可愛かったり、綺麗だっりすると余計に持っていたくなるはずです。

また、つい読んでしまうようなちょっとためになる事などが書いてあればなおさらではないでしょうか。


梅雨明けまで、もうしばらくかかります。


データ入稿であれば、今からでも10~14日間で印刷可能な印刷会社もあります。

節電で例年よりも長い期間必要になるであろう〝うちわ〟

今からでも節電販促ツールとして導入を考えて見てはいかがでしょうか。

ODEINではデザインのみのオーダーも、印刷込みのオーダーも受け付けます。

デザイン完成(ラフ1度お見せします)までは5~10日ほどかかると思いますが、その分、良質のうちわをお客様にお届けしてはいかがでしょうか。

久々に仕事ネタ!(笑)

助成金についてです。
販促・デザイン制作と助成金にどんな関係が?と思うかも知れませんが、東京都が国内外の展示会・見本市に出展及び広告掲載をする費用の一部を負担してくれます。


助成対象内容
●以下の1、2のいずれか1つ(両方の申請はできません。)


1.展示会参加費用等の助成
国内外の展示会・見本市等への出展費用
助成金限度額:100万円
【助成対象と認められる経費の3分の2以内】

●出展小間料
●資材費
●輸送費
●販促費
●広告費 (1~4の20%以内)


2.製品カタログ等作成費用の助成
助成金限度額:20万円
【助成対象と認められる経費の3分の2以内】

●会社案内
●製品カタログ
●パンフレット
等の作成経費

対象企業
以下の条件を満たすことが必要です。

●都内の中小企業者等
●企業からの受注が売上全体の50%以上であること。
●直近決算期の売上高が、前期又は平成20年9月以前の決算期のうち最新のもののいずれかと比較して減少していること。
●平成22年度若しくは平成23年度に、「経営課題解決支援事業」又は「グループ戦略策定支援特別対策事業」の支援を受け、販路開拓が必要とされていること。
※ただし、一度本助成金を受けたものは除く。(平成21年度「受注開拓緊急支援事業助成金」を含む。)

受付期間
平成23年4月1日から助成金終了まで



と、このような条件等ありますが、当てはまる企業にはとてもよい助成です。
助成金には限度あるようで限度額まで達すると終了するらしいです。

当方では展示会用のパネルデザイン・印刷や広告、WEBサイトの制作などお受けいたします。
せっかくですので是非、助成金を申請しつつ、デザイン性・訴求力の高い制作物をお作りしませんか?


申請についてですが、ご自身で行うことも可能ですが、
ご自分で出来ない場合、申請代行会社をご紹介できます。

費用は申請書の作成費5万円+支給申請時に15万=20万円ほどの費用がかかります。
お支払いは直接代行会社様にして頂く形になります。


※代行会社のご紹介のみは承っておりません。

お問い合わせは
-------------------------------------------
WEB・広告デザイン・企画制作
ODEIN オーディーン http://odein.jp
メールフォーム http://odein.jp/Contact.html
Phone:03-6868-3654又は080-3412-0024

代 表/アートディレクター
大 西 洋 Hiroshi Ohnishi
--------------------------------------------------