ツイッターって・・・その2

テーマ:
だいぶ間が開いてしまいました。

前回はざっと、ツイッターのおおまかな話を書きました。
今回はもう少し詳しく。

twitterがmixiや他のブログサービスと決定的に違うことがあります。

それは、公式サイト以外でも、更新や閲覧が可能な点です。
自分の好みや使い方に合わせて選ぶことができることが、これほど急速に広まった要因の一つだと思います。

そのツイッターアプリですが、以下の様なものがあります。

twigadge
TweetZ 
MMMMB
Seesmic for Windows
TweetWenty

Echofon for Mac
Afficheur
夜フクロウ
Hummings tweetdeck
Hummings
tweetie
Echo
Itsy
Socialite

Saezuri
とある触手の超百合砲
ツイタマ
SoraUsagi
DestroyTwitter

などなど。
これらを使うと、公式サイトを開いていなくても更新、閲覧が可能になります。

そして、この他にもiPhone用、iPad用もあり、種類、バリエーションは様々。
iPad用ではピヨピヨと音の鳴るアプリもあります。


このように、様々なバリエーションがあるのがツイッターの特徴であり、魅力の一つとなっています。

これから始める人、すでに始めている人、
自分に合うtwitterツールを使って閲覧や更新を楽しんでください。



続く。


AD

ツイッターって・・・その1

テーマ:
だいぶ市民権を得たというか、ニュースやバラエティ番組、ドラマにまで取り上げられるようになったツイッターですが、まだなんのこっちゃーと言う方もいらっしゃると思います。

何回かに渡ってツイッターの説明をしてみようかと思います。

そもそもツイッターとは140文字のミニブログといわれるサービスで、現在、日本では500万人程度、世界では1億人以上のユーザーがいるとされています。

簡単に「ツイート」(更新)ができることや普段出会えないいろいろな人と繋がることができるのが特徴です。

「フォロー」という〝お気に入り〟登録をすることで特定の人の書き込みを常に見ることができ、それに対しての返信も容易です。

また、「リツイート」という文章のコピーも可能で、ある人の発言を、コピーして別の人たちへ広めることが出来ます。


また、著名人、政治家、企業のトップ、タレントなども多数登録しておりコミュニケーションをすることも可能。

例)クリックで本人のツイッターへ飛べます。
鳩山前首相原口総務大臣蓮舫議員東国原知事舛添要一議員小池百合子議員田原総一朗鳥越俊太郎孫正義三木谷浩史藤田晋猪瀬直樹糸井重里勝間和代松本隆江川紹子茂木健一郎坂本龍一オノ・ヨーコ蜷川実花ダルビッシュ有西郷輝彦竹中直人サザンオールスターズ大江麻理子小林麻耶浜崎あゆみ益若つばさ西野カナ松浦亜弥小池徹平西川貴教田村亮千原せいじガチャピンなどなど・・・

これらの方々のツイートは登録しなくても閲覧可能です。

でも、どうせなら登録してつぶやいてみてはいかがでしょうか?
登録はこちら。http://twitter.com/


続く


ちなみに僕のアカウントはこちら


ツイッターやその他のWeb制作に関しては
ODEINまでお問い合わせください。
www.odein.jp 080-3412-0024

グラフィックデザイン WEBサイト ECサイト ショッピングサイト ロゴ カタログ パンフ Webサイトリニューアル
AD

iPad購入!!!!!

テーマ:
少し前についにiPadを購入しました。
すでにiPhone3Gを初日に入手してから使い続けているものとしては、すごく興味があるガジェットでしたが、これといって使う用途が見当たらず購入は控えていました。

しかし、先日仕事でプレゼンする機会があり、この機会に使って見ようと考え、購入した次第です。 何度も店頭で触っているし、iPhone持っているので、新たな感動は特にないだろう、 そう思っていました。

が、しかし!やはり自分のものとなりいろいろ使っていくと楽しくてしょうがありません!(笑)
iPhone3Gに比べると非常にレスポンス良く動きストレスを感じません。
画面が大きいのもやはりいい。
単に画面の大きくなったiPhoneだと揶揄されたりもしましたが、その大きさに違いが出ます。
画面いっぱいに表示されるアプリや動画などはiPhoneとは全く別といってもいいくらい。

twitterなどは別次元(笑)同じ画面内でustが見れたり、リンク先のサイトが見れたりPCよりサクサク動く感じ。

メールもやはり快適に閲覧と返信が可能。
サファリももちろん。iPhoneでは閲覧しづらいPCサイトも楽々見ることが出来る!

画像やPDFももちろん、話題の電子書籍も将来性を感じます!

ためらっている人がいたら是非背中を押してあげたい。

今、iPadで不便に思うことがあってもたぶん、近い将来対応していくことでしょう。(フラッシュ以外 笑) と、自己満足なブログでした(笑)

AD