大阪府は7日、職員による児童への虐待行為があったとして府内の2件の施設に対し、児童福祉法に基づく、改善指導を行った。

 府によると、ある児童養護施設では、男性保育士(23)が今年1月~2月にかけ、小学生の女児2人に対し、身体を触るなどの性的虐待をしたという。府は保育士としての信用を傷つけたとして、職員の保育士登録を取り消し。施設側は職員を懲戒解雇した。

 また、別の障害者施設では職員13人が約20人の児童らに対し、叩いたり、強く手を引っ張るなどの身体的虐待をしたといい、府が改善を指導。施設側は職員の処分を検討しているという。

【関連記事】
わいせつ容疑で中学教諭逮捕 教え子、自宅に呼び出し
急成長する「援デリ」の“うまみ”と“落とし穴”
子供の虐待防止へ厚労省専門家会議 「親権の制限法」求める意見も 
40人以上の女児にワイセツ…英会話教師の手口
児童の性的虐待、実父が最多…発見より難しく
「中国内陸部の資源事情とは…?」

職場でのがん検診、積極的には「実施していない」が61%(医療介護CBニュース)
教委に「天窓はない」=安全策軽視、男児転落の小学校-鹿児島(時事通信)
<容疑変更>被害者に配慮「強姦」に 大分県警(毎日新聞)
検察官役の弁護士追加 JR西3社長起訴議決で4人目(産経新聞)
フィギュア 高橋大輔選手が地元・岡山でパレード(毎日新聞)
AD