今年初の仲間内ライド

テーマ:

久々の長距離になって疲れているodayanです、どうも。

 

 

今日は年明け初めての仲間内で自転車に乗りました。堂崎周回予定でしたが、ロードレースが開催されるということで、人やクルマがわんさか・・・。走られないので県民の森かどこか他のところとなり、西海橋までとなりました。

 

 

あまり西海橋まで行くことがないので、ペースが分からない中で午前中に終わらせるべく、行きはややペースを上げて行きましたが、10時過ぎには到着して、午前中までには十分終われそうでした。距離は40kmほど。往復だとまぁまぁの距離なんですね。

 

 

帰りは引いてもらいましたが、行きで脚を使いすぎてしまって、琴海手前で千切れ・・・。スポーツデポで少しアイテムを確認して長与経由で帰宅。合計で100km近く走ることになり、滅多にない長距離の部類で結構疲れました。みなさん、お付き合いありがとうございました。(-∧-)

 

 

帰ってから即行で栄養補給とストレッチ。そろそろ粉プロテインを復活するかなぁ。

 

※ホンダさんfacebookより

AD

冬季トレーニングウェアについての発見

テーマ:

ちょっと日が空きましたが、寒くなりましたね。odayanです。

寒くなると途端に行動力が落ちるわけで、既に早く暖かくならないかな・・・と思っています。まだ12月なので早すぎですね。あぁ~、早く暖かく・・・。

 

 

まぁ、そんな中でも少しは自転車乗りたいな、ということで今日は外に出かけました。自宅ローラーは本の山でちと面倒くさいことになるので・・・。そして問題になるのがウェア。ここ2年くらいは真冬用のウェアは出していません。何故かと言うとそもそも冬にあまり出たくないということの他に、ウェアがあまり好きではないというところ。格好良さに欠けるのが気になる。プロ選手がチームのウェアを着て冬も走っているのにいいなと思っていてですね、そんなわけであまり着たくないわけです。でも寒い。

 

 

まだ夏用が着やすいところに置いてあるのでひとまず、夏用ジャージ、アームとレッグのウォーマー、フチュロスコープのウィンドブレーカー、ネックウォーマー、それと初下しのビニール製の薄いシューズカバー。これで出かけました。寒いのを一番感じるのは首からでして、マフラー巻こうかと思いましたがネックウォーマーもあることを思い出し引っ張り出しました。

 

 

発見しました。最高の寒さしのぎ。ネックウォーマー万歳だと思った次第。ネックウォーマーはAlpenで買ったIGNIOのドボン系。以前は鼻まで被せて使っていたのですが、サングラスは曇るし、鼻水ダラダラだし、使いにくいとひたすら思っていました。今回は敢えて鼻は外に出したままで口から下で。ウォーマーはウィンドブレーカーのチェックが完全に閉まらなくなるけれども中に入れてスタート。

 

 

しばらくは脚が寒いのですが、上はまだ大丈夫。しばらくして上りになって気づきました。なんか暖かいぞ、と。ネックウォーマーですが、自分の吐いた息がネックウォーマー内をグルっと後ろまで回り込んできて首が暖かい!30km走りましたが、帰り着いた時には上半身は結構汗ばんでいました。これは朗報過ぎるお話。

 

 

足先は冷たすぎて感覚が鈍い状態ですが、それは毎年同じ。それよりも真冬用のウェアでなくても行けたことに感動。今日の気温はガーミン確認で3.5度。夕方出たのでそれで寒かったかな。それでも耐えられる、これなら耐えられるぞ!というわけで、ネックウォーマーが最高です。鼻水は若干垂れますが洗えば取れるからいいや。

 

 

もう少し外練に出やすくなったかなと、今日は良い発見でした。

 

AD

ツール・ド・おきなわ 2017

テーマ:

ツール・ド・おきなわに2年ぶりに参加したodayanです。どうも。久々の参加でしたが、以前と変わらない感じで少し安心しました。


仕事の関係上、今年の自転車レースはこの沖縄だけに出ることとし、他はすべて切ったわけですが、結果からするとこの沖縄についても納得のいく準備はできませんでした。今年の仕事はちと厳しい・・・。


テーマは「可能な限り前線で展開する」。

結果からすると前線過ぎて早々に自爆した感じ。


スタート直後から先頭集団に着いていき、アクチュアルスタートの音も初めて聞けて良かったのですが、最初の7.8kmくらいしたところのゆるいコーナーで集団落車が発生し、自分より前方はほぼ全員落車してしまいました。


脇の歩道から彼らを避けて前に出たら、先頭10人くらいという位置で、集団作って回しましょう!ということで着いて行きました・・・が、速すぎる!何キロ出ていたのか見る余裕などありませんでした。いくつかのトンネルを抜けて行きましたが普久川ダムの前には切れてしまい前にも後ろにも誰もいない完全ソロ状態。毎月200~280km未満の走行量では着いて行くのは無謀だったか・・・。普久川ダムに1人で入るとはなんて貴重な体験!とか、コーナーに観客がいるのですが、観客は独り占めだ!とか思いながダムに臨みました。半ばヤケクソです。

 

 

ここまで21kmで残り85kmなのですが、完全に脚が終わってしまい、それからはどうやって完走しようかと考えながらのレース、というかサイクリング状態で、抜かれる抜かれる。ごぼう抜かれ。上りはどこもヘロヘロで、中盤50km地点では左脚が攣り気味。70km地点では右脚も怪しく、80km地点では両脚ともにレッドゾーン。106kmの残り20km地点では脚を叩きながらごまかしつつという感じで、最後の平地は本当にボロボロで到着。これでも完走できたのが不思議なくらいでした。

 

 

追い風ということもあり、1回目の2014年よりタイムは良かったものの、順位は過去最下位。100kmアンダー39の参加者は337人で、完走者は236人。自分の順位は172位。あれだけ抜かれてもこの位置であることに少し驚きます。

 

 

レースの結果はまぁボロボロで身体もボロボロなわけですが、「完走をする」という目標に変えてからは気持ちとしては楽に走れました。途中途中の沿道の応援さんにも手を振りつつ「どうも~」「ありがとう~」とか声掛けもして、そういう点では良かったかなと思っています。応援さんも手を振られるとテンション上がるみたいで、面白かったです。(笑)

 

 

さすがに最後はしかめっ面でのゴールでしたが、そんなこんなの沖縄でした。帰って翌日からの脚の状態はビリビリと。細かい筋肉が切れている感じで痛かったです。3・4日してようやく元に戻ったかなぁ?という感じで今を過ごしています。

 

 

来年は今年より時間が取れると思うので、少し参加するレースを増やしたいなと思っています。

 

 

あ、そうだった。ヤフオクでやり取りした與那嶺選手と武井コーチとも会えて写真も撮らせてもらい良かったです。沖縄では0.04秒差の2位だったようですが、彼女にもまだまだ頑張ってもらいたいですね。

 

AD

こんばんは。odayanです。

 

 

「ツール・ド・おきなわ」まで1週間を切りました。一時期腰からの右脚脱力症状が再発されたものの、コアトレでなんとか持ちこたえたようで少しホッとしています。トレーニングは十分ではありませんが、楽しみたいところです。しかし、天気がちょっと・・・あやしい状況で、曇りの40%とか。最低気温が21度程度で、少し肌寒い感じかなぁ。強風とかなければいいのですが、雨+強風とかになれば、もうサイクリングで行きたいと思います。怖すぎる。

 

 

さて人は追い詰められると成長すると昔から言われていますが、昔から言われているだけあって、いくつも修羅場を超えていく中で成長する・思考が磨かれるのは本当だな、と思います。今は慣れない仕事をやっていて、世の中の世知辛さを痛感していて、こういうことなんだなとようやく分かってきた感じです。

 

 

本来は追い詰められないでも成長していくことが理想ですが、多忙の中では仕方ないと思っています。が、今『活脳スイッチ』という本を読んでいます。そんな多忙の中でも気持ちをリセットするような、ぼ~っとするような時間がアイデアやひらめきを生むことに効果があるようです。スタバのPRCMの中で色んな職種の人がコーヒータイムについて語っているのですが、その中でコーヒーをドリップしている時間が気持ちをリセットさせてくれる貴重な時間で大事にしたいみたいなことを言っていました。

 

 

追い詰められて成長するのもいいですが、アイデアが必要そうな今日この頃なので、多忙の中でもこういった時間を作っていくことを心がけたいと思っています。

少しブログの頻度が上がってきたodayanです。どうも。

 

 

最近は仕事の中で営業畑の人と接することが多くなっているのですが、話や言葉の表現に慣れなくて戸惑うことがややあります。これと言えるほど自分の中で浸透していないのでシチュエーションについて簡潔に書けませんが、同じ意味でも言い方や言葉を変えていることに気づきました。

 

 

間違ってはいないけれども、なんかちょっとニュアンスが違う、でも、完全に間違いというわけでもない、そんな表現。自分は自分で言うのもなんですが、大体正直に言います。しかし、先の営業畑の人からすると、逆に正直に話してしまうということで悪いことにもなる場面があり、そのバランスに苦労している、そんな感じでしょうか。

 

 

今関わっている案件はこれからそういったことを乗り越えていかないといけないことが多々出てくることが予想されるので、その辺りは自分の中でしっかり消化していきたいと思っています。