【小田原】おだわら治療院~指圧・整体・マッサージ~

小田原駅東口徒歩4分 アパートの一室で開業しています
腰痛 肩こり 膝の痛み 神経痛 骨盤矯正 全身の様々なお悩みに対応します
国家資格所有
徒手療法に特化した鍼灸を使わない鍼灸マッサージ院です(笑)
土日祝日夜間も営業 駐車場あり


テーマ:

肩甲骨まわりのコリの症例を紹介します。


数年前に巷では肩甲骨ブームがおこりました。


「肩甲骨ストレッチ」「肩甲骨ダイエット」などなど


事実、身体の機能を維持する為には肩甲骨の動きは重要です。


しかし、人間の身体は意識するほどに症状も感じやすくなるものです。


いざここが凝り固まってしまうとなかなか手の付けられない所でもあります。


※ちなみに「病、膏肓(こうこう)に入る。」という格言も東洋医学でこの部位のツボを指します。


右の肩甲骨の内側にコリを訴え来院されたある患者さんは咳など風邪のような症状も抱え、気分も優れないようでした。


背骨全体の歪みを確認すると、腰や肩の偏った歪みが右の肩甲骨に負担を集中させていることが分かりました。


そこでまず全体的に歪みを補正するように指圧をしていきます。


その時点では無理に患部をほぐしにはかかりません。


いわば患部をほぐしやすくする準備段階です。


うつ伏せ、仰向けで全身を触ったら、いよいよ横向きで本格的に症状をとりにかかります。


まずは患者さんの肘を引き、肩甲骨を迫り出した姿位にして指圧をします。

こうすることでうつ伏せではなかなか指の入らない肩甲骨の裏側まで刺激をすることが出来ます。


更に腕を動かし肩甲骨が連動して動くよう運動法を組み合わせて指圧をします。


コリが緩みやすい条件で施術をしていくことで患者さんに最小限の負担での改善を促していきます、


当然、患者さんに自覚がない腕の緊張も影響していますのでしっかりと解消しておきます。


刺激としてはそこそこに痛みも感じられたかと思いますが、施術の途中に患者さんは心地良さそうな寝息をたてていました。


治療は特定の手技手法を機械的に提供していくだけでは成り立ちません。


人間の生理的なメカニズムを考慮して最大限の効果を求めることで一人ひとりに合わせた施術をしていきます。


治療が終わり患者さんに起きてもらうと顔色も良くなっていて、風邪のような症状もすっかり解消されていました。



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

おだわら治療院さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。