【小田原】おだわら治療院~指圧・整体・マッサージ~

小田原駅東口徒歩4分 アパートの一室で開業しています
腰痛 肩こり 膝の痛み 神経痛 骨盤矯正 全身の様々なお悩みに対応します
国家資格所有
徒手療法に特化した鍼灸を使わない鍼灸マッサージ院です(笑)
土日祝日夜間も営業 駐車場あり


テーマ:

前回に引き続き腰痛の症例をご紹介します。


腰痛を訴えて来たその女性は、長時間車の運転をした後に車から降りる際に特に痛みを感じると仰っていました。


実は車のシートというのは一般的に腰が深く沈み込み腰の悪い人には好ましくない姿勢が強いられがちです。



まず腰の状態を観察すると、少し反り腰の印象を受けました。


次にベッドに寝てもらい、いくつかの動きの検査をしてみると、左の股関節を深く曲げた(トーマステスト)時に腰の痛みが誘発されることが確認出来ました。


この時、ただ痛みの出る条件を確認するだけではなく、患者さんを動かした時に手に伝わる感触から、動きを制限している詳細な部位までを具体的に特定します。


そこで股関節の付け根に引っ掛かりを感じたことから、「腸腰筋」という筋肉が硬く緊張していると判断しました。


「腸腰筋」は身体の深部にあり(インナーマッスル)、ほとんど触知することが出来ないことからマッサージ師でもなかなかアプローチしようとしない、もしくは出来ない人も多い筋肉です。


実際にはお腹の方から骨盤の内側に圧力をかけていくように肘などでゆっくり押していくことでこの筋肉を緩めることが出来ます。


再度、股関節を曲げてみると、腰の痛みはすっかり消えていました。


その患者さん自身も、ほとんど触られたことのないお腹を押されて改善したことで驚かれていました。



このように、腰の痛みにも人によって原因がどこあるとも限りません。


特に「治療院」という看板を選んで来院される方は具体的に「どこを押してほしい。」というより、「何か分からないけど痛い。」と感じられている方が多くいらっしゃいます。


今回のような症例では、いくら腰を押したところで改善は見込めません。


人間の身体は痛む場所を押せば治るという単純なものではありませんので、治療家はあらゆる原因の可能性を熟知して、アプローチできる引き出しを備えている必要があります。


最後に予防として、車のシートに敷物で底上げをすることで、運転時の姿勢を改善するようにアドバイスをしました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

おだわら治療院さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。