【小田原】おだわら治療院~指圧・整体・マッサージ~

小田原駅東口徒歩4分 アパートの一室で開業しています
腰痛 肩こり 膝の痛み 神経痛 骨盤矯正 全身の様々なお悩みに対応します
国家資格所有
徒手療法に特化した鍼灸を使わない鍼灸マッサージ院です(笑)
土日祝日夜間も営業 駐車場あり


テーマ:

『坐骨神経痛』と診断されていながらも実際には坐骨神経に起因していなかった症例は数多く診ます。

どういうことか?


ある患者さんは、太ももの裏側の痛みを訴え、整形外科で「坐骨神経痛」と言われたそうです。


しかし、特別に痺れを感じることもなく、痛みの部位を確認してもそれは坐骨神経のラインと少しズレていました。



例により、坐骨神経痛と判断される基準はかなり曖昧のようです。


一般的に坐骨神経痛を疑う検査法ではSLRテスト(もしくはラセーグテスト)という手段を用います。


前屈をする時のような姿位で太ももの裏側(ハムストリングス)~ふくらはぎ~足の指に至るまでに痛みやしびれが誘発されるかどうかを確認します。


医師や治療士によっては、これだけで坐骨神経痛と判断してしまう例は少なくありません。


しかし、これでは坐骨神経ならずとも筋肉の過緊張によっても痛みは起こります。



その原因の多くは不良姿勢からの動作の癖によります。


そこで、治療では骨盤位や重心の位置を見極めて負担を減らす姿勢に促し、必要に応じ運動指導を行います。



また、筋緊張による症状が表に出ていたとして、坐骨神経に起因する症状も合わせてないとも限りません。


初診の患者さんでは特にあらゆる可能性を慎重に判断するよう心がけています。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

おだわら治療院さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。