【小田原】おだわら治療院~指圧・整体・マッサージ~

小田原駅東口徒歩4分 アパートの一室で開業しています
腰痛 肩こり 膝の痛み 神経痛 骨盤矯正 全身の様々なお悩みに対応します
国家資格所有
徒手療法に特化した鍼灸を使わない鍼灸マッサージ院です(笑)
土日祝日夜間も営業 駐車場あり


テーマ:

坐骨神経痛の症例を紹介します。


その患者さんは元々五十肩を訴えて来院され、症状が改善して以来、不定期に治療に通って頂いていました。


久しぶりの予約が入った際に「坐骨神経痛になったようだ。」と相談を頂きました。


症状は左脚の裏から指先に至るまでの痺れを訴えていました。


坐骨神経痛の治療ではまず、本当に症状が坐骨神経に由来しているかどうか確認する所から治療を始めます。


例えば、患者さんが以前に整形などでお医者さんから診断を受けていたとしても、実際にはその症状に当てはまらないことがあります。


そして、確かに坐骨神経の症状であると判断した場合、腰に起因しているのか、お尻の筋肉(梨状筋)に起因しているのか、神経そのものに緊張が出ているかなどを更に診察します。


指圧で神経痛や痺れを抑えるには、対象となる神経を正確に触診し、持続的に圧迫することが基本的な治療の手段のひとつです。


そして、その神経を圧迫する要因となる特定の筋肉の緊張も緩めていきます。


およそ一時間、患部を集中的に施術させて頂き、身体が軽くなったことを実感して頂きましたが、肝心の痺れはなかなか消えませんでした。


神経症状は必要以上に筋肉の緊張をほぐしてしまうと症状が悪化してしまう危険性が時にあります。


そこで近日に再度診させて頂くよう予約をとり、一回目の施術を終えました。


しかしその後、すぐに症状は軽くなっていき、二回目の施術日までにはすっかり痺れはなくなっていたそうです。


患者さんは満足してくれたようでしたが、個人的には、施術の現場で充分な結果まで至らなかったことは反省材料となりました。


一回目の治療でより効果を求めるのであれば、患部治療ではなく全身治療で上半身とのバランスを調整した方が良かったと思いました。


そこで、二回目の施術では予防の意味を含めて全身を施術させて頂きました。


以降、その方は坐骨神経痛の症状は一度も訴えていません。



坐骨神経痛は症状の重い人ではイスに座ることも出来なかったり、常に痺れが消えなかったり、そのような症状に長年悩まされる方もいます。


治療家として私自身、患者さんの経過を確認しながらも試行錯誤を繰り返して、常により良い結果を目指していたいと思っています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

おだわら治療院さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。