アナウンス

テーマ:
雨の日の朝、通勤電車で止まった駅に一部屋根のないところのある駅があり、電車のアナウンスで
「外は雨が降っております。屋根のないところもありますのでお気をつけてお降りください」 と優しい心遣いがあり、朝から気持ちが良くなりました。

その言葉が気になりそのあともアナウンスを聞いていると、普通のアナウンス「ドアが閉まります」もブログでは伝わりませんが、とーっても優しいんです。
お顔は分かりませんが声の印象って大事なんだなぁと思いました。

私は入社してからずっと受付の大塚さんの話し方や声が好きなんですが、一年目くらいの時にマネをしてみたら逆に私が言うと変だと先輩に言われました。
声と話し方はそれぞれの相性があって与える印象が決まるのだなと思います。
聞いていて、スッと入ってくる声や安心する話し方…憧れます(^^)

AD

2017/11/06

テーマ:
ものごとを客観的に見て、平等に判断しなくては…と思っているものの、私はつい感情が入ってしまいそれが出来ないことがあります。

そうだよねー、分かる分かる。
ってなっちゃうんです。

でも、本当の自分の気持ちを抑えて言いたくないことをきちんと言えることって大事だな、とあらためて感じました。
AD

2017/11/03

テーマ:
保育園の参観日がありました。

少し前から教室のドアのガラスが色紙で敷き詰められていて、これはなんだろう?なにか飾り的なものなのかなぁ?と思っていたら、参観日のためのものでした。

子供たちは親の存在に気づくといつも通りに遊んでくれないので隠していたのです。
よく見ると隙間があって、そこから子供の様子をそーっと覗いて見られるようになっています。
はたから見たら不思議な光景でしょう。

いつも私が仕事してるあいだ、あの子は今何してるんだろうとか思う時があったので、楽しみにしていました。
ちょうどお庭で遊ぶぞー!というところでお外に出る準備。
我先にと窓の前を陣取り待機している子がいるではないか、と思ったらうちの子でした。

最後は一緒に遊んだのですが、その中でも驚いたのは、家ではできないと思ってやらせてなかったことを案外保育園ではすんなりやっていて、え?あなたこんなことできたの??ということがありました。

早くできるように…と思ってやっても上手くできないことや、少しずつ…と思っていたら、いきなりやってのけたり。成長って難しいけど、面白いなぁと思いました。

話すか話さないかくらいの年頃になると、他の子はもうお話してるけど、うちの子はまだかなー?とちょっと期待したりします。
冷静になって考えたら、言葉はいつか出てくるもので話せないわけでもないのに早く早くー!と思ってしまうんです。

でも子どもなりの成長があって誰でも分かる言葉でなく、母にしか分からない言葉を言ってくれたりしてやりとりできるだけでも大きな喜びがあります。
子供のことをよく観察するのも育てることなのだなと感じました。
AD