{33A219A4-A262-4A70-9DA8-07ACB5EFC96C}
ローストポークとローストチキンが2枚ずつ。
自然なきれいな色。
お店の自家製で、香りがよくうまみもしっかり。しかもシンプルな味付けで深みがあるローストポークとローストチキンを食べられるとは。
美味しいローストポークやローストチキン、お酒があれば果てしなく食べるぐらい大好き。

おや?下には麺?

ローストポークとローストチキンはつけそばの上のトッピングなのです。

ラーメンやつけ麺、趣味で定期的に食べ歩いています。
同じ店に何度も通うこともあれば、食通の友人からの情報をもとに足を運ぶこともあります。
街をぶらぶらしていて、店の前を通りかかり良い香りがすると思うと直感でこれだ!と思い入ることもあります。

私好みのラーメン店が北池袋にあるよと友人に教えてもらい
幻のタンポポ(つけそば3番目)
行ってきました。

{36C49ECA-51DB-4D77-93D5-878D54E76654}
私が注文したのは つけそば得のせ 1100円
スープにはチャーシューが2枚、
通常サイズのものですが麺のや具のボリュームにまず驚きました。

{1902FE75-FCA6-4F05-AF76-847942DD99B0}
つけそばは醤油ベースのスープのみ。
中華そばのスープは醤油以外に塩も選べます。


{584CC8CC-091E-4084-9AB5-56B09AEF1ECE}
ローストポークとローストチキンが美味しすぎて!
シンプルな味付けだけど、豚肉と鶏肉がこんなに美味しいとは!と感動した味。



{6EE0BE70-21B9-4303-B9CB-C9D9B5985EED}

スープは大山どり、国産豚、鹿児島本枯れ、三陸根昆布、千葉煮干し、香味野菜などすべて天然国産素材で作っています。
スープのベースは変わらないが、魚介や山のものを季節により少しずつ変えていらっしゃるそうです。
化学調味料、だしの素は不使用。
私が今回味わったつけそばのスープには魚のアラが入っているとお聞きしました。

{DF5A376C-7926-4332-9A02-54A0B91C5A95}
つけそばの麺は国産小麦100%の中太麺。
小麦の殻も入っています。
太めの麺LOVEな私はスープとの相性が抜群な中太麺と感じました。

ラーメンの麺は製パン用の小麦粉を使っていて滑らかな食感だそうです。

池袋の桑ばらが使っている麺だそうです。
*桑ばらとたんぽぽのコラボをしたことがあるそうです。


{9E07B711-BE9E-491C-BC81-5A0F0DDB9621}
自家製チャーシューの柔らかさ。
厚みもあり驚きました。
スープが様々な具材を使っていているのにもかかわらず、それぞれの味がケンカせず、調和していることに驚きました。それでいてそれぞれの食材の個性もあり、最後まで飽きのこない味のスープでした。

化学調味料不使用となると美味しいのもありますが、単に薄味にしただけで味がぼんやりしていることも多々有ります。薄味でぼんやりした味の無化調スープならかえって食材のえぐみが出てしまうという残念なスープもあります。

幻のタンポポのスープは、スープの味が立体的で、えぐみがなくまろやかだと感じました。
フレンチ出身のオーナーがフレンチの手法でスープを作っているとお聞きしました。

食材のもつ味の引き出し方が違うとスープを飲んで感じました。

水も違うのかな?とふと気になりました。
お聞きしたところ、まろやかなのは、一晩寝かせた麦飯石(ばくはんせき)に入れた水を使っているとのこと。

{B8A3D1F5-EB13-48D1-A423-BD66A18B1A00}
スープの下にモッツアレラチーズを焼いたものが入っていました。
最初焼いたモッツアレラチーズを味わい、その後スープで溶かしながら味わうとまた違った味わいのスープになります。面白い発想だと思いました。

{FAB14A1B-684B-46C4-93F4-E3F760EAF37D}
煮たまご。
昆布と干し椎茸を一晩水出ししただしを使って砂糖や醤油で味をつけた煮卵。

{3344F202-A193-42DA-AF69-D460ACB950A2}
絶妙な食感の煮たまご。スープとの相性もバッチリです。
木更津たまごの赤玉を使っているそうです。
白身の弾力と風味、黄身のコクのバランスが絶妙な煮たまごでした。

{D52CEEB8-4C0E-4056-BF51-6453A8BD24D7}
最後にローストポークを残して、レモンをしぼって味わうと脳内幸せスイッチオン!

麺もスープも完食しました。

この日はこの後に予定があったので、お酒は飲まなかったのですが、具を残してお酒と一緒に楽しむのも良さそう。

{AC3F481E-A4E6-4A81-9409-120A99C73698}

お酒も良心的な値段であります。ホッピーのセットも400円。生ビールも350円。
こりゃ、飲みに行くにもいい感じ。

{BD15DAAF-F094-491A-8F77-2C795DE9DAF8}

{5D8F09E0-7591-4A89-BD4C-43D0C1ECD971}
土曜日・月曜日・火曜日・水曜日は18時からの営業。
日曜日のみ11時30分から15時までと昼も営業しています。
木曜日と金曜日が定休日。
スープがなくなり次第終了。
営業情報は幻のタンポポ つけそば3ばんめのFacebookページを確認してみてください。

今回はつけそばを味わいましたが、クオリティーの高いスープや具、麺で700円のラーメンも気になります。

つけそばのスープ、一口目は和風と思いながら、麺や具材との調和で変化もありました。

ごはんとも合いそう!スープにごはんを入れて食べる方も多いとお聞きしました。

フレンチ出身のシェフが作る、おつまみメニューも気になったので、次回訪れる時は飲んでちょこちょこつまんで〆のラーメンで楽しみたいです。

研ぎ澄まされた深い味わいもあり、後味がよいスープ。気になる方は店に足を運んでみてくださいね。

中華そば 幻のタンポポ
090-3401-0940
東京都豊島区池袋本町1-37-11 1F
http://tabelog.com/tokyo/A1322/A132201/13195586/


AD