FX十四楼(トーシロー・ガチトレFX)

ガチトレFXに入門してから世界を凹ますトレーダーになるまでを綴ります。


テーマ:

こんにちは

 

十四楼です。

 

桜舞い散り終えた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

 

ふと思ったのですが、映画を見る時ってどう思って観に行きますか?

 

 

1)期待して観る

 

2)期待せずに観る

 

 

色々な意見があると思いますが僕は

2)の「期待せずに観る」を選びます。(^O^)

 

 

その理由は、期待していないんだから、そこそこの映画でも楽しめるからです。

 

逆に期待していた場合は、もし少しだけ期待以下だった場合には

面白い映画だったにもかかわらず

「つまらなかった」という判断をしてしまうからです。

 

それは映画を楽しんで観ることではなく、期待という水準のどの位置にくるかの

見方にになっていて映画の楽しさとは関係ない勝手な評価を

してしまっているからです。

自分の設けた基準一つで、面白くもつまらなくもなるということですね。(^_^)

 

偶然観に行った映画「バッファロー66」でボウリングファンになりました。
期待しない映画を観たら、期待以上のものが手に入りました。

 

 

 

 

この考えはFXでも通用すると思っています。

 

トレードする前に様々な時間足でガチトレインジを見て、

勝手に「ショート」だと期待してエントリーしています。

 

もしも、それは自分の読み間違えで上昇トレンドでどんどんと

上昇してしまったらなんと思うでしょうか?σ(^_^;)

 

「ん〜、もう少ししたら必ず下落するだろう」とか

「5分足のインジがこうなるまで待ってみよう・・」などだと思います。
 

自分の意味のない期待や、いらんプライドでのトレードは博打です

 

それって、映画の話と同じで勝手な期待をトレードに持ち込んでいるとも言えます。

 

だって必ず下がるって勝手に思い込んでいるわけですから・・・。
 

確かにそうなることが多いかもしれませんが、そうならなかったら

大きな損害を受けてしまいます・・・。

そのうちにここで損切りしたら3万円マイナスになってしまう・・・なんて

考えたら、もう切れなくなってしまいます。涙(。>0<。)

 

 

とても優位性のあるトレードをしていても期待はしない

機械的に反対に動いたら、すぐに損切りされることがとっても大切だと思います。

 

実はこれがFXで勝ち続けるために一番のポイントと言っていいのかもしれない。

 

自分はこういう理由でショートしたのはいいとして

相場は必ずそれどうりに動く保証なんてどこにもないわけです。

 

 

 

実はガチトレを検証していていろんなことを考えて学んでいますが。

勝てるようになってきて大きなポイントを選ぶとなると

 

「負け上手になった」

 

これがとっても大きなポイントだと思っています!
 

勝つためにトレードしているのに、なぜ負けることを考える必要が・・・?
漫画「インベスターZ」より

 

ジョージ・ソロスさんの言葉に

「まずは生き残れ、儲けるのはそれからだ。」

 

という名言があります。

この「儲ける」ことより先に「生き残れ」があることが凄いんです。

 

 

「生き残るためには、資金を大きく減らさないことだと思います。

 

 

FXをやると、1年以内にほぼ90%の人は消えて行きます。

 

そこから数パーセントの人が残るけれど、それでもトントンの状態・・・。

そして残りの少しの人たちが勝ちトレーダーとなります。

 

 

3年後に残っている勝ちトレーダーという人たちは何を考えていたのか?

 

それは負けて行った人たちと逆のことを考えていたとも言えます。

 

 

勝とうとしたけど消えて行った人たちは

勝つことを常に考えていました。

 

「勝てる手法は?」「どうすれば勝てるのか?」「勝つためのルール」

全部、「勝つため」を考え続けて消えて行ったのです・・・。

90%の人は勝つことばかりを考えていたら勝てると思っていたのです。

 

 

実は勝っているトレーダーはその逆を考えているのではないかと思いました。

「負ける手法は?」「どうすれば負けるのか?」「負けるためのルール」

 

つまり、負けることを考え、その理由を追求して、

それを行わなければ「生き残れる」と考えたわけです。
 



美空ひばりの「柔」の「勝つと思うな 思えば負けよ」の世界ですね。


 

この手法は勝てると思っていると、逆に動いた時にこう思います。

 

「そんなことはない!だって勝てる手法なんだから!!」(≧▽≦)

 

世の中に正解なんてないのに、これが正解だと思い込んでいることほど

怖いものはありません・・・。

正義を大声で叫んでいる人って、正義のためなら犯罪だってします・・・。


ちなみに、ガチトレの場合はほぼ100%はぼくの勘違いやアホな思い込みで
間違えていたわけです・・・、情けないです。

 

 

相場を自分が動かせるならいいのですが、ただ流れに乗るだけなんですから

ロングと思っても急にショート方向に動くなんてよくあるわけです。

 

 

つまり、逆に動いた時の対処をしっかりとしておけば

生き残れるんです。

 

 

それが「負け上手になった」ということだと思っています。
 

 

損切りを動かさず、躊躇しないで切る。o(^▽^)o

 

3トレードしたとして、1トレード30pips取れたとします。

損切りは10pipsに設定しています。

 

3トレードでたった一回しか勝てなかった・・・。(+30pips)

2回は損切りです。(-10pips・-10pip=-20pips)

その日はそれでも10pipsプラスで終わっているわけです。
1トレードよりも、一日のトータルがプラスで終わることが
大切だと思います。

 

大きなポイントは、ちゃんと損切りが出来たからこそ
トータルでプラスに持って行くことが出来たとも言えます。

 

ガチトレFXで検証しまくって、ルールをしっかりと作り

勝率が70%〜80%の確率で勝てるようになったとします。(°∀°)b

 

もう、それがどんだけトンデモナイ事かわかりますよね。

 

 

ガチトレって普通の手法じゃないので、驚異的に勝率が高いです。

それでいて、負け上手なルールを守れたら

週で負けるとか、1日単位で負けることってなくなるのではないか?
そう考えました。

 

常に冷静に機械的に、ルールどうりに。



最近、自分に課しているノルマがあります。

 

それは「毎日必ず●●pips獲得する」というノルマです。

 

僕の今までのポリシーはガツガツトレードせずに

「勝てる時に確実なpipsを稼げ!」だったのですが、このノルマは

自分に対してのエクササイズとして行なっています。


エクササイズしているボク(十四楼(ジョークです))


 

夜に友人と呑みに行くときも、朝から外出で夜まで帰れないときも

必ずノルマを達成していかないとダメなんです・・・。

 

そうなると今までと違って、トレードに向かう姿勢が全く違ってきます。ヽ(゚◇゚ )ノ

 

朝からじっくりと通貨選択に時間を使うし、トレード時間が2時間しか

ない時のためにもスキャルで確実にpipsを稼ぐことを考える。
そして、一日のトレードできる時間でプランを考えて、淡々とルールに

当てはまる通貨を選択できないとノルマが達成できないため、

1トレード、1トレードが真剣です・・・。
 

 

スパルタ・エクササイズです。(^▽^;)

これ1ヶ月続けたら、信じられないくらい実力が上達するんじゃないか?

本当にそう思います。v(^-^)v

 

それでも頭の中ではただ稼げるというだけのトレードはしない

自分のルールでトレードをして行くことが

ノルマを達成するためにとても大切ということがわかってきました。


無闇なトレードはマイナスを増やすだけですから

その過酷さは凄くいいトレーニングになっています。v(^-^)v

 

一定期間こんな感じで自分に足枷をつけてみるのも

面白いゎ〜って感じている今日この頃です。

 

 

ガチトレをマスターしてルールを作り上げる。
そのルールを守り、損切りや逃げるルールなどの危険回避もバッチリの
トレーダーになれたら、最強だと思います!

来週も頑張ってトレードしていきましょう!

 

本日も読んで頂きありがとうございました。(^ε^)♪

 

来週もまたよろしくお願いします! 



 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(1)

テーマ:

こんにちは

 

十四楼です。

 

先週末はお見舞いに花見と続きPC前にいることができずに

更新が大変遅くなりました。

知らぬ間に月曜日になっていました。(^▽^;)
 

僕は大変な二日酔いに見舞われている本日ですが

みなさまはいかがお過ごされているでしょうか。

 

 

 

さて

2017年になって決めたことがありました。(`∀´)

 

 

「横丁を旅してみよう」です。(^~^)

 

「横丁」を調べて見ると

横丁(横町とも書きます)とは、表通りから横へ入った町筋。

横町と横丁の違いは、横町の方が町裏への通路で

「木戸がある」のに対して、横丁は俗称で、普遍的通り道(一般道)で

木戸はありません。

丁の字義には「出会う。行き交う」の意があります。

 

 

新宿の「ゴールデン街」、吉祥寺の「ハモニカ横丁」、

渋谷の「のんべい横丁」、新宿の「思い出横丁」など

いろいろな場所に「横丁」と呼ばれている場所があります。

 

この「横丁」の定義としては

 

1)道が狭い

2)暗い・怪しい

3)迷路になっている

4)共同トイレ

5)小さな呑み屋が密集

etc...

 

こんな感じでしょうか?

この「怪しい」というものにアンテナが敏感な僕は

常にそっちに引っ張られて行く癖があります。(^∇^)

 

この暗がり、たまらんですね・・・。

 

 

 

ガチトレFXの「どーですか?胡散臭いでしょう 笑」という言葉

たまんなく怪しく魅力的ですよね。(^◇^)

ある意味、横丁の怪しさに似ているものを感じます。


 

第一回目は新宿の「ゴールデン街」に行きました。(^~^)
 

一緒に行った方は、たまたまFBで知り合いになった

「ヘラブナ」関連の雑誌の編集長さんで、

なぜか連絡をくれたので一緒に行くことに。

初対面でゴールデン街へ!これもまた怪しい・・・。

3件もハシゴしてしまいました。

この手のお店って呑んでいるカウンター横にめちゃ細い

二階に上がる階段がよくあります。

今ではその上も呑める場所になっていますが、

基本は昔のチ●ンの間と言われる

売春場となっていたそうです。

もちろん未だにそっちの営業をされているお店もあるようです・・・。

昔は赤塚不二夫さんやタモリさんも集ったという

たこ八郎さんの「クラクラ」などもゴールデン街にあります。(^_^)

 

東京の笑いも涙も全てが詰め込まれた横丁がゴールデン街です

 

 

そして第二回の今回もまた新宿にある「思い出横丁」に行きました。
 

一緒に行った方は、もう10年前に偶然に道端で話しかけられ

それで知り合いとなった田中さんという方で

王道のおやじルックスに一目惚れして

呑み友達となった不思議な方です。
 

ここはいかにも横丁なのですが、あまりに外国の方が多くて

めちゃ狭いカウンターで呑んでいても、隣がブロンドの

ロシア人だったり、カナダ人だったりで観光スポットになっています。

ちょっと求めているものと違うなぁ〜って感じでした。(TωT)



これから横丁の旅の写真を撮ろうするとあくびをする田中さん


怪しい店を見つけるとふら〜っと吸い込まれていく田中さん


三軒目から出た途端、あっち面白そうです!と
酔っ払いキング道を突っ走る田中さん・・・。


次は上野か赤羽の横丁を旅してみようと思っています。(^O^)
 

 

横丁は奥に入れば入るほど、深みにはまるがどの道や店にも

個性があり意味がある。

 

では、どの店がいいのかぁ?

 

シンプルに考えて通わなきゃわからないですね。

 

それに、自分がいまいちな店と思っても

その店の常連さんがいて、そこに集う方にとってその店は

聖地で楽しい場所なんだと思います。

それは感覚的なものなのかもしれません。

 

早くも聖地を発見したとすぐにVサインをする田中さん


 

ちょっと横丁のお店をFXに絡めて考えてみると・・・。

 

 

FXも横丁にあるお店のようにたくさんの手法があり、

水平線でのトレードやボリンジャーを使ったもの、

MACDでトレードしている人もたくさんいるんだと思います。

 

ガチトレのメンバーの方は最高にツキがあって

ガチトレFXという最高のお店に腰を据えたわけです。ヽ(゚◇゚ )ノ

 

そこは普通のFXでは考えられないくらい凄い

成績を収められるお店なんです。

 

あとは、店主であるせいしろうさんや

常連のタポリさんのように

凄い利益を出せるトレーダー(常連客)となるだけです。

 

使っているものは「ガチトレFX」で、まったく同じものですから

同じくらいの成績を出すためにどうしたらいいのか?σ(^_^;)

 

 

使っている道具は同じ道具な訳ですから

あとは自分が変わっていくしかないんだと思っています。

 

つまりFX界の横丁にある最高の聖地「ガチトレ」に通い、

店のルールを理解し正しい常連さんになるだけです。

 

ガチトレを深く理解し、マイルールを作り

淡々とシステマチックにトレードを繰り返す、

目指すところはこれだけなんです。o(^▽^)o


淡々とマイルールでシステマチックにトレードするだけ。

 

 

 

つい「システマチック」なんて言葉を使ってしましましたが

この言葉の「チック」なんですが

ロマンチック、乙女チック、エキゾチック、ドラマチック・・・・。

 

チックって調べてみると「〜的」のようなことだそうです。

劇的な・夢的な。ドラマ的なということですね。

 

つまり「〜的」ってことは本当のシステムではない

とも言えます。

人間や考えてやっているわけでEAではないので

システマチックでいいわけです。

 

 

昔、公園のトイレで誰もいないと思って、
YMOの君に胸キュン口ずさんでいたんです。

で、サビの「き・み・に・胸キュン」って歌ったら、
個室から「キュン!」って合いの手が帰ってきた。

 

この時、個室の見知らぬ人にシステマチックを感じて
感動してお礼を言ったの覚えています。

(いまいち例えになってない気もしますが・・・)

 

 

白雪姫チックな猫を発見

 

「チック」ってかなりグレーな言い方ですね。

 

狭くて煙いお店に入ったら「横丁チックだなぁ」

おかっぱを見たら「ビートルズチックじゃん!」

人の写真を勝手にブログに上げていたら

「勝手にSNSチックだゎ!」ってことですね、

田中さん肖像権無視チックですみません・・・。γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ

 

殺し屋なのに爽やかチックなゴルゴ13

 

トレードだけは、マイルールチックではダメなので
ちゃんとしたマイルールでのトレードを心がけていきましょう!

 

本日は二日酔いのため、そんな感じで〜!

 

 

君に胸キュン

本日も読んで頂きありがとうございました。(^ε^)♪

 

来週もまたよろしくお願いします! 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは
 
十四楼です。

 

 

今日は「ルール」について考えてみました。

 

ルールを調べてみると、「規則」「規制」「慣例」「しきたり」と出ています。

 

では、世の中にどんな面白いルールがあるのか探してみました。(°∀°)b



生きていく以上、様々なルールが付いて回ります

 

「つぶやき決済」

書籍やパソコンなど、欲しいものがある時に社長のTwitter上で購入の

申請と決済がなされる、という制度です。ルールは申請の際に「#spicysoft」の

ハッシュタグを付けてつぶやくことです。

 

 

失恋休暇

交際していること、もしくは片思いしてることがが周知の事実だった場合、
失恋のショックから立ち直るために1日お休み。使用は1年に1回に限ります。

 

「3本ルール」

机の上に、飲んだジュースの空き缶や、ペットボトルを、
3本以上置いてはいけない事になっています。
3本並んだ瞬間に、罰則決定します。

 

「キーボード吹っ飛び感謝制度」

キーボードのボタンが吹っ飛んだ人には、それだけ仕事をしているということで…
頑張って働いたその人と、そのキーボードに、みんなで「ありがとう」と言おう。
キーボードにも人にも、感謝の気持ちを忘れないという意味で提案したルールです。

 


丁寧に打つと言う事には価値を求めないルールですね

 

グラム売りダイエット

社内でダイエットを宣言したら、グラム1円から会社が「体重」を買い取ります。
3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月コースがあり、それぞれグラム単価が1円/g、5円/g、10円/g。
毎月20日に体重を測定し、マイナス分から金額を算定。

ただし、期間内にリバウンドしていたら、増加分を1.5倍で買い戻していただきます。

 

 

これを読んでみるとルールというものは決めるのは簡単でも

守るのは本当に難しいということがわかります。

そのため、ある意味イベントにしてしまって楽しんでルールを

身につけてしまうというのも手ですね!
 

 

ちなみにプロレスではルールを破ることが
ルールとなっているそうです。
ヽ(*'0'*)ツ

 


拳銃を使っても5秒以内なら反則にはならないルール・・・。
元神奈川県警のお巡りさんレスラーです。
レフリーを人質にしているため、カウントも数えられない状況に。




自殺を止められると言う結末まで・・・。


 

ガチトレFXでのトレードルールは?

 

例えば、4時間、1時間のトレンドが同じトレンドの通貨を選んで

ピ●クにクロスかクロスαのみ狙う、下位足で連携が取れたら

1分鉄板でエントリー!

 

もう、これしか狙ってはいけないというルールを作ったとします。(^∇^)

 

それでもヘバリーでのモグラ叩きやTM、いきなり動いて

いかにも狙えそうな動きがあった時に人はついつい

反応してしまいます・・・。

不明な用語はこちらをご確認ください)

 

 

つまり、ルールというのはエントリーや利確だけを決め守ることだけでなく

 

得意な場所以外のトレードはダメというものを守るルールが

とっても重要になってくると思います。o(^▽^)o

 

 

 

芥川龍之介の杜子春という話はご存知でしょうか?
(タイトルからアニメがリンクされています。)


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆
 

彼は金持ちの息子だったが、親の遺産で遊び暮らして散財し、

今は乞食同然になっていた・・・。



寂しそうに落葉の門に影に座り込む杜子春

 

 

その後、仙人に助けられ大金持ちになるが、その時は大勢の人が寄ってくるが

お金を使い果たすと今まで優しかった人たちは手のひらを返すように冷たくなる・・・。

 

こんな人間というものに愛想を尽かし、杜子春は仙人になることにします。

 

仙人のなるための修行は、何があっても口をきいてはならないのというのでした。

 

虎や大蛇に襲われても、彼の姿を怪しんだ神に突き殺されても、

地獄に落ちて責め苦を加えられても、杜子春は一言も発しなかった。



殺されても声を出さない杜子春・・・。
 

怒った閻魔大王は、畜生道に落ちた杜子春の両親を連れて来させると、

彼の前で鬼たちにめった打ちにさせる。

無言を貫いていた杜子春だったが、苦しみながらも杜子春を思う母親の心を知り、

耐え切れずに「お母さん!」と一声叫んでしまった・・・。

 

叫ぶと同時に杜子春は現実に戻される。

 

 

 

洛陽の門の下、春の日暮れ、

すべては仙人が見せていた幻だった。

 

これからは人間らしい暮らしをすると言う杜子春に、仙人は泰山の麓にある

一軒の家と畑を与えて去っていった。

 

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

この噺は、お金を求める欲や、欲から解放される仙人になりたいと言う欲

を求める杜子春が本当に大切な人間らしさを、修行を通して教えられると言う

ところがミソだと思うのです。

 

 

この噺はすごくFXの大切な部分を説明してくれているように思えます。(^O^)

 

あれも欲しい、これも欲しいをやっていてはいつになっても本物になれない。

 

自分がガチトレFXで一番シンプルに勝てるところはなんだろう?

それを磨いたらそこだけ狙えばいいんじゃないだろうか?

 

 

せいしろうさんがなんども言われる

「ここだけは僕にも負けません!って言うくらいになってください」

その場所だけを磨いて、そこだを狙うルールで最強なんじゃないのか?

 

多分、ここも狙えば取れるとか、ここはエントリーしなきゃ勿体無いよなぁ〜

では単なる自分の欲望だけトレードしている事になります。
本当に検証しまくって、絶対に勝てるって自信ある場所なの?

パッと儲かるんじゃないか?って欲でエントリーしているだけなんじゃないの?

それで、うまく行っちゃたりするから
実は余計に厄介なんです、その癖が・・・。


本当のゴールドラッシュで儲けた人はどんな人なの?

 

高確率で勝てるならロットだってどんどん上げられますから

短期間でとんでもない事になってしまいます・・・。

 

わざわざ他にも勝てる場所を増やす必要ってあるのでしょうか?

 

 

先日、友人の親戚がFXで喰っているんだよと

話してくれました。

 

なんでも毎日20pips確実に稼いで、それ以外は

一切トレードをしないんだってと言っていました。

 

つまり、午前中に20pips稼げたから夕方からもまたって

ならずに、本日の仕事は終了〜!と言うそのルールに驚いたと言うか

それをちゃんと守れる人はどんな手法であれ絶対に負けないよなぁ〜と

思いました。

 

ルールは得意なところをだけを狙う。

そして、それ以外は一切手を出さない。

 

杜子春で言うなら様々な「欲」を求めている間は

幸せになれなかったけれど、普通に暮らせる事で本当の幸せを

見つけることができたわけです。

 

ガチトレFXでも得意技をたった一つ磨いていくだけで

充分と知ることが大切だと思っています。
 

ルールを守るメンタル、これが完成したらトレーダーとして完成!?

 

先週決めたルールにしてから本当にトレードが楽しいと言うか

楽になった感じです。

 

まったく負けなし、いらんところに手を出さなくていいので
pipsを減らすことはなし!

本当にガツガツしないトレードがこんなにもプラスになるのかと

改めて感じたしだいです。o(^▽^)o
 

 

来週も自分の得意なところが現れたらトレードをして

来ないならPCは閉じてしまうだけです。

 

 

 

本日も読んで頂きありがとうございました。(^ε^)♪


来週もまたよろしくお願いします! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(1)

テーマ:

こんにちは
 
十四楼です。

 

 

ずいぶん昔から本屋になりたいなぁ〜って願望がありました。

 

本屋といっても古本屋さんです。o(^▽^)o

 

昔、東京の三鷹台という場所に住んでいた時、プータローの僕は暇なので

歩いて2分の古本屋にちょくちょく行っていたんです。

 

「無暦堂」というすごい名前の本屋さんで、店内がめちゃ狭くて暗い・・・。



ネットで探したら、赤い看板の「無暦堂」の跡地の写真がありました。

 

店員は無言でレジ横の机でずっと自分の好きな本を読んでいる。

後ろにブルースマンのオーティスラッシュのポスターが貼ってあって

ずっと小さなラジカセからブルースが流れているという本屋でした。

 

その雰囲気に凄く憧れがあったのですが、不思議なものでそれから数年後に

オーティスラッシュを招聘する会社に就職したのが凄い偶然でした。(^O^)



たまにラッシュを聴くと当時の想い出がよみがえります。

 

そんなある日、プーターローの友人Aくんが遊びに来ました。
 

なんでも仕事をしたいという・・・。



 

では一緒に本屋をやろうと持ちかけました。v(^-^)v

 

本屋といってもお店を構えることが出来ないので

アマゾンで本を売って生計を立ててみようと思ったわけです。

 

その友人がやり方がわからないというので

いらない雑誌を一冊、その場でアマゾンに登録してみました。

 

すると、信じられないことに1時間もしないうちに売れてしまったのです。

 

びっくりしましたが、売値800円と確か送料の270円くらいが

発送後に入金されるわけです。

 

これを毎日10冊づく登録して売っていこう!

 

本はお互いのいらなくなった本で、登録は僕がやるので

発送はAくんがやることになりました。

 

それから何年も経つのですが、今では全てAくんに任せているのですが

すでに登録数が4000冊以上で毎日最低でも5〜10冊は売れています・・・。

 

毎月 Aくんの家に行き、打ち合わせをするのですが

僕がTシャツを売ってみてはどうか?海外に手ぬぐいなんかを

売ってみてはどうか?と様々なアイディアをいうのですが、

Aくんは必ず「このままでいい」と言います・・・。o(;△;)o

 

僕の中ではこれからは電子書籍の時代だし、ネットで無料で読めるところも

沢山あるし、どうなのかと思うのですが、彼は頑なに拒否します。

 

最初は冒険をしないやつとか、頭の硬いやつと思っていたのですが

実は彼のいいところはそこなんだと気づきました。

 

誰に何を言われていも、軸をぶらさない!(゜д゜;)



誰よりも頑固モノとも言える顔をした金魚が発見されました

 

どんな軸だかわかりませんが、それが彼の長所なんだと気付いてから

もう何も言わないことにしました。

 

いいとか悪いとか、損得とかそんなことではなく

自分のルールを作るいいヒントになりました。(°∀°)b

 

 

僕も似たようなもので、ずっとガチトレのマイルールを作って来ました。

 

正直、100%勝てるルールなんてないわけですから、ルールづくりの

検証はやめて、トレードに力を入れたほうがいいのですが

どうも、現状のルールに納得できないのです・・・。


このガチトレを使って

究極のクロスルールをずっと探している・・・。

 

自分では「クロスロード」って呼んでます。
 

伝説のブルースマン、ロバートジョンソンが悪魔に魂を売った場所、クロスロード

 

友人でブルースリーの大ファンだった子がいて。

いつでもヌンチャクをやっていたいみたいで

学校の休み時間に、靴下脱いで両足の靴下を結んで

ヌンチャクがわりに振り回して遊んでいるんだけど

それが信じられないくらい上手くて弟子入りしたのを思い出しました。


100万人アチョー時代でした



その修行が毎日、朝昼晩とヌンチャクを
ブルースリーの映画と同じように
なんども観て真似て振り回すことでした。

かなりキツかったです・・・。(´・ω・`)


つまり、修行ってキツくて続けていないと
完成しないんです。

1万時間の法則ってやつですね。


 

そんな長い旅でしたが、ようやくクロスロードが完成した感じです。
(毎週言っている感じするし、1万時間ってまだやろ〜。)


 

今週の木・金と4トレードして、もちろん負けなし!o(^▽^)o

 

成績的に今までと変わったのか?と言われれば

大した違いはないのですが、トレードしている時の
安心感が全く違うんです。

 

ずっと勝率とか獲得pipsとかではない、
本当の安心感が欲しかったんだとわかりました!v(^-^)v

 

その瞬間、なんかAくんの気持ちになれた感じでした。

 

そっか、必ず売れるという安心感が軸をブラさないのか、

そして時間が経って来たら、その軸はどんどん太くなっていくし

めちゃ高ロットで狙っていけるんじゃないかと思いました。
 


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

今日から新年度です。
 

 

なんか生まれ変わった気持ちでガチトレでのトレードを

やっていけそうです!

 

ずっと究極のクロスロードを追求して来てよかった〜と

本当に思った今週でした。

 

 

昔、楽器を習っていてすごく難解なフレーズがあって

これはどうやって弾くんだぁ?って困っていると

先生曰く、みんな普通のスピードで練習しようとするから途中で

諦めちゃうんですよ、だからスピードをめちゃ落として

ゆっくりと1音1音弾いていく。

そこを100回練習したら、弾けるようになると思いませんか?
 

と言われて納得したのを覚えています。

 

ガチトレも早く勝てるようになりたい〜って急いでしまいますが

本物のトレーダーになる為には

ゆっくり時間をかけて一つ一つ検証していく。
 

すると突然、目の前が開ける瞬間が来るんだと思いました。



警察募集のポスターのように変身しよう!



来週も頑張っていきましょう!


 

本日も読んで頂きありがとうございました。(^ε^)♪
来週もまたよろしくお願いします! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは
 
十四楼です。

 

ずいぶん長いことボウリングをやっていまして

ずっと基本の練習をしています。(^◇^)

正直、基本以外は何も練習することがないんです。

 

腕を紐と例えて、ブラブラと肩から紐がぶら下がっていて

その先にボールがつながっているとイメージする。

 

このボールを腕を振って投げると言う考えはないんです。

 

腕には一切力を入れません、構えてボールを下にブラ〜ンと落とす

それだけで、そこからは体重移動で身体だけ前に進む・・・。

 

するとボールは下にあるのに、身体が前に行くので

ボールはどんどんと後ろに行って肩の高さまで上がって行く

そして、パワーステップで前に体重移動されて行った
身体が止まった途端にボールが落ちて来て、
片足で立ったまま左足の先から

綺麗にボールが転がりだします。

 

力を全く入れていないのに凄いスピードで転がって行きます。(^_^)
 

 

マイケルフェーガン氏の投球。腕はムチのようにしなっています。

 

 

スピードと回転数はパワーなので、ボールがカーブを描いて

1番ピンと三番ピンの間に吸い込まれて行きストライクとなる。

 

つまりこのフィニッシュである最後の1歩がとても大切で

これをやるために、その前のステップがあることになります。

 

 

結局は練習とはこの最高のタイミングを掴んで

綺麗なフィニッシュをすること。

それを身体に覚えさせることになります。(^∇^)


 

FXの利益確定とは、ボウリングに例えるならば

フィニッシュの綺麗な形と言える感じです。

 

綺麗な満足いくフィニッシュである利益確定とはどんなものか?

 

 

例えば、1時間足を上位足としてトレードをしている場合は

その天から底までってかなり時間を使う場合が多いです。

 

上エリアでPOが起こって、下エリアでPOが出来るまで

ローソク50本、つまり二日間、

約200pips動いたことになりました。(`∀´)

 

その間に15分では大きな下げが3〜4回起こったことになりました。

1時間足で言うところのクロスが起こっている場所ですね。

 

トレードを放置民モードに切り替え、損切りを設定してPCを

閉じてしまわない限り、15分の大きな下げをまともに放置するというのは

ストレスになり、なかなか出来ることができません・・・。

50pipsもプルバックなんてザラですからね。(´・ω・`)

 

以前はそのプルバックのたびに、プレイバックパート1、パート2と

数えていました・・・。o(;△;)o



バカにしないでヨォ〜、そっちのせいよ〜と文句も出てしまいます・・・。
 

覚えている方も多いと思いますが、鉄腕アトムや鉄人28号でさえも

最終回では人間の言うことを聞かず、自ら意志を持ち勝手に人間のために

爆弾を抱えて宇宙の遥か遠くへ向かって行き死を選んだことがありました。


ロボットでもルールを守れなくなっている現実・・・。

 

つまりロボットでもルール通り動くと言うことが難しい世の中

人間がそのトレードを見ながら、ルールだからと行って

プルバックを平然と見ていることは

なかなか出来ないということが証明された瞬間だったのです。(^▽^;)
(そんなことはねぇ〜と思うぞ・・・)

 

たとえ2日持っていたいと言う人がいても、
寝るときには何があるかわかりません!
σ(^_^;)

僕は夜にはゆっくり眠るために、必ず利確をすることをお勧めします!

 

何でかと言いますと、現在利用しているAXIORYってポンドは特になんですが

深夜にスプレットが60〜80pipsと信じられないくらい開くことが多く

僕も勝っていたトレードを2回も切られてから、寝ている間の放置は

一切やめました・・・。ヽ(`Д´)ノ



どんないいトレードをしても、証券会社の一瞬で広がるスプレットで瞬殺!(`ε´)
 

 

そこで、考えたのがあるラインが反対のエリアインしたときに

利益確定してしまうと言うルールです。

 

例えばOだったりAだったりPの点線だったりと言う感じです。

 

このような局面だと大体、Oはエリアインまで高確率で到達する

Pまで余裕で持っていられるなどです・・・。

 

1時間を上位足にした場合は、この時間足の下位足で見ると

Aはエリアインの確率が85%なんて感じでかなり検証して行きました。

 

それ通りなったら、嬉しいのでその後にもっと大きく落ちたとしても

もう全然悔しくないし、ルール通りの達成感がたまらないわけです。(^O^)
 

感無量です・・・

 

ガチトレってある意味「修行」なんではないかと思っています。

 

「修業」は目指すものが最初から分かっているのではなく、

「修業」をしている中で自らが気付いていくものであり、

目標を定めて取り組むものではないという事が良く分かって来ました。(^o^;)

 


修行の先には水面を走れるトレーダーが生まれるかもしれません

 

自分のルールでのフィニッシュをきちんと守ることで

ストライクにあたる、自己満足度が高確率で達成出来ることになります。

 

小説家の作品、芸術家の絵画の作品と同じく

1日に1〜3回行うトレードは、トレードを仕事にする人にとって

一つ一つの自分の作品になるわけですから、

その質を追求して納得のいくフィニッシュをして行く

必要があると考えます。v(^-^)v

 

 

エントリーも大切ですが、利益確定のルールを

きちんと考え、危険な時の逃げ方を決めておくことって

トレーダーにとって、一番大切なことかもしれないです。
 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

先日、アンミカさんというモデルの女性が

ものすごく貧しい家に育ったのですが、現在では

セレブで幸せな人生を手にいれたというTV番組がやっていました。


 チラリズムの継承者、アンミカさん
 

 

美容部員だった母から「大人になったら居心地がいい人が美人」

と教えられたと言い、美人になる魔法4つを教えてもらったという。
 

「胸の真ん中に目があるというイメージを持つ」ことで姿勢を良くし、

話を聞く時は相手の方に体を向ける大切さについて言及。

相手も自分も笑顔になるように
「口角を上げる」

「相手の目を見る」
「相手のお話を聞く」
という4つの秘訣でした。
o(^▽^)o

 

これをFXのトレードに置き換えると。
「専業になったら的確な利確出来る人がナイストレーダー」となります。

最高のトレーダーになる4つの魔法を考えてみました。
 

「胸の真ん中にど根性ガエルがいるというイメージを持つ」ことで

決して諦めないという強い心を持つ。

そして、相手も自分も笑顔になるように

「ナイストレードを叫ぶ!」

「相場のトレンドを冷静に見る」

「ガチトレのインジの声を聞く」
 

この4つだと思いました(勝手に)(°∀°)b

 

ど根性ガエルとひろし

どんなにいいエントリーをしても、利益確定が上手くいかないと
納得できないトレード(作品)となってしまいますので
出口こそ、いいトレードか悪いトレードかを分ける大きな
分け目となる大切な部分だと思っています。


ナイストレード!利確がきちんと決まると気持ちいいです!

 

自分のトレードというものがつにね進歩しています。

また、来週も確実で負けないトレードを
行なっていきたいと思います。

 

 

本日も読んで頂きありがとうございました。(^ε^)♪

来週もまたよろしくお願いします! 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは
 
十四楼です。

 

 

ガチトレのインジを見ていると、これはロング?

いやショートと悩むってあります。

 

結局は全ての時間軸が同じトレンドになったところで

大きな波の方にエントリーすればまず勝つことができます。(°∀°)b

 

トレンドの本質を見るルールを作り上げることが

連戦連勝をしていくためにすごく必要なことだと思います。
 

本質が見えれば、ビールビンの切れ目がチョップする前から見えるようになります!

 

昔の会社でコンサートイベントをやった際にグッズでTシャツを

作ったことがありました。
300枚作ってなんと293枚売れたことがありました。

 

多分、ここまで売れたことがなかったのでみんな大喜び!

会場に来た3人に1人が買った割合ですから

早く社長に報告したいぞぉ〜って盛り上がっていました。ヾ(@°▽°@)ノ

 

翌日、会議でグッズ売り上げの報告を社内で発表した途端

社長が思いっきり怒り出してびっくりしました。

 

「なんで7枚残すんだ!」

 

「293枚売れたんだったら、
7枚売ることは全然簡単だろう〜!」

 

というわけです・・・。

 

そのセリフにすごく驚いたと同時に、立場での意見の違いに

感動したのを覚えています。

 

Tシャツを作って売っている僕らと、社長とは目線が違うわけです。

 

売れたもの喜ぶより、完売できなかった原因を突き詰めないと

それ以上の記録は作れないわけです。(゜д゜;)

その原因をクリアできれば500枚も、1000枚も売れる可能性があるわけです。

 

 

常に自分の考えを客観的にみて、相手の立場からも考えてみる。

 

 

自分が正しいとか、相手の考えは間違っていると頭っから思っていると

結局は自分がショートと思っていたら、全て都合のいい方に考えて

ロングなんてありえない!信じられないってなります。

 

それで一気にロングに動いてしまうと頭の回路がパニックになって

煙が出てしまいます。(@Д@;

 

力石のアッパーをまともに食らったような感覚です・・・。なにっ〜!

 

なので、とにかく逆説的な考えはどのくらいあり得るのか?

自分の選んだ方向は自分に都合よく見ていないか?

 

と自問自答する必要があります。

僕はある一定の懸念材料がある場合は一切トレードはしません。

そのルール一つが、エントリーでの重要なポイントになっています。

 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 

昔こんな相談がネットに出ていました。

 

Q:友人に半身浴を勧められ、やって見たがうまくいきません。

鼻や耳にお湯が入ってしまいます。

 

つまり、半身浴は下半身だけをお湯に入れるという概念を持たない方が

右半身か左半身をお湯に入れて耳にお湯が入って困っているという

わけです・・・・。σ(^_^;)



イメージ図 これも半身浴ですがちょっと苦しいです

 
 

こんな話も聞きました。

 

今日の昼休み、職場の先輩と二人でルノアールに行って二人とも

アイスコーヒーとピザトーストを頼んで、

帰りの会計で店員に「別々でお願いします」って言ったら、

「アイスコーヒー2つのお客様」って言われて本当にビックリした

しかも「あ、違います」って言ったら、

「アイスコーヒーのみのお客様」って言ったからね。

どっちみち、もう一人はピザトースト2つ頼んでんのかいって話です。

 

 

 

このルノアールの店員さんの回答が一般的ではないというわけです・・・。

 

しかし、実際にあったことですからそう考える人がいるってわけです。

 

 

答えは普通はこう考えるだろうとか、一般的にはとか

みんなに聞いてもおかしいっていうだろ〜ってなります。

 

みんな・・・?

となると多数決が正しいのか?(・Θ・;)

 

 

日本の北方領土は日本とロシアどちらのもの?と多数決を取ったら

ロシアの方が人口が多いので、ロシアのもにになってしまいます・・・。

 

一概に多数決が正しい訳ではないわけです。

どっちも自分の意見が正解と思っているし、正解のない世界で
世の中できているようにも思えます。
ヽ(;´ω`)ノ


常識だって、簡単に非常識になります。


相場も人の欲と恐怖でできていますから
常にトレンドが行ったり来たりします。
その本質をガチトレでしっかりと見ることが大切だと思っています。

 

 

正直、デモや底ロットでのトレードだと大体こうなるよねぇ〜っで

やった〜!130pipsとった!280pips取れた〜となるのですが

 

ロットを上げると、15分のプルバック、5分のプルバック

いえ、1分のプルバックでさえストレスに感じます。(^▽^;)

これは恐怖のために今までの自分の常識が覆った瞬間でした・・・。

 

そのストレスをなくすためには絶対に早くからリアルでやって、

自分で検証しまくった絶対の自信のある場所でしかトレードしない。

それを宣言することが必要だと思っています。(°∀°)b

 

 

もう一つ、ストレスをなくす方法がネットに出ていましたので紹介します。

 

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆
 

がんばっても「行動」が変えられない。「自分」が変えられない。

「いや、先生。そうはいってもカンタンに行動なんて変えられないですよ」

僕はカウンセラーの先生にキッパリそう伝えた。 もう30年以上生きているし、

今まで何度も行動を変えようとトライしてきた (そして、失敗した…)。

僕の頭のなかは、悩みではち切れそうだった。 仕事、人間関係、お金、将来不安…。

あ〜ぁ、これから、どうしよう。嫌だな。考えるだけでため息がでる。

 

「あなたは今、”記憶喪失” になったとしたら、
幸せですか?不幸ですか?」

 

カウンセラーの先生は、不思議な質問をした。

少し想像してみた。 記憶喪失になったら、この嫌な気持ちもないし、将来の不安も、

過去のプチトラウマも消えるし、アイツにムカついた出来事も忘れられるのか…。

 

…幸せかもね。
 
 

「そうですね、たぶん、幸せだと思いますよ。いっそ、そうなってしまいたいですね、

ハハッ」 僕がヤケクソ気味にそういうと、カウンセラーも、フフッと笑った。

 

「じゃあ、今から少し記憶喪失のフリをしてみてください。ゲームだと思って気軽に。」

 

「わかりました」 ゲームね… じゃあいっちょやったるか。

 

「ザ・記憶喪失ゲーム」

僕は、よくマンガに出てくる「頭を強く打って記憶喪失になってしまった人」になりきってみた。

一瞬で、さっきまでの出来事をスコーン!と忘れてみる、悩みも全部。

 俳優のように役に入りきり「ここはどこ? 私はだれ? あれ、サッパリ思い出せないぞ…」みたいな。

やってみると、けっこう上手にできた。 「はい、今、記憶が吹っ飛びました。」 僕はカウンセラーにそう伝えた。

「気分はどうですか?」 こんなんで、気分が晴れるわけないでしょ!と言おうと思った瞬間、あることに気がついた。

(あれ…、案外スッキリしてるぞ…。思いのほか気持ちいい。なんだコレ?)

カウンセラーは満を持して言った。
 「スッキリしたみたいですね。

 

先ほどおっしゃった通り、あなたは記憶喪失になったほうが幸せのようですね。

それってどういう意味か、わかりますか?」

 

「How to Do (行動)」 が変えられないのなら、
「How to Be(在り方)」 を変えよ

 

「あなたは今ここで、記憶喪失のフリをして幸せになれた。

ということは、本当はずっと幸せでいられるわけです。
はじめから、その状態でいましょう。

この状態を維持するよう、心がけてください」

 

戸惑う僕に、先生はそう言った。
「今日は終わりです。また会いましょう」

え? はぁ? あ、いや…、違うでしょ。ちょっと、待った! 

「いや、先生、それじゃあ根本解決にはなってないですよね」

カウンセラーは首を振った。

 

「いいえ、大きな前進をしました。あなたは、過去の記憶に囚われて、

未来を憂い、がんじがらめになっていました。何も行動できませんでした。

しかし今、過去からはなれ “今ここ” に戻ってきた。

あなたの “今ここ” の状態が、今、変わったのです。」

 

確かに、変わった。さっきまでの状態と違う。

「人生とは ”今ここ” が、ず〜っと続くだけのものです。
たしかに、頭のなかには概念として、

過去や未来といったものがありますが、現実世界は、ず〜っと ”今ここ” です。」

あれ?もしかして、昔の偉い聖者が「ビー・ヒア・ナウ ( be here now )」って

いってたのはこういうことだったの?

 

 

「だから、 “今ここ” のあなたが素晴らしい状態であるように、意識の主として、見張ってください。

そしてもし、あなたの頭のなかのタイムマシーンが動いて、

意識が過去や未来にタイムスリップしそうになったら、すぐにストップボタンを押してください。

その一つの手段がさっきやった記憶喪失ゲームなのです。」

 

オーマイガー。わしゃあ、頭のなかが昔や将来にタイムスリップしまくっていたな。

あの時ああすればよかったとか、あれは絶対許せないだとか、将来、お金が不安だな〜、とか、

一生このままなのか、とか。ハァ〜昔にロックオンされて、将来も無意識のうちに

決めつけておったわい。 
 

  “今ここ” で楽しんでいる状態になる。
確かに、そうすれば行動も変わってくるかもね。

 

そうだよ、ずっと ”今ここ” じゃん。それなのに、 ”今ここ” にいないから、

お留守のうちにイロイロおかしくなってたんだな、チッキショー!

 

その後「”今ここ” の私」は変わった。

まず、小さなレベルから話すと、会社で頭が沸騰しそうな出来事に遭遇しても、

「記憶喪失ゲーム」を5分ほど続けているだけで、「あ、忘れてた」状態になれるようになった。

家で「最近、俺ばっかりが、この家事してるぅぅぅ〜!」と思っても、

「記憶喪失ゲーム」を5分ほど続けていると、率先して気持よく行動できる。

自分がどれだけ過去にとらわれ、怒ったり、スネたり、ヘコんだりしていたかに気がつく。

脳ミソのなかにある過去や未来へ飛ぶタイムマシーンは、スイッチを切ってしまおう。

時空に振り回されるな、時空の主人となれ。ビー・ヒア・ナウ、ビー・ヒア・ナウ。

大きなレベルで言えば、過去の選択の失敗やトラウマなどを思い返しクヨクヨしたりもしなくなり、

 “今ここ” から建設的にスタートできるようになった。

 

人の感情には、愛と恐怖しかない。 現代社会のすべての恐怖とダメージは、

過去を引っ張りだして想起したフラッシュ「バック」。

 ”今ここ” にいようと心がければ、愛のある状態でいられる。
あるがままのあなたでいられる。

How to Do (行動) が変えられないのなら、How to Be (在り方) から、変えよ。

 

記憶喪失ゲームで都合のいい過去を作らないように・・・。

 

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

ガチトレをやっている方でも、お金の問題、人間関係の問題、病気の問題など
様々なストレスを抱えている方もたくさんいると思います。

 

それでも記憶喪失ゲームを取り入れると

ストレスなしに目の前のトレードに集中できると思います。(^◇^)
 

 
自分を客観視している今だって最高の時間です


 

ぜひ、活用して見てください〜!
 

 

昔、ゲイバーに行った時に、隣のお兄さんが「死にたい」って
つぶやいた瞬間にマスターが
「だっめぇぇよぉ~~またそんな事言ってぇぇぇえええ
どしたのどしたの~~~!!」
って言ってて、
こういう店って必要だよなと思いました・・・。ヽ(;´ω`)ノ

 

 


ロングで見るか、ショートでみるか?
大きく森を見れば本質が見えてくるかもしれないですね。

 
来週も淡々と自分のトレードを続けて行きます。

本日も読んで頂きありがとうございました。(^ε^)♪
来週もまたよろしくお願いします! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは
 
十四楼です。

 

 

昔、お世話になった沼澤さんという方が
昨年亡くなられました。



 

そこで「沼さんを偲ぶ会」が下北沢の「ラカーニャ」で

開催されたので参加してきました。
 


日比谷野音のイベントでラガーシャツを着た沼さんの遺影
 

親族の方が数名来られていたのですが、面白いのが

兄弟でさえも沼さんがどんな仕事をしていたのか
知らなかったそうです・・・。
(;^_^A

 

 

60過ぎで独りもんで酒タバコをずっとやっていて

昨年の11月に部屋で亡くなられていたそうです。

 

そんな沼さんの偲ぶ会ってやっていただいて

どうしていいものなのか・・・。(ノ゚ο゚)ノ

 

 

数名でも来てくれたら・・・。
そんな気持ちだったんだと思います。

 

 

それなのに次から次にどんどんと人がやってきて

親族の方が慌てているのが遠目に見てもわかりました。ヽ(*'0'*)ツ
 

 

有名な歌手の方、演劇関係の俳優さん、レコード会社の社長さんまで・・・。

本当に大勢の方が沼さんを偲んでラカーニャに集まってきました。

 

みんなが沼さんの思い出話をして
呑みながら話して泣いている。

 

 

沼さんが日本にレゲエのボブマーレーを呼ぼうって言い出して

本当に初来日させちゃったとか、様々な黒人ブルースのアーティストを

来日させたり、大きな会場で沖縄音楽のフィステバルをやったり

日本のアーティストの発掘に携わり

当時、全く売れていなかったアーティストをずっと世話してメジャーにしたりと

親族の方が本当にびっくりしていて、全然そんな話知らなかったんです

って泣くんです・・・・。(iДi)
 

日本での公演は最高だったよと、今はなきボブ・マーレー


 

すぐガチトレと結びつけちゃうんですが

インジのラインで様々なパターンが出て、売ったり買ったりしてますが

その中身って全然、わかっていない・・・。
それを紐解いて行く作業っていつか必ず必要になるんだと思ってます。

 

 

沼さんの親族の方のように、どのように生きてきたは知らなくても

偲ぶ会に訪れた人の話を聞いて、どんな人生を生きて来たのか

改めて知ることができるって感じでしょうか。

 

 

最初にガチトレのインジを見た時ってびっくりしますよね。

そして、この内容の濃いインジをよく作られたなぁ〜って関心します。

で、そのラインには全て意味があると思います。

 

ボ〜ッとストラテジーテスターでガチトレのインジが

動くのを見ているといろいろな気づきがあります。

 

ピ●クの点線と同じ方向にローソクって動いて行くなぁ〜とか

 

このラインとこのラインが乖離した時って、かなりの確率で

大きく一気に動くなぁ〜とか。

 

ヘバリー(エリアにラインがへばりついている状態)での

モグラ叩きはこんな感じの叩き方が的確だとか・・・。



モグラのMはSMのMですね・・・。

 

せいしろうさんがよく言われる、どれだけの数を見たかに

比例して感覚的にも理解していける感じがします。

 

 

普段のトレードでは、時間軸を並べて見ているのですが

例えば1時間足でのピンクは4時間足のどのラインとほぼ同じとか

5分足での長期Mは1時間のどのラインなんっていうのを

理解しておくととても便利です。

 

1時間足の画面で、ピ●クとミ●イロが
4時間のどのラインに当たるのか?

長期のMが4時間のどのラインなのか?

 

それがわかっているだけでも、4時間と1時間は

同じ方向にトレンドが出ているとわかって

目線が定まってきます。

通貨選択も1時間だけの画面でわかって簡単になりますよね。
 

ならば、下位足でその方向にエントリー出来る

場所を狙えばいいだけですからシンプルでわかりやすいです。

 

 

ボリンジャーバンドでも移動平均線でも同じんですが

ラインがくっついた後は大きく離れる。

 

逆に乖離したらくっつき始めます。

 

人間の心理みたいです。
 

 

そのインジの全てを知ることはもちろん無理なのですが

ライン一本でも、その意味を知るということが

とても大切なことだと思っています。

 

その役割が少しでもわかると
そのラインの存在意義が理解できる。
(°∀°)b

 

 

 

沼さんの親族の方が知らなかった、沼さんがやってきたこと

作ってきたもの、多くの人との繋がりを

集まった人の話から紐解いて理解していく。ヾ(@°▽°@)ノ

 

なんかとっても共通している感じがしました。

理解して行くことに意味があるのかと思います。
 

それぞれの沼さんの思い出話で沸きました。
 

ぼくが昔、下北沢で朝まで呑んでいて、始発で帰ろうと駅に行くと

昔あった南口の小さな池に片足を突っ込んで寝ているオヤジがいて

ひでぇ〜なぁ〜って思って見ていると、なんと沼さんで

慌てて起こして「早く帰んないと会社間に合わないよぉ〜」って

起こしたのを覚えています。ヽ(*'0'*)ツ

 

いい大人でここまで呑みまくって駅前でずぶ濡れで寝ている

会社の上司って滅多にいないよなぁ・・・っていうのが

ぼくの一番の想い出です。

 

 

メンバーの方も色々な線(ライン)で繋がって多くのことに気づき

さまざまな考えや発想、発見をしてガチトレという

ラインを紐解き、理解させていただいています。

本当に感謝です〜!



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

こんな話を思い出しました。

バフェットは、精霊がくれる自動車の話をよく使ったそうです。 


ある日、16歳のバフェットの前に精霊が現れて
「好きな自動車をあげよう。あしたには大きなリボンをかけた
新車を届けてあげる」と言うのだ。バフェットは歓喜する。
ただし、条件があった。
「それは君が一生で最後に手に入れる自動車になる。
つまり人生の最後まで乗り続けることになる」 

一生モノとなれば、当然とても大切にする。
取扱説明書を何回も読み、万一さびたり傷がついたりしたらすぐに直す。 
バフェットは頭脳と肉体も、精霊がくれる自動車と
同じだと説いているわけです。


ガチトレを日々マスターして、
自分の自動車をハイブリッドでターボの
スーパーカーにしてしまいましょう。


何年経とうと、ぼくの中のスーパーカーはロータスヨーロッパです。笑



 

本日も読んで頂きありがとうございました。(^ε^)♪

来週もまたよろしくお願いします! 

 

沼さんの大好きだったラカーニャでの偲ぶ会

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは
 
十四楼です。

 

 

先日、友達と呑んでまして、その方は旦那と離婚して

息子たちも一人暮らしを始めて、広い家に一人で住んでいるそうなんです。

 

家が広いと掃除とか大変じゃないの?と聞いたところ

それがルンバを買って、めちゃ助かっているのと言っていました。

あれ凄いよぉ〜って・・・。(´∀`)

 

それからずっと興味あったのですが、ショップチャンネルで

偶然ルンバが売っていて、つい衝動買いしてしまいました・・・。

(FXで儲けたお金でということにしておきます)

 

で、ついにルンバがやって来ました。キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!



正直使うまでは、ロボットなんかに掃除を任せられるかぁ〜って感じでした。
 

 

ルンバってスケジュールで予定を打ち込めるんですが

火曜・木曜・土曜日に朝9:00からクリーニングとしておきます。(°∀°)b

 

するとぼくがおきた頃にルンバが一人でガーっと掃除をしているんですね。

1時間くらいずっとやってくれていて、静かになったなぁ〜っとおもったら

一人でドックに戻って充電しているんです・・・。

 

もう、子供の頃に夢見た本物のお掃除ロボットが現実に

家にいる感じでした。
 


こんなイメージでしょうか。

 

でもって部屋のチェッックをしてみると、
信じられないくらい綺麗なんです〜!
ヽ(*'0'*)ツ

 

え〜っ!マジかよ〜!隅までめちゃ綺麗じゃん!!

これからはルンちゃんって呼ぶよぉ〜!ヘ(゚∀゚*)ノ

 

家には愛猫のチャッピーがいるので

抜け毛や埃がかなりフローリングに目立つのですが

もう、綺麗さっぱり何もない状態にビックリでした!!



ルンバの登場にやや戸惑うチャッピーでした。

 

これって、FXに置き換えると

究極のシンプルなトレードの姿だなぁって思いました。

 

 

スケジュールどうりに淡々と最高の通貨探して

ルール通りのトレードして、その日のノルマ終了したら

はい、お仕事終了で呑みに行きます。

(注:ルンバは呑みません)(´_ゝ`)クッククク・・

 

いつまでも、ずっとトレードするため画面にしがみつかない

ノルマ達成で未練もなく自動的に終わり。

 

凄いゎ〜、トレードはルンバに見習えってことですね!

 

出来る限り裁量をなくし、感情抜きでトレードして

淡々と作業をするようにならないと専業トレーダーにはなれません。

 

トレードで悩むとは、物事を複雑にしているだけで、

考えるとは、物事をシンプルにしていく行為です。

 

それをお掃除ロボットに教わりました。( ´艸`)

 

 

正直トレードって楽しいんですよね。

なのでズルズル夜遅くまで、もっといいのあるんじゃないかぁ?って

PCの前から離れられなくなっちゃいます。

 

FXの相場が完全にランダムならば、記憶は意味がなくて

相場が完全に正確ならば、人は記憶する意味がないわけです。

 

必然と偶然が波打って現れるから人は考え、記憶とルールが必要です。

それをガチトレを使って自分流にしたものが究極のルールです。

 

ルールを作ったら完璧なものに自分で作り上げていく。

 

こんな話を聞きました。

昨今のゲームであれば,しばしば「プレイヤーが次になすべきこと」は,

「お前が○○を手に入れるためには隣の街まで行く必要があって,

隣の街に行くための橋が壊れていて,その橋を直すための職人が

東の洞窟にいるので,東の洞窟に行って窮地に陥っている職人を助けて

橋を直してから向こうに行け」といった形で懇切丁寧に提示され,

そこにプレイヤーが何かを考える余地はない。  

 

ところがドラクエの場合はこの逆で,

「『次に○○をやれ』

という答えを決して言わない」という。

「街があるよ」「この街には△△があるよ」

「となり町にいく橋は壊れているよ」

といった具合に,情報はすべて別々に与えられ,プレイヤーは

次にどうすればいいかを自分で考えねばならないわけです。  



さぁ!冒険の旅に出かけよう!
 

この「自分で考える」というプロセスによって生まれる解決は,

「与えられた解決ではなく,
自分の解決になる」のだというのです。
(`∀´)


なんかガチトレの学び方、ルールの作り方に似てますよね。

 

 

本当にシンプルなルールっていいね〜って思います。

 

そこまでシンプルにしていく作業を怠ると

穴だらけのルールになってしまいます。

 

ある程度の自分のここを狙うトレードをすると決めたら

次には様々な角度から本当に穴がないのか?

こんな場合はどう考えるなどたくさんの疑問を出して

それを一つ一つ解決していく

 

そしてようやく一つのルールが出来上がる。

 

ガチトレメンバーの友人にこんなルールどうだろうと

よく投げかけます。

 

もちろんすでにリアルでやられている方です。

ガチトレFXによる異次元記録のropon3さん

 

すると本当に僕にはない目線でこういう局面では失敗した

こうしたほうがより高勝率になるなど

知識の共有をしてくれて、小さなアイディアが波紋のように

大きく完成度を増して広がっていくわけです。

本当に感謝感謝なんです〜!o(^▽^)o


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

こんな話を思い出しました。

 

“そんなある日、体調不良で早退した彼女の事を全員で

「仮病でしょー」とあざ笑っていた時…更衣室のイスに一つの

メモ帳が置いてある事に気付きました。

それは、イジメている彼女のメモ帳。

見る気など更々無かったのですが、その表紙を見た瞬間、

私は一枚目を捲ってしまいました。

表紙には「業務メモ&先輩情報」と、太い黒マジックで書かれていたからです。

「どうせ、悪口でも書いてあるのだろう」そう思い中身を見てみると、

そのメモ帳には彼女の人柄や性格がたくさん詰まっていたのです。

執拗に扱き使われ、弄られている私達4人の全員の好きな食べ物や、

嫌いな食べ物、お菓子からスイーツまでもが事細かにメモされていた。

それだけでは無かったのが、そのメモ張の最後ページには

「絶対辞めない!先輩に認めてもらってここで働き続ける!」と、

綴られていました。

それを見た私は、頭を強く殴られた様な衝撃を受け、目が覚めました。

この子は、普段私達にイジメられている中でも、しっかり私達の話を聞いて、

何が好きなのか、何が嫌いなのかをメモに残し、

少しでも私達に気に入られようとしていたのです。

 

その場にいた、他の3人の主婦もこのメモを見て、言葉を失うとともに、

自分達が18歳の彼女よりよっぽど子供で未熟だった事を知りました。

そして、4人で話し合い、翌日彼女に深く謝罪をするとともに、

メモ帳を返す事に。

私達が彼女にした行為は、人格を否定する行為で犯罪者と

何ら変わりのない事だと、深く反省しています。

彼女が教えてくれた、”大事な事”で逸れていた道を修正出来た気がします。

私は現在そこのスポーツショップでは働いていませんが、

他の3名の主婦友は今も働いています。

そして、私達がいじめていた18歳の彼女は、現在20歳。

立派な若き店長さんになっているそうです。”

 

 

この話を読んだ時に、この彼女の職場の環境への考え方

「絶対辞めない!」という情熱、そして総合的な目標達成への
行動とシステムの作り方に関心しました。

それが彼女を若き店長にしたのだと思いました。

 

いろいろな角度でマイルールを作っていますが

やっぱり自分の納得できる究極のマイルールを作り上げたいです。

 

時間はかかると思おいますが「絶対辞めない!」

という精神を見習ってガチトレ習って一周年の5月までには

ルンバのように、シンプルにシステマチックに

お仕事をできるトレーダーになっていたいです。

 

ルンバからそこまで熱くなれるのかぁ!


来週も好調キープで進んで行きます!

 

本日も読んで頂きありがとうございました。(^ε^)♪
来週もまたよろしくお願いします! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは
 
十四楼です。

 

 

今週はステップ動画について考えて見ました。

 

よく映画なんかで、一回目を見たより二回見た方が

より理解できて面白かった!

 

なんて話聞いたことありますが、このガチトレの動画って

その感動が凄いんです。

 

ほんとに毎度見直すたびに驚かされます・・・。o(^▽^)o

 

 

例えば自分が、めちゃ安全なCの狙い方を検証していたり

自分なりの利益確定のルールを決めたなどした後に

ステップ動画をみると、ほぼ自分が悩んでいた部分の答えが

そこにあるんです。

 

え〜!ここで答えを言ってくれているじゃん!ヽ(゚◇゚ )ノ

 

本当にそんな感じの驚きがあります。
 

ステップ動画は、悩んでも一人で答えが出るようになっています。

 

当時の自分だと動画をふぅ〜んという感じで

疑問も何もなく見ていたために、本当のその凄さの理解度が

めちゃ低くて、すごく大切なことも自分の中を素通りしていました・・・。

 

自分が何かに疑問をもって見るということで

全てを知っているせいしろうさんの解説では

ポロポロと答えを散らばせて解説してくれているんです。

 

 

そしてもっと凄いのは、その動画の中で漂っている言葉が

これがなぜ大切かの解説を一切してくれていないところなんです。

 

つまり、自分で考えて考えて改めて動画を見入ると

当時とまったく違う動画に見えて、漂っている答えを見つけ出すことができる。

 

そんな感じに見えました。

 

 

そこには「自分で考える」という

ガチトレFXで最初にせいしろうさんが何度もいう

「自分で考えてください」

「答えは右側にあります」



右がないぃ〜!
 

つまり、答えがあるんですから、この状態でエントリーすると

右の答えどうりのトレードになるってことなんですよね。

右にあるように大きくトレンドが動く前の状態が

左にあるってことですよね。

 

なんでこのCで動いたの?

ピ●ク点線の位置は?第3Gの向きは?

 

ただ動画を繰り返し見ても何も見えてこないかもしれない

 

しかし、自分が考えたり負けた理由を追求していくと

動画から答えをもらえるシステムになっていることに気づきます。


動画を先週見たときにはわからなかった答えが
今週は見つかった!そんな驚きがいつもあります。


 

昨日、スカイプでガチトレのメンバーさんから電話が来て

こんなことを言うんです・・・・。


 

「もうさぁ、負けるってことが出来ないんだよ・・・・」



 

そんな悩みあるかぁ〜!ヽ(`Д´)ノ

 

悲しそうに言うなぁ〜!\(*`∧´)/

 

 

って言いたくなりますよね!

FXで勝ちたいよ~(そう思っていたらガチトレFXに出会えた男のブログ)

 


こんな感じで電話して来たみたいです・・・。
「もうさぁ、負けるってことが出来ないんだよ・・・・」


 

そのメンバーさんも、今見るとステップ動画って全然違うものに見えて

本当にいろいろ学べるんだよねぇ〜とのこと。

 

それだけ、その方も多くの検証をしているんだなぁと思いました。

 



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆
 

こんな話がありました

 

たまたま読んだ,100年ほど前のお茶の本に,イギリスの茶と中国の茶と
日本の茶について書かれているのを見つけたらしいのだが,
「イギリスと中国の茶については,

何をどのようにしたらお茶がおいしくなるかが示されている。
しかし,日本の茶について本の著者は
『日本の茶は,おいしく飲むためにお茶を淹れるという

目的を忘れている。異常だ』としている」


日本のお茶は「俺の淹れ方のほうがカッコイイ」とか「宇宙につながれる」とか

「より精神世界的に高度」だとか,そういったことを言い,普通に考えれば,

すぐ飲んだほうがおいしいはずなのに,その前に茶碗を回したほうが
美しいなどとする。
「そこでは本来の具体的な目的は失われており,行為を消費することを楽しんでいる。

日本にはそういう文化がある」と語っているわけです・・・。
 

なんとも言えない静かな雰囲気の茶室で

 

それぞれの国の文化というもので、どの国のお茶の飲み方が

正しいということは無いといえます。

 

しかし、なぜそこまでお茶の飲み方の日本人はこだわったのか??
 

いや、茶室を宇宙とまでいうのか・・・。(。・ε・。)

 

 

 

そこでもう一つそのヒントとなった話があります。

 

写真の楽しみ方

写真を撮る人が写るには、自撮りするか、
自撮り棒で自撮りするかしかありません

 

で、ほぼ全て自撮り棒なんていう人はあまりいないでしょうから、必然的に、

その人はほとんど写真に写っていないという状態が生まれます。


これに気づいてから、ひとつ新しく意識するようになったことがあります。

「僕の子どものころの写真は、誰が撮ったんだろう?」ということです?


実家にある僕の写真。
やたらたくさんあります。僕単体の写真も、親と写ってる写真も、

家族の集合写真もあります。
でも、まだちゃんと調べてないのですが、おそらくその中に、

「ほとんど写ってない」人がいるはずなのです。


その人が、僕にフォーカスをあてて、

タイミングを見計らって、必殺のワンショットを撮ってるはずなのです。

それから、ネットに溢れる写真、友だちの家にある写真、写真展、写真集、

雑誌の写真などなども、前より楽しめるようになりました。(^◇^)
 

「誰が、どんな気持ちで撮ったんだろう?」

という視点から見ると、写真が全く違う立体感を帯びてくるからです。

撮影した人のそのテンションの高まりや緊張感を感じようとする
楽しみが生まれたのです。
(´∀`)



みんな笑顔で、はいチーズ!

 

その視点を変えるという部分に、お茶を美味しく飲むことを
追求していくと行き着くところは茶道なのではないか?
そう思ったわけです。(`Δ´)

 

お茶を飲むだけではなく、茶室も作法も茶碗も
すべて別の視点から究極に追求していく、
それはお茶を最高に美味しく楽しみたいから。

 

やがて茶道というものが生まれて来たのではないだろうか・・・。
 

 

つまり、どの国よりもお茶へのこだわりを追求した国が

日本なんじゃないか?(。・ε・。)
 

「本来の具体的な目的は失われて・・・」なんていうわけではなく

究極を求めた人たちの世界がそこにあるのです。

 



このお茶や写真というものへの追求心から「ガチトレFX」を考えると

理解を追求することが実は常勝トレーダーへの
一番の近道なのではないだろうか?

 

そんな風に感じた今週でした。



でもって
ぼくの今週のトレードはというと・・・。


プリントアウトした成績を見ている筆者


って感じでした〜!

 

本日も読んで頂きありがとうございました。(^ε^)♪
来週もまたよろしくお願いします! 


 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは
 
十四楼です。




ショートエントリーしたらうまく落ちてくれた
しかし、30分すると戻ってきて建値で終了・・・。
(;´▽`A``

それって何がいけなかったのか? 

どこで利確しておけばよかったのか・・・。

入り口がわかっているのに出口を間違うとこのようなことになります。
((゚m゚;)
(これって基本的には入り口もちょっと違うのですが、出口のみ考えてみます)

今日はガチトレで、自分のルールでの出口を見つけるということから、
鉄板を基本に考えて見ました。


まて!逃げるな!お前を探している!



たとえば、「鉄板」と「鉄板-」というのがあります。

鉄板は完璧ですけれど、「-(マイナス)」がつくと少々劣るわけです。


じつは少し前にはこれがマイナスということではなくて
「鉄板ーっ!」って音を伸ばすのかと思っていました。

いや、音を伸ばすというより大声で叫ばなくてはいけないのか??
(・ε・)

今ではネーミングに叫び方まで決められているのかと
新たな時代の幕開けに感動したものでした・・・・。

「みきてぃ〜!」みたいなものかと思っていたのですが、
 あるメンバーの方と話していた時に「ここで1分の鉄板〜〜!」と言っていたら
それ、もしかして鉄板マイナスのことを言っているの?と言われました・・・。


みきてぃ〜!
 

あっ!マイナスなんだ・・・、この横棒・・・。(;´▽`A``


まぁ、鉄板というものか究極のガチトレのエントリー場所であり
出口でもあります、その許容範囲をちょっと落とした「マイナス」
これまた魅力的であります。



これが1分では出ますが、ならば5分や1時間、4時間でもでるわけです。

いわいるその時間足での、それぞれの天底の天や底ってことですね。


4時間でそんな感じに鉄板が出現したら
そこからBがでてサイクルがスタート!

 
そんなところから考え始めて、では「鉄板ー」だと
どのくらいを許容していけば、理想のトレードができるのか考えました。

第1はP●として、ポイントは第2や第3Gがどうなっているのか?


ピ●クがこの位置まできているとか、向きとか。
第3がやや敵になっている場合・・・などなど。

このくらいのマイナスを許容すれば、どの時間足だと
第1Gのこのラインが反対エリアまで到達するのかぁ〜!(;^ω^A

ヘバリー(エリア内にラインがへばりついている状態)の場合はどう考える??


ヘバリーの図
 

ぜ〜んぶ整理して、検証をして一つの答えというかルールが
出来上がってきた感じがします。

ずっと同じルールでトレードをしているのですが
より正確になってきた感じといったほうがいいですね。


そして、大きく今までの自分の考えが違ったことがわかりました。

自分は4時間を基準にトレードしているとか
1時間を基準と決めて考えていたのですが
実はそれは自分の都合で考えているだけであって
相場の都合を自分が合わせればもっと簡単にトレードできることに
気がついたわけです。

上位足でのサイクルから考えたら、この時間足を基本にトレードをしたら
このラインが必ず反対エリアまで到達という明確な答えが出たわけです。
 
つまり、上位のサイクルから安全なトレードが出来る時間足を
連携で考えて選択するという考えです。
(ややっこしいですね・・・)

この1週間はさまざまな形でそれを実験的に行ってきました
1時間でも15分、1分でも・・・・。


ほぼ負けなしという信じられない結果です・・・。

ガチトレFXの凄いのは時間軸での連携と
サイクルの考えがリンクしているところです。


それを理解すれば、ほぼどんな時でも時間足を移動するだけで
トレード出来ちゃうんです。
それって当たり前なんですけど、以前のぼくは1時間足や
4時間足にこだわり過ぎていた感じがします。


例えば4時間のCがでたら、この下位足がほぼ鉄板くらいなので
この時間軸の第1の●レ●ジが下エリアまで到達するまで
トレードしようという感じです。o(^-^)o

いつでも、サイクルはスタートしているので、美味しい時間足を考え
美味しい所だけいただく。もちろん自分の欲しい量が好みとなるわけです。

少し以前のように、かなりアバウトなトレードして、ただ大きなPIPSを狙うより
安全性の高いトレードで確実なPIPSを狙う。
 
そんな確実性重視のトレードでロットを大きくしていくようになってきました。
その獲得PIPSは通貨によっても違いますが、時間軸でも大きく変わります。

その安全性をずっと検証したわけです。(・ε・)
 


そこからは鉄板ではなくて「鉄板ーっ!(マイナス)」で許容できる
範囲を探す旅です。

中学生の頃に憧れた吉田拓郎さんは旅の曲を歌い
作家、沢木耕太郎さんも自分の旅での体験を「深夜特急」に書き
空手家の大山倍達さんも世界ケンカ旅の武者修行に出たわけです。
 
子供の頃、旅をしたというだけで、吉田拓郎がかっこよかった

あの石ノ森章太郎さんは「サイボーグ009」を描くために
世界中を旅してあのキャラクターを作り上げたそうです。
(そこまで時間かける意味があったかどうかは不明ですが・・・)
 
能力も性格も国籍まで違う9人のサイボーグ
人数で人気を取るという方法はAKB48にも受け継がれている
 


人は「旅」で何かを見つけ、人生が変わると信じてきました・・・。


今回の自分の旅とは「鉄板ーっ!」の許容範囲を見つける旅でした。
 
その「鉄板ーっ!」を15分で狙ったら?
1時間で狙ったら?4時間だったら・・・。
 
と様々な時間足で狙い打った旅だったのです。

APPO(エリア・ピンク・パーフェクト・オーダー)で
安全で固いトレードが身についてきた感じです。


決まったら、ダンスしちゃいましょう

そろそろ、日々のバージョンアップより
勝ち続けるトレードに本腰入れていきます。
 
 
勝手に、来週がめちゃ楽しみです!


よくわからないが気合が入っているため
人は話しかけられない状態だ!



本日も読んで頂きありがとうございました。(^ε^)♪

来週もまたよろしくお願いします!


また来週〜!





 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。