鹿児島起立性調節障害親の会~告知板~

鹿児島の親の会の開催、開催報告、起立性調節障害に関する情報などをお知らせする告知板です。
鹿児島の親の会のブログ、「鹿児島起立性調節障害親の会~ぽれぽれなるままに~」と「鹿児島起立性調節障害親の会~告知板~」をよろしくお願いします。

起立性調節障害(OD)は小学生から思春期の子どもに起こる自律神経機能不全です。
朝起きられない、頭痛、めまい、吐き気、腹痛、たちくらみ、等の不快症状があり、重症では不登校にもなってしまいます。

小学生の5%、中高生の5~10%がかかり、不登校の児童生徒の3~4割が起立性調節障害とみられています。

午前中は体調の悪いことが多く学校に行けないことがありますが、午後から夜にかけては体調が回復する為、怠け、さぼりと誤解され、子ども達は体の辛さと、周りの無理解に二重に苦しんでいます。

気合いや気持ちの持ちようで治るものではありません。
子ども達は病気なのです。
長期にわたり具合の悪さが続く事もあり、受験期と重なる場合もありますが無理は禁物です。

起立性調節障害は成長とともに良くなる病気です。焦らず、じっくり治すことがとても大切です。
周りの大人達が子どもが安心して過ごせる環境を作ってあげましょう。

鹿児島起立性調節障害親の会は起立性の子どもを持つ親と当事者同志が気持ちを共有共感しながら、起立性調節障害への理解を深めていく会です。
同じ立場の親と関わりを持つことで親の気持ちが安定し子どもに良い影響を与えます。
病院や学校、進学に関する情報交換も行います。


3カ月に1回親の会を開催しています。開催前、南日本新聞みなみのカレンダーにもお知らせが掲載されますのでご確認の上参加申し込みお願いします。
また、この告知板かぽれぽれなるままにからもコメント、またはメッセージから申し込むことができます。

   ☆起立性調節障害についての相談、質問、親の会参加の申し込みは odkagoshima@gmail.com

   *親の会参加申し込みは氏名、住所、連絡先、子どもさんの学年または年齢をお知らせください。

一人で悩まないで、勇気を出して一歩踏み出してみませんか。
皆通って来た道、同じ仲間。心が軽く、温かくなる会です。
 「ひとりじゃないよ、仲間がいるよ」


NPO起立性調節障害ピアネットAliceは全国の中学校5000校に起立性調節障害理解のための冊子を届け、学校の先生方に起立性調節障害について正しく理解していただくための活動を行っています。



                  2017年3月発行  NPO起立性調節障害ピアネットAlice

テーマ:
25回目となりました鹿児島起立性調節障害親の会開催のお知らせです。
 
前回の親の会開催に際し、メッセージを寄せていただき初めて参加されたお父様がありました。
「息子の起立性調節障害を体験して」と題して、26歳になられた息子さんのOD 体験を書いて送ってくださいました。

とても素晴らしい文章でしたので了解していただいてブログにUP したところ、たくさんの方に読んでいただき、心に響いたとたくさんの反響がありました。
お父様に今回の親の会で体験談を話していただけないかとご相談したところ、私の体験が皆さんの役に立つならということで、お話してくださることになりました。
持病がおありで、体調的に長時間は難しいということですが、体験談と、質問にも答えてくださる予定です。
ODを卒業し、社会人として活躍されている息子さんのODとの関わりと、体験して感じた貴重な生の声が聴けると思います。
 
後半では最近の子どもたちの様子や、医療と進路についての情報交換など行います。
 
NPO起立性調節障害ピアネットAliceが作成、発行し、全国の中学校5000校へ届けられました「起立性調節障害の子どもを支える人たちへ」をご希望の方にお分けします。
学校の先生や周りの方に起立性調節障害を理解していただくためにご活用ください。
 

第25回鹿児島起立性調節障害親の会開催のお知らせ
  日時  6月4日(日)  13時~17時
  場所  サンエールかごしま 4階中研修室3
 
  参加料    200円
        飲み物は各自でご持参ください
  * 会開催の前に11時30分より1階喫茶室にてランチ会をします。(希望者)
参加申し込み、問い合わせ
  odkagoshima@gmail.com
  
申し込み時に、氏名、住所、電話、子どもさんの学年、ランチ会参加の有無をお知らせください。
ODと診断されている方、まだ診断されていない方、一人で悩まないで親の会に参加してみませんか。
経験豊富なお母さん方から、体験談とアドバイス、病院や治療について、学校や進路の情報などを聞くことができます。
初めて参加の方、県外からの参加の方、お父さんの参加大歓迎です。
皆様の参加お待ちしています音譜
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「起立性調節障害の子どもを支える人たちへ」が全国の5000の中学校へ送付されました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



5月13日、NPO起立性調節障害ピアネットAliceが作成、発行した冊子「起立性調節障害の子どもを支える人たちへ」が全国の中学校5000校へ発送されました。

たくさんの方から予定を超えるご寄付をいただき、当事者の子ども達もアンケートに答えてくれて、集計、編集、校正、発送作業に携わってくださった方々、コメントをくださった先生方、たくさんの方々の起立性調節障害を理解してほしいという熱い気持ちで出来上がった冊子。
26ページの小さな冊子ですが、皆の気持ちが前ページに込められています。
5月13日、子ども達の明るい未来のための小さな冊子が全国に飛び立っていきました。


5月11日の神戸新聞に冊子についての記事が掲載されました。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



NPO起立性調節障害ピアネットAliceが全国の中学校5000校へ起立性調節障害への理解を深めていただくための冊子を発送する日が近づいてきました。
本部に確認したところ、予定では5月13日に発送の予定とのことでした。

鹿児島県は全域の中学校へ送られることとなりました。
各中学校へは15,16日ごろ届くのではないかと思われます。
冊子は県内の全中学校へは送付されますが、県教育庁には送付されません。
菜の花さんと相談して、教育関係のおおもとである教育庁の関係部署の方々にも、冊子について理解をお願いしたほうがいいのではということになりました。
冊子が各中学校に届く前に行った方がいいということで急きょ、二人のお母さんに一緒に行っていただくようにお願いし、快く了解していただきました。

どこの課に行けばよいのかわからなかったので電話で問い合わせしたところ、保健体育科の担当の方とアポイントを取ることができました。
県庁には、2013年、ピアネットアリス代表が来鹿されて「起立性調節障害を考える会」を開くという時に義務教育課に伺ったことがありました。
県議会で起立性調節障害を取り上げられた時は傍聴に行きました。

10日に鹿児島県庁でお母さん方と待ち合わせして16階の保健体育課へ。
担当の職員の方が3人で対応してくださいました。
冊子が県下の全中学校へ配布されることと、起立性調節障害への理解をお願いしました。
保健体育科の職員の方々は起立性調節障害についてよくご存じで、学校現場の経験のある職員の方は
「起立性調節障害の子どもが増えてきて、起立性調節障害の事が良く話されています」
と言われていました。
養護教諭の研修会でも起立性調節障害の勉強をしているとも話されていました。

一緒に行っていただいた二人のお母さん方は、中3と高3の娘さんたちがOD、通信制高校1年の息子さんがODです。
自分たちのこれまでの体験を話してくださり、現役のODの子どもを持つお母さん方のお話は切実な問題を知ることができます。
担当の職員の方々も、メモを取って熱心に聞いておられました。

毎日の朝の連絡にお母さんが疲弊してしまうことをお話ししましたが、学校を教育統制する立場としては学校安全の立場から難しいと話されました。
それぞれの子どもと親と学校が話し合い最善の方法を考えていくことだと思いました。
私も渦中は1日3回電話連絡していた時期もありましたが、理解していただいて学校に行ける時に連絡するようにしました。
今は、メール、ラインなどの便利なツールがあるので昔より連絡もしやすいのではないでしょうか。

起立性調節障害はいじめや子どもの自殺にも繋がりかねないことをお話しし、子どもの命を守ることは大人の責任であること。
起立性調節障害の子どもを特別扱いしてほしいのではなく、付かず離れず、それぞれの子どもが持つ辛さを理解して寄り添い温かく見守ってほしいとお願いしました。


最後に職員の方から、色々な機会を捉えて冊子のことと起立性調節障害への理解を呼び掛けていきますとお話がありました。
お忙しい中、貴重な時間を私たち親の会の話を聞いていただき感謝申し上げます。
教育庁の関係部署の方々にも読んでいただくようアリスのパンフレットと冊子を15部さしあげました。
少ないですが、職員の皆さんに回覧して読んでいただき、起立性調節障害への理解が広がり深まることを願っています
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
ぽれぽれさんが4月から大学2年生に進級された長男さんの近況を書いてくださいました。

ぽれぽれさんの長男さんはODは重症の方で中学時代ほとんど登校することはできませんでした。
高校は全日制から通信制に転校され、大学は子どもに関わる職に就きたいと教員を目指し、教育学部に進学されました。
ODの重症ではありましたが、特別な治療は行わず、この子は大丈夫と信じ、明るいお家生活を続けられ、自分の進む道を見つけ希望の大学に入学されました。

明るいお家生活と、この子は大丈夫と信じ見守り続けたぽれぽれさんの深い愛情があって長男さんがODを克服し大人として成長されたと思います。





             

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「起立性調節障害の子どもを支える人たちへ」の申し込みが始まりました。

朝起きられない子どもの病気、起立性調節障害を正しく理解するための冊子、是非、手に取ってご覧ください。

今回の冊子の収益金は、寄付として今回お送りできなかった地域の中学校への郵送代金や居場所つくりの資金として運用させていただきます。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。


鹿児島県には全域の中学校へ冊子をお届けすることになりました。
県下の中学校の先生方に冊子を手に取って読んでいただき、起立性調節障害への正しい理解をお願いしたいと思います。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
NPO起立性調節障害ピアネットAlice は起立性調節障害を理解してもらうために全国の中学校5000校へ冊子を届ける活動を行っています。
このたび、冊子が完成し、ご寄付をいただいた方から発送が始まりました。
冊子が届いた鹿児島の親の会のぽれぽれさんが、冊子の感想を書いてくださいましたのでリブログさせていただきました。
順次発送していますが、まだ届いていない方は首をなが~くして今暫くお待ちくださいねラブラブ

4月1日から、個人で申し込みされる方の受付がはじまります。
申し込み専用フォ―ムが開設されます。
全国の中学校5000校には5月の連休明けに発送されます。







                      あたしもまってるにゃんネコ


                              早く来い来い招き猫
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。