羽生善治名人(39)に三浦弘行八段(36)が挑む第68期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第2局は21日、岩手県遠野市のあえりあ遠野で2日目の戦いが始まった。

 羽生が先勝したあとの本局は、横歩取り8五飛から激しい流れになった。1日目に使った時間は、羽生が三浦より2時間46分多い(第1局の差は2時間16分)。三浦はある程度まで研究をもとに指し進め、終盤に時間を残そうという方針か。羽生は三浦の得意戦法を受けて立ち、臨機応変に対応しようと考えているようだ。

 晴天に恵まれた朝、三浦、羽生の順に対局室へ入った。立会の島朗九段が封じ手を開け「5三桂成です」と読み上げた。

 羽生が1時間考えて決断した封じ手は、自陣に手を入れずに攻め合い勝ちを目指した強気な一手だった。局面はもはや、はっきり終盤といえる。ここで三浦が長考に入った。【山村英樹】

【関連ニュース】
<関連記事>将棋:羽生3連覇か、三浦初奪取か…8日から名人戦第1局
<関連記事>将棋:三浦の策に羽生長考 名人戦第2局
<関連記事>将棋:名人戦第2局始まる 横歩取りの中でも激しい攻防
<関連記事>将棋:三浦動き、急戦調に 1日目終わる 名人戦第1局
<関連記事>将棋:カド番から逆転、羽生名人が防衛…光る勝負強さ

山崎さん無事帰還 「重力の強さ感じた」 完璧任務、夫「誇り」(産経新聞)
女性警察官に痴漢した男逮捕「手が当たっただけ」と否認(産経新聞)
真夏に床暖房、宮崎刑務所で受刑者虐待(読売新聞)
検察、弁護側同意なしの証拠を誤って朗読(読売新聞)
「新党改革」旗揚げ=舛添氏ら6議員(時事通信)
AD