水俣病未認定患者団体「水俣病不知火患者会」(熊本県水俣市)の約2100人が国や県、原因企業チッソに損害賠償を求めた訴訟で、県は24日、熊本地裁が示した和解所見(和解案)を受け入れる方針を決めた。国は既に受け入れを表明しており、チッソ、原告側が受け入れを決めれば、29日に同地裁で開かれる協議で和解が成立する。
 蒲島郁夫知事は24日、県議会が和解案受け入れを決議したことを踏まえて態度を表明。記者会見で「和解案を積極的に受け入れる。被害者が高齢化しており、一日も早い救済を求めている」と話した。 

【関連ニュース】
チッソも受け入れの可能性=水俣病和解案で
水俣病、和解案受け入れ=未認定患者訴訟で
水俣病訴訟、和解の可能性=国や患者会、所見受け入れ検討
水俣病和解案、十分に検討=鳩山首相
一時金210万円、国は療養手当=患者認定は「第三者委」

母を追起訴=脳障害で5歳児死亡-神戸地検(時事通信)
元市職員ら、争う姿勢=3児死亡飲酒事故の民事訴訟-福岡地裁(時事通信)
<訃報>ウォルフガング・ワーグナーさん90歳=演出家(毎日新聞)
「有名人来る」と原宿に殺到騒ぎ、少女3人搬送(読売新聞)
<学力テスト>談合疑惑の内田洋行が一部業務落札(毎日新聞)
AD