国に登録せずにマンション管理業務を行ったとして、兵庫県警長田署などは23日、マンション管理適正化法違反(無登録営業の禁止)容疑などで、神戸市兵庫区に住む元管理業の男(56)を書類送検した。県警によると、2001年の同法施行後、無登録営業で業者を摘発したのは全国初という。
 捜査関係者によると、男は02年4月~08年4月、同市長田区と兵庫区にある二つのマンションで、無登録のまま管理業務を行った疑い。さらに、05年11月~08年4月、二つのマンションの管理組合の預金口座から計約2200万円を横領した疑い。
 同署によると、いずれの容疑も認めており、横領した金は遊興費などに使ったという。 

【関連ニュース】
鯨肉窃盗、無罪を主張=グリーンピース2人初公判
夫婦で仲良く同日逮捕=窃盗と横領容疑、別事件で
ノリタケ元社員を逮捕=「着服金、競馬に使った」
横領の県職員を懲戒免職=出資団体から220万円
顧客ローン約8000万円を着服=銚子商工信組の元職員逮捕

中3生ら連携し、女児2人救出=民家火災、下校途中に-大津(時事通信)
<桂歌丸さん>横浜市内の病院に緊急入院 体調不良で(毎日新聞)
「撮り鉄」運行停止捜査、大阪府警が実況見分へ(読売新聞)
「信頼回復にはまだ時間」 直嶋経産相がトヨタのリコール問題で(産経新聞)
囲碁 張栩が棋聖奪取 7冠制覇(毎日新聞)
AD