おちまさとオフィシャルブログ Powered by Ameba

おちまさとオフィシャルブログ Powered by Ameba


テーマ:

よく

なかなか

連絡が取れない人

などから

やっとメールが来た時


「すいません!

ちょっと


“バタバタ”


してまして。」


と言われたことは

ないだろうか。


この


「バタバタ」


とは一体何なのだろうか。


バタバタしていたら

返信をしなくて

いいのだろうか。


バタバタしていると

バタバタしていないの違いは

一体何なのだろうか。


この

ビジネス上で

頻繁に使われる


「バタバタ」


という言葉は

いかにいい加減で

胡散臭いものか

ということに最近


「気づく。」


おちまさとオフィシャルブログ Powered by Ameba


『「気づく」技術』


(ダイヤモンド社)


少し中味を

読んでみたいという方の

無料ちょい読みサイトはこちら。

(今日第二回目更新)


CM明ける。


話を戻そう。


大体

どんな時でも

この「バタバタしてまして」

という言葉で

いろんなことを

乗り切り過ぎである。


今急遽

「バタバタ」を辞書で

引いてみたが

このいわゆる仕事上の

言い訳に使われる


「バタバタ」


の意味など載っていない。


旗がはためく様。


あたりまえじゃ。笑


だから

この自分の仕事の遅さを

カバーしようと使われる


「バタバタ」


という言葉など

ないのである。


「バタバタ」


はお化けであり


都合よく使う人間にとって


「バタバタ」は魔法の言葉


なのである。


魔法の言葉でありながら

それは

使えば使うほど

その人間の老いを早めるような

とても危険なドラッグのような

言葉でもあるという

もう一つの側面を

実際に使っている人間は

理解できているのであろうか。


例えば

「バタバタ」を

一つ具現化し


妖怪『バタバタ』


としよう。


仕事が遅く

レスポンスが遅く

全てが遅い人間が

自分の仕事だけならず


様々な人に迷惑をかけることは

火を見るより明らかである。


そんな時に

その自分の仕事のできないせいを


「すいません

返事が遅くなって。

もう『バタバタ』してまして」


と言ったとすれば


これは


自分の責任を

『バタバタ』という妖怪に

なすり付けているのである。


妖怪『バタバタ』は

全く身に覚えのないことを

毎回毎回

なすり付けられている訳で

それが毎日積み重なっていけば


流石に


妖怪『バタバタ』も

堪忍袋の緒が切れ

全てを「バタバタ」のせいにしている

そのビジネスマンを懲らしめるのは

当然の流れである。


実際

その毎回

「バタバタで」

というせいにしていた

ビジネスマンに

一体どんな罰が与えられるか

と言えば

それは直接的に報酬や出世や

様々なものに返っていくだろう。


大体


「すいません

バタバタで御連絡ずっとできず」


と言われたら


「俺はそのバタバタの中に

入ってないんだな」


と言われた方は

キレてもいい。笑


なぜあなたの

バタバタの中に

入れてもらえなかったのか

ということを

もしも問いただしたら

多分その答えには窮し

返す言葉は

それこそ

頭の中がバタバタで

一つも思い付かない

かもしれない。


「すいません

今頭の中がバタバタで

何て言ったらいいか

思い付きません」


と即答できれば

まだ見込みはあるが

それもないはず。


それほど

妖怪『バタバタ』は怖く

バタバタのせいに

ばかりしていると

仕返しされる。


少し前に


『多忙は語るな。』


というブログを書いたが


「忙しくて

なかなかブログ更新できなくて

ごめんなさい!」


と言ってる人間は

すでに妖怪『バタバタ』に

乗り移られているかもしれない。


誰もお前のブログを

そんなに待ってない。笑


バタバタブログ

バタバタツイッター


気持ち悪くないか。


しかし

これからも

ビジネス上の

メールや電話で


「すいません

バタバタで・・・。

ところで何の要件でしたっけ?」


というバタバタという言葉は

ずっと使われていくと思う。


百歩譲っていいとしよう。


しかし。


使う以上は

ハイリスクがあるということを

覚えておいた方がいい。


妖怪『バタバタ』の復讐劇として。


おちまさと


これとは違うが


子育てもしてないのに

都合のいい時だけ自分を

「ママ」というキャラにしたりしていると

これもまた同じことが起きる。


一番大変な0~3歳を

適当に誰かに任せて

それを乗り越えた2歳ぐらいから

突然子育て奮闘してます的な

ことを言いだすのは

ママだけでなくパパも

ルール違反。


最も大変な時期を

放棄して

手が掛からなくなったところで

登場は

それも

妖怪『バタバタ』に

ある日やられまっせ。


また例えば

プロデューサーってのも

今日から誰でも名乗れる職業だから

誰が突然自称で名乗ろうと別にいいが

あまり簡単に自分はプロデューサー

とか言い出すと

それも妖怪『バタバタ』に

やられまっせ。


時々


「俺、映画監督。

撮った事ないけど」


ってのがいるが 笑


それと同じ。


実態と実績がないものは

いくら突然名乗っても

それはまさに

そこは“がらんどう”でしかない


「バタバタ」


と同じことなのである。


お天道様は見てまっせ。


おちまさとオフィシャルブログ Powered by Ameba


11月11日発売


『「気づく」技術』


(ダイヤモンド社)

AD
いいね!した人  |  コメント(18)

おちまさとさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース