釣り物が途絶えてしまってネタが無い…。


琵琶湖(メタル浜とか)のバスも不調との事で、釣りに行ってない…。


ブログも小休眠 zzz (^o^;)


特に釣りネタはないけれども
日常の事でブログ更新。



仕事が忙しくなってくるこの時期、
クリスマスソングが憂鬱に感じてしまう職業病。


年末年始なんて、とっとと早く過ぎ去ってくれと願いながら、
バリバリと体を動かしまくって働く日々。





今日の現場は、奈良県の とある中学校。





(^-^ゞ ナンッツッテ
本業じゃないです。

嫁さんのお父さんの仕事を手伝いに、
休日返上で物置の納品・組み立て・設置×2中学校。


休日返上と言っても、日当、交通費支給、お昼御飯まで付いてくる、
割のいいアルバイト(^o^)


知らない中学校の職員室の教頭先生に挨拶に行ってから、作業開始。

そもそも、職員室という場所に行くこと自体が20年ぶり(^ω^)


この歳になって、全く違う職種の仕事をするのは、
正直 スッゴく面白い!


全く新しいことをするのは、脳に適度な刺激があって、脳がフル活動するのを感じる。

体は疲れてるけど、脳が活性化してるから疲れを感じない。


午前中に物置を1台仕上げてから、お昼御飯。



焼き肉ランチ(^o^)/

いいんでしょうか?こんな豪華なランチ(^-^ゞ

午後は別の現場へ、
そこはそこでまた想定外のイレギュラーがあったりで、なかなか大変だったけど何とか完成。





肉体的には疲れたけど、新しい経験ができて精神的にはリフレッシュできた♪






最近 我が家でブームのパエリア。



イカ、エビ、貝、鶏肉、野菜
具がゴロゴロ、モリモリの盛りだくさん家庭のパエリア。



素材の旨味を吸った米が何とも複雑な味わいを醸し出す。

美味しくて、ワインもビールも合う白ワイン生ビール



食事と一緒に、録画していた番組鑑賞。



NHKのTV番組だけど
「新・映像の世紀」というのが放映されているのをたまたま知って、録画しといた。





昔からこのシリーズは、映像の衝撃度や分かりやすい内容、重厚なBGMが感情にグッっとくるので好きな番組。



すっかり新聞のTV欄は見なくなったから
、映像の世紀の新シリーズ放映は全く知らなかった。




昔(1995年)に放映されていた、元祖「映像の世紀」のデジタルリマスター版再放送もすでに始まっていた。






今現在の世界がどのようにして形成されたのかを、「映像」という人類の英知で分かりやすく作られたドキュメント。



歴史が好きになったきっかけは受験勉強。

自分が高校時代、
大学の受験対策として、世界史なら3年生から勉強始めてもまだ間に合うだろうと、
がむしゃらに勉強した。

そしたらそれが思いのほか面白かった。


ストイックな受験勉強の中で、「面白い」と、思えた科目。


それならばと、中学高校とテストで1度も百点満点をとってなかったし、高校最後の1年間で初の百点満点取ってやろうとマジ勉強。

中間、期末、実力、全てのテストで世界史だけは本気で満点狙って挑戦。

結局1度も百点は取れなかったけど、成績はダントツ。

世界史だけなら旧帝大系だって行けるんじゃね?って偏差値をキープ。

あの頃は楽しかったなぁ~。



で、映像の世紀。




いやー、泣いた泣いた。

涙ボロボロ、止まらなくなった。

過酷で悲惨な近代史の映像作品は、涙無しでは観れなくなってた(^^;)
歳か…??


こんなに泣いたのは何年ぶりか
記憶に無いくらい泣いたなぁ。


久しぶりに大泣きしたら、不思議と心が軽くなった気がする…!

たまには泣いてみるのもいいかも。



さーて、また今日から仕事がんばるかぁ!グー
AD