琵琶湖畔で朝食ピクニック♪

テーマ:
良い気候なので、琵琶湖へピクニック朝食ニコニコ音譜

北山田の湖岸緑地。


ゴールデンウィークで天気も良くて、オカッパリもボートも大にぎわい!

駐車場はアングラーの車でどこもいっぱい。

琵琶湖が釣り人を引き寄せる力はすごいですね~。

嫁さんがホームベーカリーで焼いてくれた、くるみ入りパン。

ルッコラ、生ハム、カマンベールをはさんで。


外で食べるご飯は美味しい音譜アップ

少し風が冷たかったけど、良い気候になってきましたね。

すがすがしくて気持ち良かった晴れ

釣りはちょっとだけしました。

自分も含めて、
だーれも釣れてませんでしたね~(^-^;
見えた限りでは。

本当に厳しいですね。


足元に寄ってきている稚アユをサビキで釣って食べる方が楽しいかもあせる



Android携帯からの投稿
AD
会社のバス釣り好きが集まって、
春と秋に開催される琵琶湖オカッパリバス釣り大会。

大会ルールは一匹長寸勝負。
一発長いのを釣れば勝ち。
参加費3000円を払って参加。

景品の準備をしてくださる幹事の方々のご苦労には、いつも頭が下がります。
おかげで楽しく釣りを楽しめます。

今回は21人が参加!
大賑わいでテンションUP!


大会会場の浜は、ウェーディングのアングラーでいっぱい。

ほとんどこの大会の参加者です。

知らない人が見たら
「おっ!ここは釣れるポイントなのか!?」 と、思うでしょうね~。



5:30スタート!
終了時刻はだいたいいつも10時頃。。

天候は直近3日間安定して晴れ。
放水量も安定して15トン放水。
オカッパリは厳しいのは明白。

望みがあるとすれば、東岸側の田植え泥にごりで西岸側にバスが逃げてくるかなと。

あと、日がさしてきて水温上がってきたらシャローに上がってくるかなと。

しかし、どちらにせよ活性は鈍いと思うので、
自分はリアクション狙いの釣り方で攻めてみようかなと。

二日前の琵琶湖オカッパリガイドで身につけたテクニックで、
何とか1匹は釣りたい・・・!

参加者のみんなは基本的にワームで釣ろうとするはずだから、
自分は裏をかいて人とは違う釣りで攻略の糸口を見つけたい。

しっかし本当に厳しいっ!!
アタリもカスリも全くない。

岸際に稚アユの群れ。見にくいけどいます。


その後ろに45センチクラスのバス発見!!

しかし、
うかつにも手にしていたネコリグを近づけたら、
嫌がって逃げていった・・・。

バスに当てるつもりでシャッドかバイブレーション早巻きが正解だったんじゃなかっただろうか・・・。

チャンスらしいチャンスはそれだけ。
ボウズでタイムアップ。

21人中釣れたのは9人。
確かに厳しかったけど、
釣れなかったのはとても悔やしいっ!

釣れている人はいる。うらやましい…。


優勝は43センチ、ヒットルアーはミノーとの事。

サイズは伸びなかったですが、
このタフコンディションでも釣れてる側の人に自分もなりたかったー…!


今回の大会には、なんと協賛(?)が!
フィッシングマックスのキャップが参加賞として全員に配られました(^o^)



釣り大会幹事の方が(会社の先輩)、
フィッシングマックスの店長さんと仲が良いという事でいただいたそうです。
すごい!

余ったキャップ4個は、何故か僕にくださいました。
ありがとうございます。

景品の数々。



メバロッド、ルアー、クーラーボックス、偏光サングラス、ビール1ケース、ワイン、焼酎、などなど・・・

一部いかがわしいのもあったり・・・(;^_^A

ボウズでも景品は参加人数分あるので、
僕は今回はこれをいただきました。


神戸に行ったらたいてい立ち寄る、
嫁さんもお気に入りの雑貨屋さん
「Madu」のテーブルクロス。

どこでこういう景品のチョイスされるのでしょう?

釣具から面白いネタものから酒からお洒落な雑貨まで・・・。

幹事の方の努力はすごいですね。
だから10年以上もこの大会が続いているのだと思います。


ちなみに釣り業界とは関係のない会社の草大会です。
仕事にも遊びにもアツい会社の先輩の方々が主催してくださる大会です。


職場が離れてしまってこの大会でしかお会いできない先輩の方々とかと、
懐かしくコミュニケーションできる、
そういう意味でも参加する価値ある大会。


釣れなかったけど、今日は楽しかったから良かった!

でも、次回こそは、…釣るぞ!
AD
琵琶湖オカッパリガイドというものを体験してみました!

琵琶湖オカッパリガイド・・・?
琵琶湖をオカッパリでガイドしてくれる人がいるなんて、先月まで知りませんでした。

ブログをやっていると、何かといろんな情報が入ってきて参考になります。

思い切って申し込み!


今回、琵琶湖オカッパリガイドしていただいたのは Makeさん。
淀川・琵琶湖 陸っぱりガイド Make【メイク】

事前のメールのやりとりや、電話での打ち合わせなど丁寧な対応で安心しました。


当日6時過ぎ、石山駅で待ち合わせて瀬田川からガイド開始してもらう。



ハードルアーでの釣りが苦手な自分。

今日はハードルアーの釣り指南を希望。




釣りをはじめて即刻指摘されたのは、巻きのリズムが悪い。

確かに…、
釣り動画などで何度も聞いたことある
「巻きスピードを一定にする」。

テキトーに巻いてたのが即バレ・・・汗


もう朝イチからバス釣りの知識経験をどばぁ~っと放出して語ってくれて、
勉強になり過ぎですニコニコアップ

丁寧な言葉遣いの中に、経験に裏打ちされた自信が垣間見える。


ポイントを多数巡って、ルアーのチョイス、ルアーの引き方、通すコースなどを教えていただきました。


昼ごはんは らー麺 鉄山靠
久しぶりに食べました!


濃厚な魚介豚骨スープが美味しかった!


定食の唐揚げが結構でかい!




で、
午後も瀬田川~南湖をいろいろ回りましたが、
ウチの家庭の事情もあって自分のリミット時間が16時。


今回は残念ながら釣れなかったです。

が、次回以降につながる考え方を教えてもらって非常に勉強になりました!


しかし…、
らー麺 鉄山靠

で昼食を食べると、その日は釣れるというMakeさんガイドのジンクスを、
なんと自分が破ってしまいました・・・(^▽^;)



僕が釣れなかったことをしきりにわびるMakeさん。

それはMakeさんの責任ではないと思います。
全体的に厳しかったですね。

それよりも、もう次の釣りへの期待感でワクワクで、
何の不満もありません。

この満足感とガイド料を考えると、ガイド料金は安いと思いました。

メイクさんのハードルアーの釣りへの想い、若手バサーへのサポートなど、
熱いハートで釣りしておられるのがビンビンと伝わってきました。


いつも午前中朝まず目しか釣りをしないので、1日集中して釣りができるか不安でしたが、
1日があっという間に終わってしまった印象。


とても充実した一日でした!

巻きのバス釣りにハマりそうですニコニコ音譜
AD