一人で越前エギングに挑戦!
午前0:30出発で一人越前海岸へ。 車

南草津のFF店長さんから、「越前海岸のエギングが面白いですよ」と聞いてから、ずっと気になっていたポイント。
一人で挑戦してきました!

夜中は大型トレーラー多くて、スピードに乗りませんな~。
越前海岸の道路って、旅館が多くて細い道も多い。
意外と時間がかかった気がする。

目的地の大きな漁港に3:30到着、そこからいろいろ危険な険しい道のりを超えて、大波止の先端へたどり着く。

初めての漁港に深夜一人で乗り込むなんて、かなり怖かった~。

大波止の足場から海面まで8m以上(?)
ちょっとビビるところでしたが、先行者さんが一人。

2杯釣れたとの事でしたが、僕は6:30まで粘って結局ダメでしたw
他の人もあんま釣れていない感じだったかな。


今回使ったエギ。



墨族の3.5号 夜光タイプとケイムラカラー。

昨年から始めたエギング。
今回で9回目のエギング釣行で、ついに初めてエギを根がかりでロストしてしまった~!(買ったばかりの夜光墨族)

リーダーごと失って、予備のリールで再開するもダメな感じだったので移動。


越前は清掃協力金の徴収がないので、本命ポイントでもダメだと思ったら移動できる自由さがある。




7:00~隣の小さな漁港へ移動、けっこうエギングしている人がいる。

波止の手前の方が空いていたので「墨族3.5号 アジレッド ケイムラ」投入。
一投目からデカいのがヒット!!

シャクリを止めた瞬間、ぐいん! ぐいん! と重いのが掛かった! やった! !

これは自己最高サイズのイカに間違いない! すごい引くな~!アップ


しかしここの波止場も海面から足場まで4mくらいあるけど、こんな大きいの抜き揚げる事ができんのか???

足元まで引き寄せてきて見てみたら、やっぱりデカいアオリイカ!

胴長25cmクラスのが掛かったが、どうやって引き揚げる?

自分のタモ網は伸ばしても2mくらいしかないし、一人では無理だな。

イカはエギをしっかり抱いていない。足2本くらい引っかかってるだけかな。

手でラインを引っ張り揚げようとすると、やっぱ重くて、手にPEが食い込んで痛い!


そんなこんなでモタモタしてたらついに・・・
ドボン! ぴゅ~あせる

逃げられた~~逃がした~www

やっちまった・・・(-"-;)


で、再開するもまた根がかり・・・

またもやリーダーごとエギをロストw


もうPEとリーダーを結束する気力も無くなり、心が折れて早々と8:00終了~。


越前岬

初めての越前は甘くなかった印象。

本格的な日本海の釣りって、こういうものなのかと勉強になった気がした。

初めての釣り場に来ていろいろ痛い目見ましたが、釣りの経験値は上がりましたね。

また越前に来るかどうかは分かりませんが、また来る時はしっかり対策を練って来ようと思います。



で、気を取り直して次のメインイベントへ。
それは、3年ぶりに「ヨーロッパ軒」のソースカツ丼を食べる!(笑) (^ω^)ノ

3年前に福井市のヨーロッパ軒総本店で初めてソースカツ丼を食べた時、あまりのヤミツキ系の旨さにおかわりしてもう一杯ソースカツ丼を食べたという・・・!
自分的には伝説的グルメ。

のれん分けしたヨーロッパ軒が敦賀にもあるなら、越前で釣りした後で帰りに食べに行けるじゃないか・・・!

今回無理して越前に一人で釣りに行こうと思った理由の、半分くらいはこれです爆弾 (^o^)ゞ

敦賀ヨーロッパ軒はまた妙に立派な建築物。



で、ソースカツ丼はというと・・・、
あれ?自家製ウスターソースってこんな味だったっけ?



妙に市販品っぽいウスターの味が気になりました。

総本店のウスターは自家製らしく他にはない、ちょっと甘めなのが印象的で美味しかったんだけど・・・。

ご飯の量がまたすごく多い。
ツヤツヤの照りの良いご飯で、これはこれでいいと思うのですが。
普通の女性では完食はちょっとキツいのではないでしょうか?

見た目とは裏腹に、軽くてスパイシーでサクサク、パクパク、いくらでもイケるヤミツキ系の味はさすが、確かに美味しいグッド!

福井市のヨーロッパ軒総本店の味と全く同じとまでいかなかったけど、ペロっとどんぶり平らげました。

50年前にのれん分けした敦賀ヨーロッパ軒の味は、福井市のヨーロッパ軒総本店とは少し違うものなのでしょうね。
でも久しぶりにヨーロッパ軒のソースカツ丼食べれて良かった!
やっぱ美味しかった(^o^)



晩御飯用にテイクアウトでお持ち帰り♪

敦賀のさかな街という、観光客向けの商売っ気たっぷりの市場でセコカニと真アジを購入。


晩御飯はこうなりました。



海鮮とソースカツ丼・・・(;^_^A

まあ、福井グルメって事でご容赦ください。
深夜から釣行して疲れて帰ったら昼寝。
そんなに料理作る時間がないので悪しからず・・・(;^_^A


越前海岸は漁港や地磯が多くて、釣りできるポイントが多かった。

磯の雰囲気が日本海の荒々しい雰囲気を醸し出してて、非日常感を感じられて良かったな~♪

また行きたい気分が高まってきた(^3^)
AD
早朝3時出発で福井エギング(アオリイカ)釣行!
昨日まで大潮だし、滋賀では月が明るく輝いていたし…!
期待に胸膨らませて深夜車を飛ばす。

福井県境あたりから濃霧が立ち込める・・・。
雨も降り始める・・・。ザーっと強く降る時も。

海の釣りで雨はダメでしょ汗
こんなに降るとは予想外。

5時前にポイント到着するも、雨はやまず。
日の出時間がどんどん遅くなっているので、まだ真っ暗。

釣り場の波止場を凝視してみると、雨の暗闇の中にヘッドライトをつけた釣り人が・・・
5人、6人…、いや、もっといるあせる

雨が降りしきる深夜からエギングですか~(;^_^A

僕みたいな年2~3回程度、秋にだけエギングする人間では
そんな猛者(もさ)とは対等に勝負できませんよ!☆

さいわい雨は小降りとなり白々と夜が明け始める。



5:30~7:00胴長20cm近いのがポロポロと釣れている!
雨降ってるけど釣れている!みなさんさすがです。

でも、自分には小さいの1匹だけw


同行者さんが胴長15cm以上のと、20cmの大きいのを揚げられる。

浜磯とかいろいろ探り回って、胴長10cm以上の食べごろサイズを連続3杯ゲット!


3杯釣ってチャンスタイム終了したみたいなので波止へ移動。
釣れないので30分ほどしてまた浜磯へ戻って美味しそうなサイズゲット!


狙い通り釣れるのは楽しい(^o^)
アオリイカはプレッシャーが弱まるとまた釣れだしますね。

いろいろ粘ってはみたものの、5:30~12:00で5杯はやはり厳しかったです。

が、釣りは釣れると本当に楽しくて嬉しい(^ω^)

特にアオリイカは味が最高に美味しいので特に嬉しい。

もう一人の同行者さんが釣ったイカ2杯を分けていただき、合計7杯のアオリイカで晩御飯。

釣れたオアリイカの胴体はお刺身で。

イカの「くしゅっ」っとした歯ごたえと、あふれ出てくる旨味はもう最高!


身が透き通ってます。


ゲソと肝はごま油で炒めるだけでもう最高のおつまみです☆


釣りから帰ってイカを調理するのは面倒だけど、この極上の味を楽しむ為なら頑張れる(^ω^)

釣果は良くはなかったけど、何とかポツポツ釣れたので楽しかった~ \(^o^)/

台風が来る前にエギング行けてよかった☆

AD

池で40cmUP!(^o^)

テーマ:
家から徒歩2分の池。

朝9:00~、雨はポツポツになってきたので行ってみると、自転車高校生バサー君が一人で頑張っている。

ライトテキサスとかエアバッグフロッグとかネコリグとか、1時間ほどやってみたが何だか反応薄い。

この池では初のボウズで撤収。

昼間は京都に買い物、ランチなどお出かけして、夕方帰宅。

晩御飯の準備を済ませて17:15、ちょっと釣り出来そうだな。
例の徒歩2分の池へ。

朝いた高校生バサーとその仲間など4人くらいいる。

シェイキーヘッド・ノーシンカーで20cmの小バス。



ここのバス、やっぱ痩せてるし引きが弱いのが難点。
瀬田川の小バスはまだ引きがあって面白いんだけど。

まぁ、川バスと池バスはこういう違いがあるものなんですかね。

17:30以降はかなり暗くなってよく見えない。

暗闇の池にノーシンカーワッキーをチョンチョンやってると・・・、ズンっと何か重いアタリ・・・!

根がかりではない感じのアタリ、グイっと引いてみると…、魚だ!
やった!重い! コイ!? いや、バスだ!\(^o^)/

しかし、重いだけで引きは弱く、あっさりランディング汗

もう真っ暗で計測もままならない写真ですが、40cm以上ありました。



しっかり伸ばせば42cmくらいあったかな。

いやー、徒歩圏内の小さな池で40cmUP釣れるなんて、嬉しい発見!

あの高校生バサー達も早朝から暗闇まで、釣り続けてるのはこういうサイズがいるのを知ってるからなんだろうな~。
AD