春と秋の恒例行事、

会社のバス釣り草大会。


今回はあいにくの雨 (*_*)



でも、大阪神戸方面から多人数集まれる機会なんてそうはないので、
雨天決行!




正直、雨の中バス釣りはしたくない。

雨でも釣れるならまだしも…、
ねぇ…(^o^;)

毎年毎年厳しいのは誰もが知ってる。



けど、
これは釣り大会というより、

同窓会かな?

久しぶりに会う会社の上司や同僚などと顔を合わせるのが
主たる目的のように思う(^o^)ゞ





今年も異様に厳しい琵琶湖バス釣り事情。


もう半年以上前に聞いた事だけど、
会社の先輩から琵琶湖のバスについて興味深い事を聞いた。


彦根にある滋賀県水産試験場の調査に基づく研究員の見解として、

「琵琶湖のブラックバスはすでに共食いを始めていて、個体数の減少とサイズの縮小が進んでいる。」

のだとか。


共食いを始めた種は個体数の減少だけでなく、小型化・均等化が進むというのは興味深い話。


琵琶湖の生態を長年調査研究している水産試験場の人がそう言うのなら、
たぶんそれは本当なんだろうと思う。






まぁ今日は半年に一度の琵琶湖バス釣り大会、

気持ちを切り替えて今日はバス釣り楽しもう♪




しかし、
本当に雨雨雨…の一日でした汗




5:30 バス釣り大会開始~。


直後に付近の10人中2人くらい釣っておられる。






予想通り、全然釣れない…。




雨の中ご苦労様です!(^-^ゞ



災害救助に活躍して下さる自衛隊、

自衛隊は日本の誇りです!







たまーに、ツンツンとギルアタリはある。

目的のバスではないけど、たまに生命感があると気持ちが途切れず釣りできる。



昔は、ギルアタリのある場所ではバスは釣れん。

とか言って、ギルアタリを嫌う人が多かったのに…。

今ではそのギルアタリすらありがたい (^-^;





少し場所を変えたら、すぅ~っと持っていくアタリが…!

しかしすっぽ抜け。



ギルではない何かがアタった。

もう一度同じところにキャスト。




また、すぅ~っと持っていかれる。



今度はしっかりタメて釣れた!






スワンプクローラー ネコリグ



30cmくらいかな。

大会的にはまぁまぁいいサイズ♪(^^)d




水はそんなにひどく濁ってはいなかった。

 


これから田植えシーズンが本格的になってくると、更に濁りがきつくなってきますね。




10時 タイムアップ。

計測会。





自分が釣ったのは34cmでした。





参加者20人中、バス釣れた人は半分。




お楽しみの景品♪





1位は42㎝、やはりシマノのクーラーボックス持っていかれた。



いいなぁ、釣具メーカーのクーラー。

ずーっと欲しい欲しいと思い続けてるけど、いいサイズ釣れないとゲットできませんね~。



自分は34cm、34cmは2人いて 4位タイ。


4位という事は…。





デビル4景品(^o^;)

4位に強制的にあてがわれる景品。


中身は。。。教えられませんウシシ




ジャンケンに無事(?) 負けて、自分は5位。


リールもらいました♪





これでアジングでも始めるか??(^^)d


雨の1日だったけど、みんなとワイワイバス釣り楽しめたし良かったグッ





晩御飯は、釣れたけど食べきれず冷凍しといたコウイカで八宝菜とか。






自分で掘ったタケノコと炒めたり。




釣れたイカだから、気兼ねなくたっぷり料理に使える。



コウイカは刺身ももちろん好きだけど、

炒め料理にするのも美味しい♪
AD
以前エギングに初挑戦し、

エギング初挑戦の会社の後輩との釣行

前回はボウズに終わった後輩を連れて
若狭湾へ出撃!





4:30~
ぼんやりと明るくなり始めてから釣り開始。


今回も自分のバス用タックルを貸して、
後輩にエギングやらせてみる。

バス用と言っても、ラインはPE。

昔は自分もこのタックルでエギングしてた。
釣れない釣具ではない。





すぐに後からお一人様と3人組さんが来られる。

これから春アオリシーズンは人増えてきそうですね~…(^o^;)





今日は2回チャンスタイムが来ると予想。

潮が効いている朝マズ目と、
干潮の後、潮が動き始める時間帯、
この2つ。

2回もチャンスタイムがあるから、さすがに今日は後輩に釣ってもらいたい…!グー




で、釣り開始してすぐに気付くエギの重み。
さすが大潮、潮が効いててエギが重いグッ




開始15分後
早くも着低したエギに重みが…!







ガラパタランガン 3.5号 数釣りマスター


朝マズ目すぐにあっさりゲット!




この日は他の人も良く釣れていた。

お一人様はすぐに2杯ゲット、3人組さんも全員安打&すぐに追加も数杯。


みんな釣れてるなー!

…、ただ1人、後輩を除いて…(^o^;)



朝マズ目チャンスタイム終了。

後輩は疲れたとの事で、車に戻って仮眠zzz




みんなしばらく沈黙の時間が続いてからの、時間は8:30頃だったかな。


潮の流れる方向が変わって、エギが今までとは違う方向に引っ張られ始める。


それに気付いてからすぐにヒット!











小さいけど、追加できてホッとしたのもつかの間…。









連続ヒット!





ガラパタランガン 3.5号 数釣りマスター

で、3連発!(^o^)v


読み通り、潮の変わり目で2回目のチャンスタイム到来!


後輩も戻ってきた。

このチャンスタイムを逃すな!

ガラパタエギを渡して投げさせる。



他の人も絶好調、
3人組さんは合計10杯以上は揚げてる。




しかし…、
後輩には来ない…(^o^;)



なぜだ??

エギング挑戦2回目、すっかりシャクりも慣れてサマになってきてるのに…。


あとは釣れるだけなんだけどなぁ~。




2回目のチャンスタイムは終了したらしく、
みんなアタリが遠のいてマッタリモード。






時間は10時


もうダメそうなので、

「次のキャストで最後にしよかー」


と、撤収準備。




しかし、残念だなぁ。



読み通りの時間帯に自分は4杯ゲットしたのは良かったけど、

なんで後輩にはヒットしないかなぁ。。。



他の人も結構よく釣れてたし、チャンスは十分あったんだけどなー。



まぁ、4杯釣れたし2杯づつ山分けしてお土産持って帰ってもらおう。




なんて考えてると、




ジジジジ・・・



と、後輩がドラグを鳴らして何かを引いている…!




まさか??





まさかの…!





エギング初ゲットおめでとう!!







初の獲物を〆シメる後輩。


小さい…(;^_^A

小さいけど、1杯には変わらない。


小さくても、1杯だけでも、
釣れるのと釣れないのとでは精神的に大違い♪



最後の最後に釣るとは持ってるね!
(o^-')b グッ!



相当嬉しかったようで、30分延長したいと言ってやってみたけど、

まぁそんな甘くはないですね (^o^)ゞ



追加はできなかったけど、エギングで初の1杯ゲットしてもらえて大満足!

10:30撤収!



後輩に釣ってもらえて、自分の事のように嬉しい。

これで後輩が自分で釣り道具を買って釣りにハマるかと言うと、

そうでもないような気がするけど f(^_^)



ロッド :Zenaq Gahoujin(ゼナック 我逢人) AG-86 Spada

リール:ダイワ 13セルテート 2508PE

ライン:サンライン SALTWATER SPECIAL  PE-EGI ULT 0.6号







4杯のうち1杯は後輩にあげたので、
コウイカ3杯で1kgの釣果。






今回はこのコウイカは後日お義父さんに食べてもらう予定なので、


かしわの川中

に寄ってお土産購入。






晩御飯は鶏鍋にすることに。





鶏ガラを圧力鍋で焚いてダシを取る。




もちろんアクは取り除いて。



ショウガのスライス入もれると、風味が良くなる。


それを塩コショウだけで味を調えて、
鶏肉、キャベツやクレソンなど好きな野菜を入れて一煮立ちさせるだけ。





これだけで鶏ガラダシの効いた絶品鶏鍋がいただける(^o^)

クレソンが爽やかでいい感じグッ






ささみのお刺身も。





ワサビ醤油、しょうが醤油、ダシ醤油、ごま油塩などでいただく。






個人的にはごま油塩が好み。





後日、釣れたコウイカはお刺身にして嫁さんの実家のお義父さんに食べてもらいました。





美味しいと喜んでもらえて良かった良かった。




自分が好きで得意なエギングで、いろんな人に喜んでもらえて嬉しい♪



人に喜んでもらえるって、素晴らしい事だなぁ (^∇^)

AD
高級魚として近年人気急上昇中の
琵琶湖のホンモロコ釣りに行ってみました。


「琵琶湖八珍」の一つ
琵琶湖八珍

琵琶湖の固有種ホンモロコ



特定の河川で手軽に釣れるというのは、
TVの情報番組などで結構取り上げられていたので知っていた。




そう簡単には釣れないような気がしてたけど、

料亭でしか味わえないという貴重な高級魚の釣りにチャレンジ!



琵琶湖 ホンモロコ釣り で検索すれば、
すぐに出てくる長命寺川や大同川。


情報をいろいろ調べてみるが、必ず出てくるワードとして
「すごく人が多い」


手軽に釣れて美味しいという事で、近年人気上昇中なのだとか。




人が多いのは嫌なので、早めに出撃!



5:00 到着。
意外と人は少ない。。。




何せ初めてやるホンモロコ釣り。
しかも1人。

釣れてないから人が少ないのかな、と不安になる。



人が多いのはイヤなくせに、少ないと不安になったり心細くなったり・・・
なんなんでしょうねこの性格(;^_^A




適当に買った仕掛け。



初めて赤虫を買った。
赤虫って、いわゆるボウフラなんですね。
そんな事も今回初めて知る。



釣具はバス用タックルなど、家にあるもので適当に。




適当な場所に釣り座を構えてスタート。


赤虫を子鮎仕掛けの小針に付けるのがちょっと面倒…。


7本や8本も小針が仕掛けに付いていて、それ全てに赤虫刺すのはなかなか手間かかる。



で、
開始一投目から釣れた!




釣れたらまた忙しくなる。

バケツに水汲んで入れて、弱らないように時々水を交換して…。


赤虫は餌持ちが悪いので、交換頻度が多い。

子鮎仕掛けはよく絡まるので、それもまた面倒。




のんびりした釣りかと思ってお弁当食べようと思ってたのに、
意外と忙しくてなかなか食べれない…(^_^;)





それなりに忙しく、それなりに釣れる釣りで良かった。

ボーッとヒマな釣りだったら、気持ちが持たなかったかも。



3点掛けなんてのも達成。




釣り開始5:30~9:30 で12匹の釣果。

とりあえず釣れて良かった(^o^)







あと、40cmくらいのナマズも掛かった。

根掛かりしたと思ってラインを パツンパツン!と弾いたら、そのラインがススーっと移動する。


あれ?なになに?
と思ったら、ズーナマちゃんでした(^-^ゞ


さすがに子アユ仕掛けを引きちぎって逃げたけど。


ナマズは別にいいんだけど、もしあれが美味しいと評判のイワトコナマズだったら勿体ないことしたかな…?

ナマズ捌いたことないけど。





明るくなると釣り人はどんどん増えました。




明るい時間帯でも普通に釣れる釣りで、
ファミリーでも気軽に楽しめそう。





生きたまま家に持って帰って、
浄水とエアーポンプで生かしてどろ吐きさせる。
(※どろ吐きさせなくても、問題なく食べれます。)





12匹全てがホンモロコではなかったみたい。


ヒガイというのも1匹混じってたかな。

川魚を見分けるのは難しい。






モチ焼き用の網を使って、素焼きに。

最後に頭を下にして焼くと、魚の脂が頭の方に落ちて、頭がカリッと焼けるのだとか。






ウワサの高級魚、ホンモロコの素焼き 完成!




琵琶湖の魚という事で、滋賀の銘酒「七本槍」と供に日本酒





初めて食したホンモロコの素焼き、

これは美味しい!\(^o^)/


皮は香ばしく身は程よく脂が乗って、ほくほくと上品な白身。

卵はプチプチとした食感、肝のほろ苦さがアクセントに。





これはこれは美味で珍味!(^o^)

料亭で高値で供されるという琵琶湖の天然ホンモロコ

初めて釣って食べたけど、これはすごく美味しい♪


ヒガイという魚も、問題なく美味しかったです。


釣ってそのまま素焼きにするだけで美味しくいただけるというのはありがたい。





琵琶湖の湖魚は美味しい、
海の魚より味が上品ですね♪


春の琵琶湖の恵みに感謝!


AD