わんこも、そして飼い主さんも

ocean style オフィシャルブログ

犬のしつけや、問題行動の改善、そしてその先にある「愛犬との楽しい毎日」のために大事なことは、「土台:ベース」の部分です。
では、その「ベース」となるものについて、もう少し具体的にお伝えします。

「考え方」「接し方」「暮し方」「コミュニケーション」というベース

ベースとなるのは、以下の4つです。

・考え方
・接し方
・暮し方
・コミュニケーション



わんこも、そして飼い主さんも




「考え方」
しつけやトレーニングそのものをどう考えるか?だったり、いわゆる「リーダーになる」という考え方をやめたり。
あるいは、「叱る」のではなく、「褒める」だったり、そこからさらに「認める」と考えたり。
もっとも大事なのは、「行動」というものの捉え方、考え方です。
考え方が変わると、なにより「的外れなトレーニング」を見分けられるようになります。

「接し方」
考え方とも被る部分が多いですが、普段の接し方も大事な部分です。
「ダメ」とか「こうしなさい!」みたいな、ちょっと威圧的な、あるいは強めな接し方をやめるだけで、「噛みつき」がなおったという例はたくさんあります。
「吠えを止めるためにやってきたこと」をやめただけで、まったく吠えなくなったなんてこともあります。
トイレのしつけだって、「褒め方」を変えるだけで、「トイレの失敗」がゼロになります。

「暮し方」
たとえばハウスの位置。
ここを見直すだけで、いわゆる「要求吠え」がなくなったりします。
イヌが普段生活している「場所」に工夫をするだけで、「トイレの失敗」も「イタズラ」も「甘噛み」も、全部なくなったりします。
他にも、「散歩の仕方」にひと工夫すると、色々と楽に、楽しくなります。

「コミュニケーション」
しつけの悩みがある、問題行動で困っているという方は、この「コミュニケーション」の部分がうまくいっていないことが多いようです。
「相手の意図がわかる」「自分の意図を伝える」という、「互いの意思の疎通」が、コミュニケーションです。
「なんでイヌがそんなことをするのかわからない…」「私がしてほしいことを、イヌがわかってくれない…」ということの積み重ねが、「しつけの悩み」です。
だから、「イヌの意図がわかる」「自分の意図が伝わる」ような工夫をしていけば、しつけの悩みの解消に近づきます。


このブログでは、実際にあった事例に基づきながら、あなたと愛犬の毎日が「もう一歩楽しく、もう一歩楽になる」ための、「ちょっとしたひと工夫=ベースアレンジ」について、色々とお伝えしていきます。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
ベースアレンジ=毎日が楽になる、ちょっとした「ひと工夫」


気軽に、手軽に色んな情報を手に入れられるようになったからでしょうか、多くの飼い主さんが、「トレーニング法コレクター」になっています。

 「雑誌、本で読んだ」
 「ネットで見つけた」
 「テレビで見た」
 「mixiとかフェイスブックで教えてもらった」
 「散歩仲間にアドバイスをもらった」
 「いつも読んでるブログに載ってた」

たとえば「空き缶に小石などを詰めて床に投げつけ、大きな音を立ててびっくりさせることで罰を与える」という、いわゆる「天罰法」とかは有名ですね。
他にも「犬を背後から抱きしめて、徐々にフセの姿勢に持っていく」という、「ホールドスチール」とか?
「ナントカ式訓練」とか、「ほにゃらら式トレーニング」とか…

こんな感じで、とにかく「目新しいトレーニング」を、試してみる毎日。
結果は、うまくいったり、いかなかったりだと思います。

「しつけ方」や「トレーニング法」は、もちろん大事です。
「毎日トレーニングを頑張る」というのも、とても素晴らしいことです。
でも、それと同じぐらい、ひょっとしたらそれよりも大事なのは、その「土台」「基礎」の部分(ベース)です。
ここが整っていないと、どれだけ「しつけ方」や「トレーニング法」を探しても、うまくいかないというのがこれまでのお話でした。

さて、「基礎が大事」という話をすると、なんだか地味ーで、地道ーで、ものすごく根気がいるような感じがしますね。

 「毎日毎日、一生懸命いろんなことに気をつけるってこと?
  かえってしんどそう…」

こんな感じもしますね。
ここでお伝えしたいのは、むしろその逆です。
あくまでも「日々の生活(ベース)が楽になる、ちょっとした工夫をする(アレンジ)」ということなんです。

目指すのは「基礎トレーニングを頑張りましょう」ではなくて、まずは「ベースになる部分の安定」です。
その「安定」のために、ちょっとした「ひと工夫」をするんです。

「何かを頑張る」ではなくて、むしろ「頑張らなくてもなんとかなっちゃう」方向を目指すものです。

場合によっては、しつけとか、トレーニングとかをやらなくても、この「ちょっとしたひと工夫」で、問題が解消することもたくさんあります

たとえば…

「模様替えをしただけで、吠えがなおった」とか…
「ご飯のあげ方を変えただけで、大人しくなった」とか…
「声のかけ方を変えただけで、噛まなくなった」とか…

いずれも、全部実際にアドバイスをして、イヌの行動が変わったんです。


では、散々話に出ている「ベース」となるものは、どんなものなんでしょうか?


続きます
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
ベース:土台、基礎」を、「アレンジ:整える、工夫する」という考え方

「しつけやトレーニングを頑張っているのに、いまひとつ結果が出ない」

こういう方は、結構いらっしゃるようです。
では、なんでそうなってしまうのか?
実は、「しつけやトレーニングの前に、大事なことがある」というのが、前回までのお話でした。

「ベース:土台、基礎」を、「アレンジ:整える、工夫する」という考え方

何事も「基礎が大事」と、よくいわれます。
イヌのしつけでいうと、それは「トレーニング」と言われることが多いです。
「基礎トレーニング」「オビディエンストレーニング」みたいな言葉ですね。
そして、必ずと言ってよいほど「基礎トレーニングを頑張りましょう」と言われたりします。

ここで、ちょっと考えてみてください。

たとえば勉強。
塾に通ったり、家庭教師の先生にお願いして、「学力を上げる」ための「勉強」をたくさんやる。
それさえしていれば、「学力」は上がって、希望する学校に必ず行けるでしょうか?

たとえばスポーツ。
ジムに通ったり、強いチームに入って厳しい練習を積む。
それさえしていれば、「実力」がついて、プロスポーツ選手になれるでしょうか?

なんとなーく「足りない」感じがしませんか?
どれだけ勉強を頑張っても、あるいはどれだけ練習を積んでも、普段の生活がいまひとつ整っていなかったら、どうでしょう?
簡単に言えば、暴飲暴食をしたり、夜更かしが多かったり、タバコを吸っていたり…
勉強や練習の時間以外の部分、「普段の生活」が安定していなかったら、ストレスも溜まるでしょうし、健康面や精神面も不調になるかもしれません。
そうなると、よい結果は出ない感じがしませんか?

そう、大事なのは「トレーニング」の「土台」の部分なんです。
わかりやすくしたのが、下の図です。

わんこも、そして飼い主さんも


「楽しい毎日」を送るために、「しつけ・トレーニング」があると。
しかし、実はその下の「ベース」となる部分が大事なんですね。

そして、ここが整っていないと、土台が安定していませんから、いまひとつうまくいきません。
イメージで見ると、こんな感じです。

わんこも、そして飼い主さんも


多くの飼い主さんと接してきて思うのは、「しつけや、トレーニングがうまくいく」という方は、この「ベースの部分」がとても安定しています
整っています。
だから、「しつけに悩んでいる」「問題行動で困っている」という方に、まずお伝えするのは「しつけ方やトレーニング」ではなく、その「ベース」となる部分へのアドバイスです。
「しつけ方」や「トレーニング法」を探す前に、まずはここに目を向けていただけたらと思います。

じゃあ、その「ベース」ってなに?
「アレンジ」ってどういうこと?

それは、「毎日が楽になる、ちょっとしたひと工夫」です。


続きます。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
ベースアレンジという考え方

イヌとの毎日が、もう一歩楽しく、もう一歩楽になる、
ベースアレンジという考え方



「しつけ方」をどれだけ追いかけても、うまくいかないんです

このページを読んでいるあなたは、どんな方でしょうか?
イヌのしつけで、悩んでいる方でしょうか?
イヌとのことで、何か困りごとがある方でしょうか?
そして、「どうすれば悩みや、困りごとが解決するのか、誰か解決してくれる人はいないか」と、さがしている方でしょうか?
あなたがどんな方なのかはわかりませんし、このページを読む動機も様々だと思いますが、きっと共通している思いは、これだと思います。

 「愛犬と楽しい毎日を送りたい」

イヌと一緒に暮らし始めて、いつの間にか「なんかおかしい」「こんなはずでは…」ということになってしまっている。
ネットや本を読むと、「しつけが大事」「訓練が大事」「トレーニングが大事」と書いてある。
そこで、色んな本を読んだり、ネットでサイトやブログを読んだり、人に相談したり。

イヌと楽しい毎日を送るために、「しつけが大事」というのは、間違いなくその通りです。
しかし、だからといって「しつけ方」や「トレーニング法」をどれだけ追いかけても、うまくいきません。

たとえば、「毎週、しつけ教室に通っています」という方はたくさんいらっしゃいます。
オイデとか、オスワリとか、アイコンタクトとか、そういった「基礎トレーニング」を、毎週末の教室でやってらっしゃるわけですね。
同時に、「しつけ教室で色んなトレーニングを教えてもらい、頑張っているのに結果が出ない」という方も、たくさんいらっしゃいます。

 「教室ではできるのに、普段の散歩コースだとうまくいかない…」
 「教室では他のイヌに吠えないのに、うちの近所だと吠える…」
 「結構通ってるけど、チャイムに吠えてるときは、コントロールできない…」

実は、こういうご相談は少なくないんですね。

さて、あなたは、いかがでしょうか?
今まで、どんな「しつけ方」や「トレーニング法」を試してこられましたか?
いつの間にか「トレーニング法コレクター」になっていませんか?
今は、「○○法」「○○式」「○○トレーニング」みたいに、色んなものがありますからね。
きっと、結果が出たこともあれば、出なかったこともあると思います。

教室に通ったおかげで、良い結果が出ているという方もたくさんいらっしゃいます。
基礎トレーニングを頑張ったおかげで、問題が解決しましたという方もたくさんいらっしゃいます。
でも、結果が出なかったという方も、たくさんいらっしゃいます。

では、この「結果が出る」「結果が出ない」の差は、どこにあるんでしょうか?

実は「しつけ」や「トレーニング」の前に、考えるべきことがあるんです。
これを無視しちゃうと、どんなしつけ方を試そうが、どんなトレーニングに取り組もうが、なかなかうまくいかないんです。

そこで「ベースアレンジ」という考え方です。


続きます
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。