政府は11日午前の閣議で、2010年版の「交通安全白書」を決定した。それによると、09年の交通事故による死者数は前年比4.7%減の4914人と、1952年以来57年ぶりに5000人を下回った。死者数の減少は9年連続。
 また、09年の事故発生件数は同3.8%減の73万6688件で、5年連続で減少した。白書は、シートベルト着用率の増加や飲酒運転が減ったことに加え、衝突時の衝撃吸収性に優れた自動車の普及が進んでいることが要因と分析している。 

【関連ニュース】
川に車転落、59歳男性死亡=橋の欄干突き破る
栃木県警元署長、飲酒運転で逮捕=「農業」と発表、「分からなかった」
伊良部元投手、飲酒運転で逮捕=米ロサンゼルス近郊で
酒気帯びで大阪府警職員逮捕=免許課勤務、接触事故起こす
飲酒運転に同乗、巡査逮捕=現場から逃走

当麻寺西塔は飛鳥時代の創建? 橿考研が新説(産経新聞)
アジサイ庭園のライトアップ 三室戸寺(産経新聞)
南アW杯 ヨハネスブルクで祝祭沸騰(産経新聞)
賭博開帳容疑で弘道会幹部ら逮捕 大阪府警(産経新聞)
菅内閣船出早々、民主は大丈夫? 河上衆院議員、本会議1日のみ(産経新聞)
AD