めたぼっち「2014年の映画を3本ほどふりかえる」

テーマ:
半年ぶりのご無沙汰です。申し訳ありません。

今年も空中キャンプさんの「2014年の映画をふりかえる」(http://d.hatena.ne.jp/zoot32/)の季節になってしまいました。

また、慌てて参加しました。(ネタバレありますので、ご注意ください)

・・・・・・・・・・・・・・

質問:2014年に公開された映画でよかったものを3つ選んでください

回答:

1.ゴーン・ガール(デヴィッド・フィンチャー監督/ベン・アフレック、ロザムンド・パイク)




ゴーン・ガール 上 (小学館文庫)/小学館

¥812
Amazon.co.jp


2.紙の月(吉田大八監督/宮沢りえ、池松壮亮)



紙の月 (ハルキ文庫)/角川春樹事務所

¥637
Amazon.co.jp



3.アナと雪の女王(クリス・バック、ジェニファー・リー監督/吹替:松たか子、神田沙也加)




アナと雪の女王 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+Mov.../ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

¥4,320
Amazon.co.jp

雪の女王/偕成社

¥1,080
Amazon.co.jp


質問:選んだ3本の映画のなかで、印象に残っている場面をひとつ教えてください

回答:

『ゴーン・ガール』のラスト。(ここからはネタバレですのでご注意ください)
行方不明の妻の殺人容疑をかけられた男、すべて真相が明らかなっても妻から逃れることができない。彼をかばい続け、近親相姦と世間に揶揄され、殺人さえ疑われた双子の妹は、台所でうずくまり、泣きながら兄を引き留めようとする。そんな彼女をおいて男は、寝首をかかれるかもしれない妻の望む夫になるため家へ戻ろうとドアに手を伸ばす。

その刹那の男の表情が何とも言えない。どうしようもない不安と同時に安堵に似た表情、恍惚とした不安っていうのかしら。それに妹は自分の分身のように、ほんとうに兄を愛していたんだなあ。そんな幸福な兄と妹の関係には、二度と戻れない。妻の勝利。



質問:今年いちばんよかったなと思う役者さんは誰ですか

回答:

『ゴーン・ガール』のベン・アフレック。

『ゴーン・ガール』のロザムンド・パイク。『紙の月』の宮沢りえ。どちらも素晴らしい演技で、爽快で、選べなかった。ロザムンド・パイクの妻役は完璧で、アカデミー賞をとってもいい思うし、『紙の月』は宮沢りえのための映画。彼女の美しさと力強さがなければ成立しない。

で、ベン・アフレック。かなり太目でもっさっとした夫。妻を殺しそうでもあり、でも憎めない。そんなバカな男そのものだった。不肖ワタクシ、彼のファンで『デアデビル』のころには、キャリアの心配までしたが、監督として脚光を浴び、役者としも復活して何よりです。
(深夜の怪作映画「デアデビル」で深紅の勇気をもらう http://ameblo.jp/obazi/entry-10480710442.html)

質問:今年映画を見ていて感じたこと、たのしかったことなどについて自由に書いてください

回答:

今年も見た本数が少なく、つい先日までは、1位は『大いなる沈黙へ――グランド・シャルトルーズ修道院』にしようと思っていた。ところが、『紙の月』『ゴーン・ガール』と立て続けににみて、今年のテーマがはっきりした。

「鈍感男」と「ありのまま女」。

アナ雪の女子どもの熱狂に、なぜあの程度のストーリーが受けるのか、イブカル方々も多かったと思う。欠点があろが、悪女であろうが、「ありの~ままの~姿みせるのよ~」で「ありの~ままの~自分になるの~」が、どれだけ女子どものココロを解放したことか。(傍からみるとありのまま度の高いほど、感激してたようだが……)

『紙の月』では、田辺誠一演じるいい夫がいるのに、妻のとる行動が理解できない旨の新聞評もあったが、彼と『ゴーン・ガール』のベン・アフレックは、鈍感男の代表のようなもの。アナ雪のクリストフ、ハンスしかり。

そのあたりは『ゴーン・ガール』の中盤の山場、妻が「クール・ガール」について語るモノローグを参照されたし。「男に理解のあるいい女」「都合のいい女」を演じるのはもうたくさん。

じゃあ、男はどうしたらいいんだよ~、って。ベン・アフレックのように鈍感男から、(殺されるかもしれないので)妻の行動を注意深く凝視し「理解する」夫に変貌することで、「お互いに憤り、お互いを支配し、お互いに傷つけあう」「それが結婚」(by パンフ町山氏解説)だそうで、理由も対処法も一遍の中で説明していたので、『ゴーン・ガール』を1位にしたわけです。

ま、デヴィッド・フィンチャー監督のファンでもあるので……。
ただ、私は、未婚なので、認識が甘いかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・






「おい、めたぼっち、ご無沙汰すぎだよ」と
思ったかたはクリック


$めたぼっちのライフログ
携帯の方はこちらで→人気ブログランキング
ペタしてね
meta_bochiをフォローしましょう

ブログパーツ

AD

三年目のお片付け、始めました

テーマ:
この7月に、千石に本格的に引っ越して3年目を迎えます。
エイプリルフールに誓いを立ててから、すでに2か月。

そして、ついに荷物の整理に着手しました!!!!!
拍手、拍手、拍手……。

実は、少し仕事をはじめようと思っていて、そうなるとほかの事がしたくたる。
私のなかで困難さの位置づけは、片付け<仕事。大人のADHDぎみな私には、仕事に集中出来ない言い訳に、片付けは打ってつけ。

そうだよ。仕事をすれば、良かったのさ。そんなことは分かっていたのですが、身体が動かなかったのさ。何でも、ゆっくり、ゆっくり、なのにやりだすと、焦るのさ。



まず、昨年末に購入してる棚の小さいほうをひとつ、人の力を借りて、組み立てました。
組み立てて見たら思いの外かんたんで、とりあえず、今、一階の掘りごたつ周りあるものが整理出来ました。

それに勢いを得て、物置に道をつくりました。
ここは本や書類を置いてあるので、段ボールはその重さでぐちゃぐちゃ。
出口までもたどりつかない有様でした。

引っ越しのお兄さんに、箱はそれほど頑丈じゃないので、半年以内には整理するようにいわれていたのですが、箱がぐちゃぐちゃだと、本もぐちゃぐちゃでした。

歪んだ本は、ちょっと哀しいです。



それでも、何とか空間が出来て、改めて思ったのは、本棚の本の収納力。
わずか60センチ幅の二つの本棚で、かなりの箱が片付いたこと。

ここにある本は、引っ越し前にできれば自炊したり、処分しなくはいけなかったもの。まだまだ、箱は残っていますが、その整理のためにも新たに棚を購入しよう。まずは箱からだしてみなくては。

DSC_0722.jpg

あと20箱ほど貸倉庫に預けてあるのですが、これは実家の物置部屋を整理して収納棚を買おう……おっ、ちょっと片付けただけで、随分と意欲的になりました。

購買意欲がですが……。他のことに興味がすぐに移行してしまうのも特徴ですね。

今回、つくづく、もう自分の力だけでは出来ない。段ボールひとつ動かすともうへとへと。人の力を借りなければ、何も出来ないことを悟りました。

「片づけられない!」「間に合わない!」がなくなる本―ADHDタイプの「部屋」「時間」「仕事」整理術/大和出版

¥1,512
Amazon.co.jp

あとは、いよいよ二階ですが、人に頼むためにまず、片づけなくてはなりません。
片づけのための片付けという作業をしなくては。

構想は何とかあるのですが、ひとりだと身体が重い。でも、とてもひと様を呼べる状態じゃない……。

とりあえず、二階の台所を仕事場にするつもりですが、そこだけでも何とかせねば。
そうねえ、お仕事環境をととえるために、週末頑張ります。

月曜からは、お・仕・事よ。
もう、忘れたちゃったけど、ね。


「おい、めたぼっち、一階でも仕事はできるよ」と
思ったかたはクリック


$めたぼっちのライフログ
携帯の方はこちらで→人気ブログランキング
ペタしてね
meta_bochiをフォローしましょう

ブログパーツ

AD

エイプリルフールの誓い

テーマ:
早いもので新年から3か月も経ってしまった。
桜も満開を迎え、やっと暖かくなって、いまだよ、今。
動くならいま。そのうちまた暑くなって、動く気分でなくなる。

新年に誓ったダイエットは、もちろんダメだ。
少し減量モードになっては、実家でリバウンド。

いま月に2のペースでかえっているが、この間の春のお彼岸では、
チョコに羊羹に和菓子、お酒と大リバウンドだった。
親戚やご近所との交流は、私にとってはめったにないこと。
どうもしても食欲が増す。

まったくなにもせずにいたが、何やら気分だけは高揚してきた。
春だ。そう、虫と同じ、体が動きそうだよ。

なにもしないといっても、1月11日新車が届き、
30年来のペーパードライバーから卒業した。
それだけでも良しとしよう。

次は片づけだね。断捨離とか、色々考えるとめんどうだから、
まずは引っ越しに荷物の整理。この7月でもう二年。
ともかく荷物を全部開けよう。

荷解きといいうやつね。
こういうことが、とっとと出来なくなる。
年取るってこういうことね。

トヨタの片づけ (中経出版)/KADOKAWA / 中経出版

¥価格不明
Amazon.co.jp

自分が何を持っているのか、点検しなければ、実家も含めて。
目標は整理と整頓で、まず、整理。
トヨタの片づけみたいね。

でも『デスクの上が片付いている人は、仕事ができる』とは思ってない。
片付いている大馬鹿や仕事ができないやつを知ってるから。

私が片づけられない一番のわけも分かっている。
そりゃ、仕事をしてないから。何にも気持ちが定まっていないから。
判断基準がなきゃ、いるいらないなんて、わからない。

だからまず、明らかなゴミを捨てて、全部なかを確認して
同じようなものをまとめることから。
分類とラベリングかな。それも大きな。

食べるもの、着るもの、見るのも、読むものとかそんな感じ……
それと考えなくて済むもの。はさみとかペンとかめがねとか。
同じ種類のものを集める……と、だいたい考えるとフツーの
当たり前のことになってしまう。

でもできないのね……。

[図解]トヨタの片づけ/中経出版

¥1,008
Amazon.co.jp

いま、録画をしてあったバグダッド・カフェを見ながら
これを書いているけど、いい映画だなあ。
こんなんにいい映画だったかな。



ラスベガス郊外の砂漠の町に、夫婦喧嘩をして夫の運転する車から
ボロいカフェ&モーテルに逃げて来たドイツの観光客である主人公ジャスミン。
まずするのは、カフェやモーテルの掃除。ドイツ人だからね。

公開された当時、こういうふくよかな人いいなあ、と思ったけど、
いまはそう体型は変わらない。
そう、ふくよかなところでなく、大らかで優しいところを真似なくねは。

コーリング・ユーを聞くと、どうしても涙が出てしまうよ。
ただ女が来て、去ってゆく。そして……とういだけの話なんだけど、

生き方なんてそうそう変わるものでもないけど、
変わるときもあるんだ、愛があれば?

片づけをすれば、かしら?

「おい、めたぼっち、愛はどこだよ」と
思ったかたはクリック


$めたぼっちのライフログ
携帯の方はこちらで→人気ブログランキング
ペタしてね
meta_bochiをフォローしましょう

ブログパーツ
AD