1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-07-18 16:28:30

学校蔵の夏休み登校日&夏季講習のご案内

テーマ:学校蔵プロジェクト

廃校を酒蔵として再生させた「学校蔵」。
その様子を皆様にご覧いただく機会を「夏休み登校日&夏季講習」として下記の通り設けます。
短い時間ではありますが、学校蔵の雰囲気を楽しんで頂けましたら幸いです。
 

2017年夏休み登校日&夏期講習会のお知らせ

日時:2017年8月6日(日)午前9時半~昼の12時(正午)

(受付開始9時)

場所:学校蔵(佐渡市西三川1871)

内容:

1:午前9時半よりスタッフによる校内ご案内

 (このタイミング以外でも当日9時~12時の間は校内は自由に

 ご覧頂けます)

2:午前10~11時半まで夏期講習(2階F教室)

 *夏期講習は申し込み制。30名限定です(先着順)。

 *校内見学だけのご参加も可能です。その場合は予約は不要です。

講師:石山洸さん(AI研究者)、江部拓弥さん(「dancyu web」編集長)

テーマ: 「離島発イノベーションの創り方

       ~人と食とテクノロジーの共生を考える」

参加費:無料

お申込み:こちらのページのフォームよりお願い致します。

 

●プロフィール

石山洸さん(AI研究者)
1982年 新潟県新潟市生まれ。デジタルセンセーション取締役、静岡大学客員教授、東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員、betaCatalyst Inc. 技術顧問。2004年中央大学商学部卒業、06年東京工業大学大学院知能システム科学専攻修了、 リクルートに入社。15年2月にRecruit Institute of TechnologyをAI研究機関に刷新。17年3月に退社し、現職。
江部拓弥さん(「dancyu web」編集長)
1969年 新潟県三条市生まれ。高校卒業を機に上京。早稲田大学社会科学部を卒業後、プレジデント社に入社。「プレジデント」編集部などを経て、2008年より「 dancyu 」編集部、2012年より、同誌編集長。2017年7月より「dancyu web」編集長。ベースボールとカレーライスとロックンロールが好きで、小学校2年から阪神ファン。
●注意事項
*校内は基本的に冷房はございません。当日はハンカチをお持ちください。
*駐車場は限りがあります。お知り合いの方とご参加の場合は、なるべく乗り合わせてお越し下さいませ。
*車内、校内での貴重品のお取り扱いはご自身で管理してください。
*スリッパはなるべくご持参ください。
*仕込み蔵は温度雑菌の関係でドアの外から窓越しにご覧頂く形になります。
*校内は全面禁煙です。
*校内教室にある黒板には触れないようにお願いいたします。
 
   
 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-07-17 14:30:17

愛塾酒場で真野鶴を楽しむ

テーマ:佐渡の蔵元日記

7月15日(土)、東京三田倶楽部にて開催された「愛塾酒場」第四回ゲスト蔵元として

参加させて頂きました!

東京三田倶楽部とは、帝国ホテル内にある慶応OBたちの会員制クラブ。

と言っても格式張ったというよりは、「部室的にご利用下さい」とのこと。

そこで年に2回ほど開催されている「愛塾酒場」とは、慶應義塾の社中協力を願い、

みなで酒を囲んで語らうお酒のイベントです。

順番に慶応蔵元がゲスト参加しているようで、私は今回初参加となります。

 

幹事さんにご提案をして、スペインからちょうど来日していたロジェールさん(写真右)、

そして早稲田大学稲門会の林原さん、柴原さんという美酒早慶戦でも中心的役割を

されているお二人が特別参加。

お酒は真野鶴のお酒を5種類と、取り置いていた「佐渡のゆず酒」をご用意。

お料理とのマリアージュで順番にお召し上がり頂きました。

しかも、デザートには沢根団子(佐渡名物の小さなお饅頭)が登場して感激!

62名のご参加者は和気あいあいと交流を深めていらっしゃいました。

知り合いの方も多いので、こういう場で一堂に会する機会があるのは実にありがたいことです。

下の私の両側のお二人は、数年前に佐渡に一緒にお越し下さった方。

「また、佐渡ツアー組もう!」と言って頂きました(^^)

下の写真右端の加藤純士が主催者。光文社にお勤めです。

この「愛塾酒場」の構想は思えば3年くらい前からお伺いしておりました。

最後の集合写真。私の右にいらっしゃる方は神田紫さん。

とっても気合いの入った楽しい講談をお聞かせ頂きました♪

今回、ご参加者の多くの方から「佐渡行くよ!」と言って頂き、大きなお土産を頂きました。

素敵な場にお声がけ頂き、ありがとうございました!

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-07-13 17:50:09

「佐渡のゆず酒」が出来ました

テーマ:佐渡の蔵元日記

学校蔵のお酒と佐渡の手摘み柚子から生まれた「佐渡のゆず酒」。

90歳を越え農業を営む後藤治部左ヱ門が育てた柚子の活用を模索していた

地域おこし協力隊員(当時)の岩崎貴大さんとの出逢いから、2年かけて商品化となりました。

広~い柚子畑があるのですが、すべてを収穫するのが難しく、廃棄されてしまうというお話を

伺い、その柚子を仕入れて柚子のお酒にすることにしたのです。

佐渡産の越淡麗100%使用し、貴醸酒製法で仕上げた甘口のお酒に、治部左ヱ門さんの

手摘み柚子を手搾りした搾りたて果汁を加えた、糖類無添加のゆず酒。

ナチュラルな酸味とほんのり苦み、丸橋裕史さんデザインのラベルも大好評。

(ラベルを探すと何かが出てくる出てくる。。。見つけて下さいね♪)

で、おかげさまで発売早々に蔵では完売(^^;。まだ小売店にはあるかも知れません。

お見かけになったら佐渡の味わいを是非。

 

 

AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。