シャッター工事の裏側

埼玉のシャッター工事会社で働いて17年。工事や修理はできないけれど、それ以外は全部やる。

現場を影で支える裏方の目から見たシャッター工事会社の日常をご紹介します。


シャッター工事の表側はこちらへ→http://www.obata-shutter.co.jp


テーマ:


オーバースライダーの修理で多いのはやはりパネル交換。車でぶつけてしまう・・・というもの。

みなさん気を付けていらっしゃっても、やはり人間ですからね。「あっ!」という事も仕方ないです。


オーバースライダーのパネルは1枚づつ取り外せますので、交換しなくてはならないパネルは交換。

板金や補修で対応できそうなものは修繕で、費用を抑えた修理を心掛けています。



N大学様の倉庫。一番下のパネルをぶつけてしまいました。


シャッター工事の裏側



左側が取り外したパネル。右側が新しいパネルです。


シャッター工事の裏側


交換作業中です。倉庫内の荷物を汚さないようにブルーシートで養生をしました。

パネルとパネルを留める丁番、左右のローラーも交換します。


シャッター工事の裏側


左右のラッチ受け(カギが掛かる部分)も変形していましたので交換します。


シャッター工事の裏側


スプリングに注油をします。壁や土間にオイルがたれないように、ダンボール等で養生しながら作業します。

オイルがたれるとシミになってしまうので、けっこう神経を使う作業です。


シャッター工事の裏側


交換した部材です。

左から、ラッチ受け(カギの受け金具)、ボトムローラー+ローラーブラケット、丁番です。

パネルを交換する際は、ローラーや丁番といった付属金物も一緒に交換することが多いです。

写真ではわかりにくいですが、ぶつかった衝撃でパネルと一緒に歪んでしまうことがあります。


シャッター工事の裏側

交換工事後です。


シャッター工事の裏側


内部側です。


シャッター工事の裏側



パネルの変形が比較的少ないと、なんとか開閉はできます。が、そのまま使い続けますと、左右の

ローラーやガイドレールに負荷がかかり、ガイドレールまで変形してしまう恐れもあります。

症状が悪化して修理箇所も増えてしまう恐れもありますので、すぐにご連絡をお願いしますね。



シャッター工事の裏側

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。