シャッター工事の裏側

埼玉のシャッター工事会社で働いて17年。工事や修理はできないけれど、それ以外は全部やる。

現場を影で支える裏方の目から見たシャッター工事会社の日常をご紹介します。


シャッター工事の表側はこちらへ→http://www.obata-shutter.co.jp


テーマ:



物流センターの倉庫などに多く使用されているオーバースライダー。

手動でも広い間口を素速く開閉でき、故障もほとんどなく耐久性も優れた製品です。


ですので修理のほとんどは「ぶつけてしまった」というもの。

トラックやフォークリフトが頻繁に出入りしますので、どうしても接触事故が生じてしまいます。


オーバースライダーもシャッター同様、傷んだパネルのみを交換することができます。


今回のお客様は大手宅配便のセンターです。

出入りの業者さんがトラックでぶつけてしまったそうです。



シャッター工事の裏側


下から3枚のパネルが変形してしまいました。



シャッター工事の裏側


表側から見たところです。すでに何度かパネルを交換しているため、パネルの色が変わっています。



シャッター工事の裏側


交換用の新しい部材です。パネルを留めている金物も衝撃で歪むことが多いので、一緒に交換します。



シャッター工事の裏側



バネをロックして作業開始です。

パネルを交換する際は、バネをロックしてパネル部が動かないように固定して作業を行います。


シャッター工事の裏側


下からパネルを交換していきます。



シャッター工事の裏側


交換後です。


シャッター工事の裏側



シャッター工事の裏側


オーバースライダーの接触事故で多いのは、途中まで開けた状態にしておいて、下を通行する際に

引っかけてしまうというもの。作業中は全開状態で通行してくださいね。

全開にしてもスルスルと少し下がってしまう場合、バネの巻きが弱っていると思われます。

バネを調整することで改善し、開閉も軽くなります。

「うちのスライダーもちょっと下がってくる」というお客様、すぐにご連絡下さいませ。




シャッター工事の裏側


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。