シャッター工事の裏側

埼玉のシャッター工事会社で働いて17年。工事や修理はできないけれど、それ以外は全部やる。

現場を影で支える裏方の目から見たシャッター工事会社の日常をご紹介します。


シャッター工事の表側はこちらへ→http://www.obata-shutter.co.jp


テーマ:
通常シャッターはすべてオーダーメイドのため中古品は発生しません。
しかし今回お客様の急な寸法変更等により未使用新古品がでましたので
ご案内させていただきます。



軽量電動シャッター用蓄電池


軽電用蓄電池



本体寸法 横300縦450奥行150 重量15kg


三和シャッター製 SBU-120 1台
設置可能場所:屋内で0℃以上の場所
三和シャッター製以外のシャッターにも設置できます。


軽量電動シャッター用蓄電池とは?
停電時にシャッターを電動で開閉できる装置です。
本体スイッチを押すとバッテリーにより電源が供給され開閉できるようになります。
開閉は通常使用している押しボタンスイッチまたはリモコンにより行います。


※消防法で必要になる非常電源装置としては使用できません。併用もできません。
※水圧解放装置は接続できません。
※窓シャッターには設置できません。
※電源は100Vです。


消防法で非常電源装置は必要とはされていないけれど
地震や雷などによる停電時にも電動開閉したいという間口にぴったりです。




詳しくは弊社HPのお問い合わせフォーム
もしくはお電話にてお気軽にお問い合わせくださいませ。

※ お取引は埼玉県内および隣接地域のみとさせていただけます。
  シャッター工事の裏側
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。