フィルム包装技術

テーマ:
薬包装

フィルム包装技術
に感動した人はクリック!

blog Ranking

知人から海外旅行のお土産で不眠症気味な私に安眠用のサプリメントを頂いた。それは容器に入ってるものではなく、写真のようなタイプなのだが非常に取り出しにくいのです。表面が薄いシートの様な紙で覆われていて、それを剥がして更に銀紙を爪か何かで破らないと取り出せない。日本の風邪薬等を開ける感覚で開封しようとすると中身が割れてしまう。そんな事からちょっと色々調べてみた。
 フィルム包装技術
フィルム包装技術で取り上げるのは、袋包装や上包フィルム(ストレッチフィルムなど)軽包装である。素材には紙とプラスチックがあり、包装資材として資源使用量が少なくてすみ、廃棄時にも容積を小さく出来る環境適応性が評価できており、とりわけプラスチックフィルムは着実に使用量が増加してきた。これらのフィルムを包装資材として使いこなし、より少ない資材で包装の役割を果たすのがフィルム包装技術である。
 着実な特許出願に支えられている包装技術
フィルム包装技術全体の特許・実用新案の出願件数は、年間1200件から1500件と着実に出願が続けられてきた。技術分野別に減少・増加傾向がある。
 周辺技術に支えられる包装機械と包装資材製造の技術
フィルム包装の中核技術は、フィルム包装機械と包装資材製造の技術であり、その技術をより一層有効なものにする周辺技術として、フィルム製造技術、フィルム装飾加工技術、包装品自体の技術、用途に適応する技術がある。
こう考えると非常に私達の生活の中でフィルム包装というのが使われていると思う。別に薬に限らず、カップ焼きそばなどの湯切り口や液晶を傷つけないための保護フィルム。本当に色々なところに使われているんだなと改めて考えさせられる。この普段目に付かないけれど非常に便利な技術とその優れた環境で普段生活している私達の感覚って凄いのではないか?。
そんな中で日東電工という会社のホームページの中で凄く印象的なページがあった。それは『グローバルニッチトップ』と言う言葉。『ニッチ』とは適所、適切な地位など肯定的な意味であり、そのような意味で使われることが多い。しかし転じて隙間産業のことをニッチ産業、限定的な市場のことをニッチマーケットといった使い方もよくされ、ニッチ=隙間=限定的=先細りという否定的な意味で使われることも多くなっているようだ。そのため現在では、意味が肯定と否定の間でぶれている。

『グローバルニッチトップ』とは『一部だけど欠かせない。しかも先進的』強みを発揮できる『ここぞ!』という分野に資源を集中投下し、満足、信頼感を膨らませていく。それも世界的な広がりで。

この考え方が世界でMade In Japanを広めていける種がたくさんあると思う。薬の包装以外でも素晴らしいものをたくさん見つけて生きたい!

日東電工ホームページ
包装技術(PDF)

ニッチ(物流用語辞典)  

ニッチ(はてなダイアリー)

AD

WINMXの崩壊と復活

テーマ:
WINMX
WINMXの崩壊と復活
WINMXを存続させたい人はクリック!
blog Ranking
WINMXが復活している。皆さんはWINMXというソフトはご存知でしょうか?P2Pというインターネット技術を利用したファイル共有ソフト。このP2Pという技術を利用したファイル共有ソフトは多く存在し利用者人口も非常に多い。ただ、『ファイル共有⇒ファイル交換⇒無料ダウンロード』と認識と使い手側の問題等から著作権が守られないという事で、2005/09/21ついに閉鎖された。ところが利用者数が多すぎたせいかここで新たな動きが起こっている
 P2Pとは?
正式名称『Peer to Peer』不特定多数の個人間で直接情報のやり取りを行なうインターネットの利用形態。数のコンピュータを相互につないで、ファイルや演算能力などの情報資源を共有するシステムである。
 ファイル共有とは?
P2P技術を利用したソフトウェアを使い個人と個人を直接結び所有ファイルを共有しようというのが本来の考え。イントラネットに近いが、実情は自分のソフトと相手のソフトを交換する等著作権を侵害する使い方がされ問題視されている。
 WINMXとは?
日本で最も人気が高いソフトと言われる。WinMXは中央サーバ型のファイル交換機能と、独自プロトコルを利用したサーバに頼らない純粋型のP2Pネットワーク機能の両方を併せ持つ。正式には日本語には対応していないが、有志が日本語化パッチを公開しており、これを適用することでメニューの日本語化と日本語による検索などが可能となる。日本で人気が出たのはこの日本語化パッチの存在が大きい。
2005/09/21の大きなNews
ファイル共有ソフトでは国内産のWinnyと言うものもあったが著作権等の問題で京都府警に開発者が逮捕されていた。そして今回の問題はアメリカ最高裁が今年6月に下した画期的な判決が背景にある。この判決は、「著作権を侵害する道具を配布する者は、その道具のユーザーによる著作権侵害行為にも責任があると見なす」というもの。
これを背景としWINMXがついに運営を停止したわけだが、とんでも無い動きが今ある。なんとWINMXが復活しているのだ。方法についてはこのブログでは理念と方向性が違うので記事にはしないけれど、私が今回この件を記事にしたのは、その利用者達のエネルギーとスピード。
戦後日本は確実に欧米化し、考え方も個人が非常に尊重されるような時代になった。しかし過去の名残や教育から萎縮した環境があったかもしれない。ところが現在インターネットの普及で匿名性の高い掲示板『BBS』という存在が大きくなっている。さきの『電車男』などもその一例。この掲示板を通し今回WINMXの閉鎖からWINMXの復活がわずか2日で行われている。少し前まで無かった人のエネルギーが若者等を中心に社会に影響を与えるまでになっている。このエネルギーが今後の日本を大きく変える事になる気がする。Made In Japanはこの人のエネルギーが確実に作り出すと思い期待する!

Winny開発者逮捕関連
Winny開発者支援する会

WINMX復活プログラム
WINMX復活法

AD

日本政策投資銀行

テーマ:
日本政策
日本政策投資銀行
に興味がある人はクリック!
blog Ranking
私はいくつかホームページやブログを運営している中で『投資』に関する検索が非常に多いのが目立ちます。このブログでもモンゴルの記事に検索でこられる方が非常に多いです。ただ、実際私が思うに本当に儲かる投資話はあまり日に当たらず、出ている頃には既に終わりかけ・・・。だったりする気がします。そんな中で『日本政策投資銀行』というのを見つけました。これは何か日本が行う色々な事業のきっかけになるかと思い記事にしてみます。
 日本政策投資銀行の取り組み
現代社会にとって、そして次世代にとって大きな意味のあるプロジェクトを、次々と新たなソリューションを提供することで、共に創り上げ、しっかりと支えていく。社会の持続的発展と、豊かな国民生活の実現のために、わたしたちは、「地域再生」・「環境」・「技術・新産業創造」の3つを重点分野とし、それぞれ必要なプロジェクトに積極的に取り組んでいます。
 日本政策投資銀行 概要
日本政策投資銀行は、日本政策投資銀行法に基づき、平成11年10月1日に日本開発銀行と北海道東北開発公庫の一切の権利・義務を承継して設立されました。 また、当行は地域振興整備公団および環境事業団の融資業務を引き継いでいます。
 日本政策投資銀行プロフィール・業務内容
◆資本金(平成17年3月末現在) 12,154億円(全額政府出資)
 長期資金の供給等(出融資、債務保証等)
長期・固定の良質な資金供給などにより民間金融機関と協調して政策性の高いプロジェクトの支援を行っています。
 プロジェクト支援
政策性が高いプロジェクトの円滑な形成を促進するためにさまざまなノウハウや出融資機能などを活用しつつ、構想・計画段階から事業化段階まできめ細かく支援しています。
 情報発信
国内・海外のネットワークを活用し、内外の重要な経済、社会、産業および地域の動向などに関する調査・研究活動を行うとともに幅広い情報提供を行っています。

 目的
一般の金融機関が行う金融等を補完・奨励することを旨とし、
◆経済社会の活力の向上および持続的発展
◆豊かな国民生活の実現
◆地域経済の自立的発展
非常に難しいですが、日本国自体が行っている投資や国際協力専門の銀行なんでしょうか?これに個人レベルで何が出来ると言えば記事にしている私もよく分かりません。ただ目先のお金より国が推進している部分にいかに早く便乗出来るかが大きな鍵だと思います。
ただ、私が思うに今まで中国に日本企業が集中していたのも人民元の問題でベトナム等に注目があつまっていたりまします。結局は企業がどこに着目するかが勝負だと思います。そこに日本という国が後方支援すると爆発的に成長するのだと思います。
私はそんな企業の着目をブログ等の個人の意見が反映されると思います。と言うわけで色々なMade In Japanを捜索し続けたいと思います。 以上!(笑)
日本政策投資銀行
AD

お茶漬け文化

テーマ:
お茶漬け
お茶漬け
が好きな方はクリック!
blog Ranking
日本人なら馴染み深い『お茶』。単にお茶といっても種類がたくさんある。けどその種類問わず皆一度は『お茶漬け』は食べたことがあると思う。美味しいと思うけど、海外の人にはどうなんだろう?そこでお茶の種類から簡単に調査!
 日本茶
渋みの元ともいえる、身体にいいカテキンという成分がたくさん含まれています。
 玉露
口に含むと、まろやかな甘みがあります。うまみの元であるアミノ酸が豊富に含まれていて、食後の口臭予防にも効果があります。
 煎茶
程よい渋みと甘み、後味がさわやかです。緑茶の中でもビタミンCの多さは一番。高血圧、動脈硬化の予防に役立ちます。
 抹茶
ふんわりとふくよかな味が口に広がります。カルシウムやビタミンAが多く含まれています。老化防止や頭痛緩和作用、便秘改善に効き目あり。
 番茶
甘みが少なく、すっきりした後味で食後に、ぴったりです。常飲すると虫歯予防になります。甘めのお茶うけが合いそうですね。
 玄米茶
炒った玄米を煎茶や番茶にブレンドしたものです。玄米の香ばしい香りが魅力的ですね。イライラ解消や美肌に効果的だそうです。
 ほうじ茶
お湯を注いだ瞬間に香ばしい香りがします。カフェインが少なく、身体に優しいお茶です。暑い時には冷やして飲むのもおいしいですね。
 アメリカでの日本茶の飲まれ方
アメリカの日本食レストランで働いていた方の記事で、アメリカ人の多くが『日本茶をそのまま飲まない』のでびっくりした。と言う記事があった。記事によると一番多い飲まれ方は『砂糖を入れて飲む』。もっとも驚いたのは『醤油を入れて飲む』だったそうです。他にも『砂糖とミルク』を入れて飲む方も居るそう。

こう考えると中国等お茶を飲む文化は別として、他国では『コーヒーや紅茶』などの感覚に近いのかな?と思う。小さな頃麦茶に砂糖を入れて作っている家庭もあったから砂糖を入れるのはおかしくないのかもしれないけど・・・。
となると、『お茶漬け』はご飯にコーヒーとかを入れてる感じになるのかな?(それは気持ち悪い)只、健康に非常に敏感な欧米などであれば『カテキン』に注目して飲むという事はあるだろうけど、その主成分独特の『苦味』が受け付けづらいんだと思う。でも日本には『お茶漬け海苔』という何とも素晴らしいアイテムがある。あれは苦くも無いし美味!パン食の海外ではどういう評価が出るか不明だけど、是非食べて貰いたい!海外にも持ち込みやすいし、個人的な『感』ですが喜ばれそうな気が・・(笑)           By Made In Japan

・お茶漬けの意味、由来、歴史

携帯電話コンテンツ

テーマ:
携帯電話
携帯電話技術
が凄いと思ったらクリック!
blog Ranking
もう生活には必須となった携帯電話。世界のどこよりも急激な進化を日本では遂げている。カメラ、音楽、財布。もぅ何でもあり(笑)これはある意味もう『日本の文化』と言ってもいいと思う。特にi-modeコンテンツが素晴らしい。
携帯電話が広がった理由
ポケットベルを学生が持ち出した頃、1,5Ghzの他社携帯電話会社が参入。同時にPHSが開発され『電話を持つ』という事自体が標準になった。価格競争もここから始まった。この後、『着信音』に対して注目があつまった。そして、i-modeが開発され急激に普及し始めた。
携帯電話の普及を後押し
これは紛れも無く『プリクラ』だと思う。『プリクラを携帯電話に貼る』という事が非常に若者の間で流行した。これは日本文化の一つ『右向け右』かも知れないが、『人がやっているとやりたくなる。』しかも当時これが『コギャル』を中心に広がった。当時の『コギャル』は文化を作り出すくらい影響力が強かった。
企業の参入
これが一番大きいと思う。当時の若者は『不良』とは違い『流行の先端』を作り出していた。TVが注目をし、社会が注目していた。それに色々な企業が参入し、完全に今の携帯電話文化を作り出していると思う。
生き残り
この中で大きな問題として今の状態に行き着くまで色々な物が淘汰されてきているという事。ポケットベル、PHS、1,5GHz携帯等。この淘汰の原因は、『価格と質』。これはどの商品や商売にも言えると思う。それだけ敏感かつ、飽き性な若者に対応し続けないと生き残れないという事になる。

これを考えると海外で『どの人々』をターゲットに企業が参入するか。ここが非常に重要だと思う。今の技術やコンテンツだけをただ輸出するだけでは、ブロードバンド大国のアメリカや韓国には普及しづらい。海外で普及させる場合、学生なのか、富裕層なのか又、別の層なのかを考えなくてはならない。そして海外でi-mode等のコンテンツが普及すればするほど、日本の既存のコンテンツを輸出しやすいし、日本にとって大きなチャンスだと思う。目指せMade In Japanの普及を!!