車修理のエキスパート オオバジドウシャ

有限会社 大庭自動車です!
茨城県鉾田市で営業中の小さな修理工場です!
整備事例などを中心に掲載していきたいと思います。

創業30年 新しい事にチャレンジしていきます!


テーマ:

H19年 L350S 31000㌔

エンジン始動時・アイドリング時・発進時

ガラガラ異音。エンジン本体からでている様子。

焼きつきのような異音。

ただし、エンジンが高回転になると音が消える。

オイルのメンテナンスは良さそうです。

・・・・・


エンジン回転数があがると音がおさまる症状からVVTを疑ってみる。


交換したが変化なし・・・


??????


メタルの焼きつきか??


オイルパンなどはずしてつまりなども疑ったがきれいな状態である。


固いエンジンオイルやオイルの添加剤を入れて音の変化をみるが変化なし。


しかしオイルのメンテナンスは5000㌔に1回交換している。

焼きつくとは思えない。


あまり見たことのない症状にお客様への説明もよくできない状態。

とにかく時間をくださいとお願いし思い切ってエンジンをばらす事にしました。



せっせこ・・・・せっせこ・・・



作業途中あることに気がつきました。

ドライブプレートの動きが少しおかしいんです。




ガタつきがある・・・・


はずしてみると






割れてる・・・


原因はこれですね・・・

なんでこうなったんだろう。



1週間ほど悩みに悩み・・・

見つけた瞬間 無になってしまいました。笑


あと少しで組み付け終わります。


それにしても原因がわかって良かったぁ・・・・・


いいね!した人  |  コメント(0)