2016-12-29 12:53:36

不育症の検査

テーマ:林 輝美
医師の林輝美です。

不育症の検査についてですが、いくつかの検査や治療が
これまでに浮上してきては、消えていったりしてきました。

医療機関によって熱心にやっているところもありますね。
最近の研究班の報告では、プロテインS、抗PE抗体については、
検査を推奨しているが積極的な治療は必要ないのでは、といった
見解を示しています。

流産の原因が毎回異なっていると、提案した治療方針は無効だった
ようになりますし、「原因は不明」として何も治療方針を示さない
場合は、患者さんも納得しにくく、次の妊娠へトライする勇気を
持てなくなります。

「原因不明」で終わってしまうよりは、「次の妊娠を万全で迎え
入れるために、ある程度の治療をしておきたい」のは、患者さんも
我々も同じ気持ちです。

今もまだ不育症の研究は発展途上ともいえるのですが、シンプルに
考えてみましょう。「次の妊娠も中断させるという明らかな原因は
確かにないだろうね」という確認検査です。

悲観的な「原因不明」ではなく、「異常なし」という結果を出して
前に進みたいですね。


医療法人オーク会のホームページ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-27 15:51:32

不育症

テーマ:林 輝美
医師の林輝美です。

さて、不育症について。
定義としては、2回以上の流産(もしくは死産)をくり返す状態です。
3回以上くり返す流死産を習慣流産と呼んでいます。
わが国では習慣流産の0.9%に比べると、不育症は4.2%と当然
多くなります。

原因不明が70%といわれ、その半分が染色体異常といわれています。
そうすると残りの30%は何らかの原因があったということです。
ところが不育症の原因はたったひとつと考えにくく、流産の度に
その原因は異なっていることもあります。

厚生労働省による研究班が掲げた「2回流産した人が何の治療も
しないで、次妊娠した時の妊娠成功率は80%以上」のポスターは
記憶に久しく、また私たちの臨床の現場でも実感するところです。

またついでにいうと、3回流産した人が無治療で次にうまくいく
妊娠成功率は50~60%とのことです。

これに加えて不妊治療の方の年齢が上がると、否応なく流産率も
上がることになりますので、恐れずどんどん次の妊娠を目指そうと
なるのですが、いや待てよ、治療した方がいいような「原因」が
隠れていないか、そのスクリーニングをしておくのが不育症の
検査の役割だと考えています。


医療法人オーク会のホームページ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-17 10:53:35

生化学的妊娠

テーマ:林 輝美
医師の林輝美です。

体外受精で受精・分割した良好胚を戻します。
そのあと妊娠反応陽性という結果をお伝えしたのに、あえなく
月経となったり超音波検査で胎嚢を見ることなく妊娠終了となる
場合を生化学的妊娠(chemical pregnancy)といいます。

実はこの生化学的妊娠を何度か経験しながら、ついに順調な
妊娠を迎えることになる人は多いのです。

新しい命の出会いを感じたいのに、あまりに早い妊娠の終了は
悲しい別れのようですが、実は臨床的にはこの生化学的妊娠は
妊娠や流産のひとつとして扱われていません。

染色体異常による流産は少なくありません。
流産胎児の約80%に染色体異常が見つかっています。
もっとさかのぼれば、受精をした時点での染色体異常が40%、
そのあと分割をくり返して子宮の内腔に移動し、着床の時期の
胚盤胞の染色体異常の率は25%に減っていきます。

着床が成立して妊娠反応が陽性となり、妊娠した事実に気づく
ときに胎芽の染色体異常の率は10%になります。
この妊娠が何らかの治療により、もしすべて継続したら生まれて
くる子どもの10%は染色体異常児となってしまいます。

ところが実際に生まれてくる染色体異常児は0.6%とのことです
からすごく早い時期(生化学的妊娠)かもしくは遅くなってから
(流産)か、いずれかの時期で自然に淘汰されているわけです。

不育症について考えるとき、この染色体異常の要素をもつ妊娠が
中断されることは避けられませんしまた継続させるべきとも思え
ません。

「ご妊娠」の報告をした1週間後くらいに、血液検査によって妊娠の
終了をお伝えする場面は日常で多いです。
悲しい、残念な結果と受けとめられて次の妊娠への自信がなくなり
そうですが、ひとつ妊娠へ足をふみ入れたのだと自信をもっていただき
たいです。

確率的にうまく妊娠継続する番が回ってきます。
ですので、この生化学的妊娠をくり返しても不育症と呼ばずにいます。
もしご心配なら不育症の検査をしておいてもいいでしょう。
「根本的な原因は何もない」という確認になりますね。


医療法人オーク会のホームページ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012-06-12 18:27:47

不育症

テーマ:林 輝美

医療法人オーク会医師の林輝美です。


不育症という言葉が一般に知られるようになったのはここ数年のことです。


「不妊症」が妊娠すること自体が困難な症例であるのに対して、
「不育症」は妊娠はするけれど胎児が育たず、流産や早産をくり返して
生児が得られない場合をいいます。


この不育症についての正確な統計は長い間報告がありませんでした。
18世紀に在位した英国のアン女王がそうであったといわれています。
昔は多産と思われますが、それでも一定の数があったろうと思われます。


不育症は病態が多様であり、それぞれの病態に対しての治療法も多様であること、
ストレスなどの心理的要因や、たまたま胎児染色体異常をくり返しただけの偶発的な
症例も含まれることから多くの産婦人科医にとって難解な疾患のひとつでしたが、
一昔前の20歳代で結婚することが多かった時代ならいざ知らず晩婚化、高齢出産が
叫ばれて久しい現代では不育症は不妊症と並んで目が離せない問題になってきています。


昨年の厚生労働省の研究班の報告では、不育症患者は妊娠経験者の4.2%で
発生しており、毎年3万人が発症して今や140万人いると推定できることがわかりました。
不育症の発症頻度や患者数の調査は初めてのことのようです。


2004年には日本産科婦人科学会生殖内分泌小委員会が一定の検査法を提唱しました。
これには検査項目が多いこと(20以上)や十分なエビデンスがない検査も含まれており、
各施設によって選択されて行われているのが現状のようです。
 まだ研究段階の検査も残っていますが、それでも原因が判明するものに対しては
有効な治療法も確立しつつあるので、2回もしくは3回以上続けて流産した経験が
おありの方は1度不育症の検査を受けることをお奨めします。
不育症の50~60%が原因不明であるとの報告があります。


たまたまの偶発的な流産にくじけず、次もがんばりましょうと言える為にも、
原因の有無の検索は必要といえます。


医療法人オーク会のホームページ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-01-22 09:55:00

朝のエスプレッソ

テーマ:林 輝美


医療法人オーク会-100122

こんにちは。医師の林輝美です。


医療法人オーク会で働くことになり、
神戸(細かく言うと、もう少し西)から、のこのこ出てまいり、
大阪人になって、はや5年が過ぎました。

現在、「不妊のオーク」のプロフェッショナルなスタッフに囲まれて
私も日々がんばっております。


毎朝、私たちドクターは職員食堂にてカンファレンスを行っています。
ここ数日の気がかりな症例や治療法の選択などについて意見が
交わされます。

そこにカルテが用意されていない患者様についても、次々と話題に上がり、
皆さんフルスロットルです。


低血圧で、朝からすこぶる滑舌が悪い私にとって、このとき出される
苦い1杯のエスプレッソがどんなに救いになっているでしょう。



苦くておいしい・・・



少し痛んだ胃にしみわたるとき
私の中で一気に流れが変わる瞬間です。

私のオークの1日は、このエスプレッソで始まるのです。


昼は医局のインスタントコーヒーをすすっています。
単なるコーヒー好きなのです。


これからどうぞよろしくお願いします。



医療法人オーク会のホームページ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)