ひとりで介助と看護を行う場合、悩み事も積もる一方でしょう。相談相手が不在の際にはWebサイトを頼るのも一案です。検索すればケアサービスのHPですとか先達の個人ブログといった、何かしら使えそうな所が色々と見つかります。ケア関連のインターネットサイトや電子掲示板などを通じて、ケアの経験がある人にコンタクトする事が可能です。匿名の相手であっても、共通のストレスを持つ者同士からいろいろな助言を受けられる機会もあるでしょう。何と言っても外と関わりを持つ事はとても大事です。ケアについて直ちにプランナー或いは看護と介助事業所に相談する事が出来ない場合、ひとまずWebを駆使して色々な情報を集めるという手も便利でしょう。自分が精神的負荷でパンクする前にきちんと行動をとって、決着につなげていきましょう。http://blog.livedoor.jp/cawuje_knletoer_evla/
AD