飲酒運転したとして、栃木県警矢板署の元署長が道路交通法違反(酒酔い運転)の現行犯で逮捕されていたことが27日、同県警への取材で明らかになった。

 県警真岡署の調べによると、逮捕されたのは元矢板署長で宇都宮市細谷町、農業、田中功一容疑者(72)。21日午後7時半ごろ、同県真岡市東郷の国道294で、酒に酔って軽トラックを運転した疑いが持たれている。容疑を認めているという。

 田中容疑者は、踏切で一時停止していた乗用車に追突。駆けつけた警察官が酒のにおいに気づき、飲酒検知したところ、アルコールが検出された。逮捕当時は足がふらつくなどしていたという。田中容疑者は「(同県)益子町の実家に行く途中だった」と話しており、同署で飲酒場所や量を捜査している。

 田中容疑者は足尾署長などを経て、平成10年、矢板署長を退任した。今年4月には危険業務従事者叙勲を受章している。

【関連記事】
伊良部が飲酒運転で逮捕 米ロサンゼルス近郊で
リンジー・ローハンに厳罰 飲酒検査の足首ブレスレット装着、毎週1回の麻薬検査
飲酒運転で女性自衛官停職 熊本の第8通信大隊
パトカー追跡車衝突、部品飛び別の車直撃で無関係の女性死亡
日大の内部情報がネット流出 職員の住所録など1万3千人以上
虐待が子供に与える「傷」とは?

睡眠時無呼吸発見プロジェクトを立ち上げ-SASネット(医療介護CBニュース)
アリコ流出情報を不正利用で男女逮捕へ 警視庁(産経新聞)
普天間日米大筋合意 具体的工法などは継続協議(産経新聞)
<普天間移設>米要求に大幅譲歩 現行案と大差なく(毎日新聞)
事業仕分け 教本32億円…運転免許利権にメス(産経新聞)
AD