身近な自然を表情豊かに描き、ロングセラー「いない いない ばあ」などで知られる絵本画家、瀬川康男(せがわやすお)さんが18日午前、直腸がんのため長野県小布施町の病院で亡くなった。

 77歳だった。告別式は近親者で済ませた。喪主は妻、朱々子(すずこ)さん。

 愛知県岡崎市出身。13歳で日本画、17歳で油絵を始めた。1960年に初めての絵本「きつねのよめいり」を出版。87年の「ぼうし」で講談社出版文化賞と絵本にっぽん大賞、「絵巻平家物語」で92年の産経児童出版文化賞大賞を受賞した。

 松谷みよ子さんの文に絵を描き、様々な動物たちがあやしかける「いない いない ばあ」は67年の刊行以来450万部のロングセラーとなっている。

子ども手当は無駄削減で=行政刷新相(時事通信)
<外交フォーラム>4月号で休刊 事業仕分けで「廃止」判定(毎日新聞)
看護職のワーク・ライフ・バランス推進でフォーラム(医療介護CBニュース)
「やっと逮捕、友花里に報告」=両親らコメント-千葉大生殺害放火(時事通信)
政調復活に慎重=前原国交相(時事通信)
AD