京に初夏の訪れを告げる葵祭が15日午前、京都市内で始まった。平安貴族や女官姿の約500人が上京区の京都御所を出発。王朝絵巻さながらに都大路を練り歩く行列を多くの観光客らが楽しんだ。

 平安初期、嵯峨天皇の皇女が斎王として仕えたのに由来する斎王代は京都府立医科大2年の川崎麻矢さん(20)が務め、十二単(ひとえ)姿で輿(こし)に乗った祭りのヒロインにひときわ注目が集まった。

 五穀豊穣(ほうじょう)を祈って天皇の勅使が下鴨神社(左京区)と上賀茂神社(北区)で神事を行う葵祭の名は、全員がウマノスズクサ科の植物フタバアオイを身に着けることに由来する。【熊谷豪】

【関連ニュース】
カキツバタ:雨に映える紫2万5000株 京都・大田神社
葵祭:御禊の儀 心身清め、本番を待つ…京都・上賀茂神社
葵祭:第55代斎王代に京都府立医大生 初の平成生まれ
葵桂:作ったよ 葵祭に向け、上賀茂小児童 /京都
葵祭:交通規制、車両通行止めや一通--15日 /京都

<普天間移設>「閣議了解応じず」首相に伝達 福島担当相(毎日新聞)
もんじゅ運転員を再教育 操作ミスで制御棒トラブル(産経新聞)
山口組系組幹部を逮捕=500万円恐喝容疑-ビル管理男性から・警視庁(時事通信)
平野官房長官 鹿児島へ 徳之島の町議と12日午後面会(毎日新聞)
もう1つのサッカーW杯 トルコで28日から“得点王”ら予選突破へ(産経新聞)
AD