静岡県御殿場市の陸上自衛隊東富士演習場で野焼き中に男性3人が死亡した事故で、野焼きを行った地元4団体の責任者が21日、市内で記者会見し、風速、風向を事前に計測していなかったことを明らかにした。

 「東富士入会組合」の渡辺淳組合長は「午前6時過ぎに実施を決めた。(20日午前9時25分の)着火まで異常な風はなかった」と語った。一方、野焼きの開始後については「異常な風が吹き、危険だと思い、午前10時5分頃に着火をやめるよう指示した。気象の変わり方が非常に速かった」と述べた。3人は、指示が出た時点ですでに火に包まれていたとみられる。

 同演習場での野焼きは1973年から行われ、市の「火入れに関する条例施行規則」では、野焼きなどの際は、風速などから延焼のおそれがない日を選ぶことになっている。渡辺組合長によると、これまで風速を測定したことはなく、強風・乾燥注意報が出たら行わないことが決まっていた。

           ◇

 県警は、亡くなった3人について、いずれも御殿場市川島田に住む会社員で、勝間田和之さん(37)、勝間田嘉弘さん(33)、池谷慶市さん(32)と確認した。

民主、役員会で生方氏留任を確認へ 小沢氏は4時半から会見(産経新聞)
「低燃費タイヤ」表示制度スタート 車体だけじゃなく、足回りもエコ(産経新聞)
自民・大島幹事長、藤川市議の参院選擁立認めた(スポーツ報知)
16日12:39 [ 最大震度 ] 震度 1 [ 震源地 ] 宮古島近海
警察への届け出事例も調査可能に-モデル事業WGが提言(医療介護CBニュース)
AD