折り畳み自転車を運転中、ハンドルが外れる恐れのある機種があることが、国民生活センターの商品テストで17日、わかった。

 ハンドルを本体から取り外せる構造の機種で、レバーで固定した部分が緩むのが原因という。

 同センターによると、昨年9月、千葉県の男性が運転する折り畳み自転車のハンドルが外れて転倒。男性は右肩鎖骨を骨折した。事故があった折り畳み自転車は、ハンドルを車体上部に差し込み、レバーを手で回して固定する方式だった。

 このため同センターは、同タイプの折り畳み自転車5製品をテストした。その結果、いずれの製品も、一般的な大人の力ではハンドルをしっかりと固定できなかった。レバーが短く、強い力を加えにくいためとみられる。また、うち4製品は、ハンドルを最も低い位置で取り付けると、固定力が弱くなることがわかった。

<五輪フィギュア>小塚選手に声援 中京大キャンパス(毎日新聞)
秋葉原連続殺傷 弁護側手法に疑問の声 (産経新聞)
大阪・堺市議に参加要請 「橋下党」23日準備会(産経新聞)
拉致被害者支援法の延長案、民主が議員立法で提出へ(産経新聞)
山中に死体遺棄、74歳を逮捕 知人と金銭トラブルか(産経新聞)
AD