厚生労働省は13日、うその人事情報を部下に伝えて現金100万円を受けとったとして、統計企画調整室長(56)を停職3カ月の懲戒処分にした。室長は返金し、同日、退職願を提出したという。

 厚労省によると、室長は3月16日、統計情報部内の職員に「4月1日付で地方異動の可能性があるぞ」と架空の人事情報を持ち掛け、現金で異動を回避できると打診。職員はそれを信じ翌17日、室長に100万円を手渡した。

 職員は、異動は発令されなかったが今月7日、不審に思って同期職員や幹部に相談。幹部が室長に話を聞いたところ、虚偽の人事情報で現金をだましとったことを認めた。室長は全額を返した。室長と職員は統計情報部に所属。旧知の仲だったという。

670年ぶり開門 東寺の東大門(産経新聞)
「日本の存在示せた」=鳩山首相、帰国の途に(時事通信)
普天間基地移設先には触れず 鳩山首相、理解が得られたと手応え強調(産経新聞)
橋下“維新の会”自殺行為か新たな自治か…重い一石(産経新聞)
葵祭 第55代斎王代に京都府立医大生 初の平成生まれ(毎日新聞)
AD