政府提出の雇用保険法改正案は25日の衆院本会議で、与党3党と公明、共産両党などの賛成多数で可決、参院に送付された。
 改正案は週20時間以上勤務するパートら非正規社員が失業給付を受け取りやすくするため、雇用保険の加入要件である雇用見込み期間を「6カ月」から「31日」に短縮する。255万人が新たに受給対象になる見通し。政府は3月中の法案成立、4月1日の施行を目指す。 

【関連ニュース】
求職者支援の恒久化検討=給付額、対象者を議論
施政方針演説要旨
施政方針演説全文
2次補正予算が成立=「二番底」回避を期待
2次補正、午後に成立=参院委で可決

振り込め詐欺「キング」に懲役20年 東京地裁(産経新聞)
<児童ポルノ>定義の厳格化求める 日弁連が意見書(毎日新聞)
沖縄の部隊を旅団化=南西諸島の防衛重視で陸自(時事通信)
「分析・新薬価制度」(下)―酒井文義氏(クレディ・スイス証券医薬品シニア・アナリスト)(医療介護CBニュース)
サリン事件風化させるな=地下鉄駅でテロ対策訓練-発生15年・東京消防庁など
AD