亀井静香金融・郵政担当相は12日の参院予算委員会で、政府が提出予定の郵政改革法案を巡り「開かれた議論になっていない」と批判され、激高する場面があった。

 自民党の世耕弘成議員が、05~06年の郵政民営化論議を振り返り「自民党も賛否わかれて大議論を行った。時間をかけ議事録も公開した。だが、見直し論議は密室だ」と批判。

 亀井氏は「私は徹底的に反対した。自民党の9割近い議員は民営化に反対だったが、大臣にしない、公認しないという圧力でみんな賛成に変わった」と恨み節を展開した。

 世耕氏が「過去は聞いていない」と声を上げると、「あなたが過去のこと言うから、言ってるんですよ。黙って聞きなさい」と声を荒らげた。【鈴木直】

【関連ニュース】
亀井金融相:企業・団体献金禁止は各党の合意必要
参院予算委:外国人選挙権法案優先なら連立解消へ 亀井氏
普天間移設:亀井氏「ベターな選択」陸上案の意義強調
前原国交相:公共事業の経済効果巡り、亀井金融相と対立
亀井金融・郵政相:郵政関連企業への天下り見直す

鳩邦、平沼氏と連携も 午後には与謝野氏と協議(産経新聞)
昔の民主党よりずっと高い…支持率続落で小沢氏(読売新聞)
国内最後の空港? 茨城空港が開港 (産経新聞)
田中真紀子氏、首相を酷評 小沢氏は称賛(産経新聞)
<交通事故>軽ライトバンが電柱衝突 3人死傷 三重・松阪(毎日新聞)
AD