O-RUSH Staff Blog【輸入車情報ブログ】

輸入車情報満載のオーラッシュスタッフブログ

■O-RUSH WEBサイト
 最新の輸入車在庫を約750台掲載中です。
 →クリックすると別ウインドウで表示します

■O-RUSHレンタカーWEBサイト
 100台以上の輸入車レンタカーをご用意しています。一部対象車両はワンウェイ料金無料!
 →クリックすると別ウインドウで表示します

■O-RUSH facebookページ
 オーラッシュの最新情報を更新しています。
 →クリックすると別ウインドウで表示します

■O-RUSH ボディファクトリー facebookページ
 鈑金塗装、ドレスアップに関する最新情報を更新しています。
 →クリックすると別ウインドウで表示します



輸入車 ブログランキングへ

テーマ:

こんにちは。PDIセンター関西の神山です。

全然車と関係の無い話ですが…

先日リリースされた今何かと話題のスマートフォン・ゲーム

早速ダウンロードして試してみましたスマホ

 

セットアップから早3日。

家の中にいたトカゲを1匹捕獲して以来、一切他のモンスターと出会いません。。。下矢印下矢印

ゲームの仕方が悪いのでしょうか…ぐすん

 

さて今回のご紹介は

トヨタ・マークXー^ー^

国産車も勿論整備OK、マークⅡの流れを引き継ぐ、個人的にも好きな車種の1台ですグッ

こちらの車輌、バッテリーの警告ランプが点灯とのことでご入庫バッテリー

エンジンは4GRー^ー^

V6エンジン。

問題のオルタネータを交換なのですが、搭載位置はここサーチサーチ

エンジン上から覗き込むと左バンク下目

アンダーカバーを外し下から見るとこの位置ダウンダウン

早速外しにかかりますレンチレンチ

ハーネス類を除くとオルタネータ固定はボルト3本キラキラキラキラ

ですが…ドクロ

この詰まり具合。仮に外せてもオルタネータ自体が取出せません叫び

なので下から、A/Cコンプレッサーを半脱着あせるあせる

ずらして動かせるようにしてオルタネータにアクセス。

摘出完了。

オルタネータ上下で2点そしてリア側のステーからシリンダーブロックに1点…ガーン

このリア側ボルトを外すのが中々面倒でした。ぼけー

そして新品オルタを組付け。ー^ー^

コンプレッサーをずらして位置調整をしないと組付け位置まで持っていけません。

しっかり組付けてベルトを張ってエンジン始動。

発電電圧を確認して完了!!!!

 

オルタネータ等の高額なユニット部品は新品部品の他に

消耗部品を新品に交換したリビルト品等も有ったりします。

作業の際にPDIセンターのサービスフロント「仕事モンスターTP」ご相談ください電話電話

 

 

愛車のご購入や車検整備、修理、点検、保険、板金、塗装、カスタム、etc.....

クルマのことなら何でもオーラッシュにご相談下さい!!!

 

 

O-RUSH PDIセンター関西

    神山 聖

〒555-0041 大阪府大阪市西淀川区中島2-6-38

TEL:06-6473-8833 FAX:06-6473-8830

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。PDIセンター関西の神山です。

3連休明けの火曜日。関西はやっと梅雨明けしました… 夏ですね波波

7月とはいえ天候不順な今日この頃くもりくもり

気温も例年に比べ不安定な日が続きますあせるあせる

 

今回のご紹介車輌はー^ー^ー^

BMWのZ4キラキラキラキラ

ちょくちょくオイル漏れの修理で紹介で登場する車種ですOK

今回の車輌もオイル漏れ汗

エンジンはcheck

BMWのお家芸、3.0L直6のN52Bエンジングッド!

軽量、コンパクトのボディにハイパワーなエンジン。いい加速をしてくれますべーっだ!べーっだ!

今回の患部はタペットカバーとオイルエレメントハウジングの継目。

どちらもオイル漏れ定番の部分です注意

まずはタペットカバーのガスケットから・・・レンチレンチ

エンジンカバー、ストラットバー等邪魔になる部品を外していきます。

N46Bの4気筒エンジンと違い、直6ではバルブトニック制御モーターも外します下矢印

エンジン上面を走っているハーネスを逃がしタペットカバーを取り出せる隙が確保できたら

パッカーンともも

7万キロ以上走行している車両ですが、スラッジも少なく非常に綺麗な油路ですOK

カチカチに硬化したゴムパッキンはヘッド側に付着し残っていますチーン

 

パッキンを交換し綺麗に清掃後、組付け。

直6はエンジンが長いのですがZ4は車高が低く、エンジン周りの隙も大きい為、

作業自体は楽です爆  笑

 

そして同時作業のオイルエレメント部のオイル漏れ。

まずはオイルクーラー部から。。。

こちらはタペットカバーと違いコアサポートとの隙が狭く、アクセスし辛いです…滝汗

そして、エレメントベース。

ボルト3本で固定されているのですが、内1本が外す際にインマニに干渉しますムキー

なのでインマニをずらして摘出あせる

合わせ部のゴムパッキンを交換。清掃後に組戻して作業完了!!!!

 

オイルはエンジン稼働にとても重要な役割を担っています注意注意

オイルが無くなると当然ですが、規定量を下回ってもエンジンにはよくありませんNG

またゴム製のウォーターホース等に長期間オイルが付着するとホースが痛み2次トラブルを

起こすこともあります叫び叫び

地面に垂れたオイルは掃除も大変な上、場所に寄っては滑りやすくて危険ですころぶ

 

オイル漏れや滲み。気付いたら早めに対処しましょう掃除キラキラ

 

 

愛車のご購入や車検整備、修理、点検、保険、板金、塗装、カスタム、etc.....

クルマのことなら何でもオーラッシュにご相談下さい!!!

 

 

O-RUSH PDIセンター関西

    神山 聖

〒555-0041 大阪府大阪市西淀川区中島2-6-38

TEL:06-6473-8833 FAX:06-6473-8830

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。PDIセンター関西の神山です。

七夕も過ぎ7月も中旬です七夕

晴れの日は連日30℃越え。エンジンルームも熱々ですメラメラメラメラ

 

今回のご紹介は

ポルシェ カイエン。ー^ー^ー^

異音発生ドクロでのご入庫

という訳で試乗。40km/hぐらいの速度でフロア下から「ゴッ、ゴリ…」と車内に響くような音が滝汗滝汗

ハイパー この症状はこの型式、9PAカイエンの定番トラブル注意

プロペラシャフト、センターベアリングブッシュの破損です。

という訳で車輌をリフトアップして下回りを確認目目

ATとリアデフをつなぐプロペラシャフト。

高速回転をする為、発生するブレを抑えるためにベアリングが設定されていますガーン

このベアリングを固定しているゴムブッシュがー^ー^

完全に破断しています叫び

今回の車輌は4.8L、V8エンジンOK

マフラーをずらさないとプロペラシャフトが出てきませんあせる

下が中古、上のつやつやなのが新部品ですキラキラキラキラ

問題のセンターベアリング部、新部品だとしっかりとゴムで固定されています。

サブフレームを介しているとはいえセンターベアリングはフロアに固定されています。

もともと音が車内に入り込むのを防ぐ為ゴムを設定しているのでしょうが耐久性に難有りですねえーん

 

新部品に交換後は静かでスムーズな加速を取り戻しましたOK

このトラブルは同系車のトゥアレグでも発生しますショック

高速回転するプロペラシャフト。

破損したままでの走行は非常に危険ですドクロドクロ

異音や振動など違和感を感じたときは早めに点検、修理を行いましょう!!!!

 

 

愛車のご購入や車検整備、修理、点検、保険、板金、塗装、カスタム、etc.....

クルマのことなら何でもオーラッシュにご相談下さい!!!

 

 

O-RUSH PDIセンター関西

    神山 聖

〒555-0041 大阪府大阪市西淀川区中島2-6-38

TEL:06-6473-8833 FAX:06-6473-8830

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。PDIセンター関西の神山です。

7月に入りました。連日の30度越え温泉まぁく、1Lの水筒が無くなる日々が続きます涙涙

水分補給はこまめにビックリマークビックリマーク ですねパー

 

今回はー^ー^

アウディ A4キラキラキラキラ

そのエンジンルーム。1.8LのTFSIエンジンOK

よくよく見ると

冷却水のリザーバータンク目水量が減っています・・・汗

今回も水回り修理のご紹介レンチレンチ

漏れ箇所はー^ー^

シリンダーブロックの横、インマニの下側に設定されているウォーターポンプ歯車歯車

一般的にウォーターポンプはオルタネータやA/Cコンプレッサーと一緒にドライブベルトで駆動、

またはフロントカバー内、タイミングベルトで駆動する構造が多いのですが…

じつはこのエンジン、エンジンリア側から独立して駆動しています。チーン

ベルトカバーを外すとcheck

エンジン側から専用ベルトで単体駆動しています。

見ての通りテンショナー等は無いのでベルトはエンジン側プーリーを外し取り出しますニヤニヤ

しかしエンジン側プーリーの固定ボルトは逆ネジ注意注意 要注意です!

そして各部のボルトを外して

ASSY摘出グー

右側のプーリーを駆動して内部のインペラで水を回します台風台風

ラジエータのIN,OUT、ヒーターホースそしてオイルクーラへ冷却水を送ります。

左側のひょうたんみたいなジョイントがオイルクーラーへの接続部品になりますウシシ

エンジンに対して前方向に押し込み、且つシリンダーブロックに組付けるという作業になります。

そのためにジョイントは特殊な形状をしていますパーパー

今回の漏れ箇所はポンプの軸部からでした水道

 

水回りのトラブルは即エンジンが不動になるということはほぼありませんにやり

しかし放置していると最終的にはエンジンに大きなダメージを及ぼすこともありますガーン

快適な車生活を送るためにもトラブルの発生に気づいたら早めの点検、修理を心がけましょう!!!!

 

 

愛車のご購入や車検整備、修理、点検、保険、板金、塗装、カスタム、etc.....

クルマのことなら何でもオーラッシュにご相談下さい!!!

 

 

O-RUSH PDIセンター関西

    神山 聖

〒555-0041 大阪府大阪市西淀川区中島2-6-38

TEL:06-6473-8833 FAX:06-6473-8830

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。PDIセンター関西の神山です。

6月も最終週。夏も間近な今日この頃船

季節の変わり目は体調も崩しやすいです。ジュースジュースジュース

暴飲暴食には注意しましょう滝汗

 

さて今回ご紹介の車種はー^ー^

BMW ミニ。

個性的な外見が人気の高い車種ですパー

今回も水周りの修理汗汗汗

なのでエンジンルームをチェック目

N14、ターボ エンジンですねビックリマークビックリマーク

エンジンリア側より覗き込むとサーチ

ミッションケースの上に緑色の冷却水の池が確認できますゲッソリ

サーモハウジングからの冷却水漏れです。定番トラブルですねココココ

エンジンに組付いた状態だと全体は判り辛いですが取外すとcheck

ラジエータアッパー・ロア、ヒーターのイン・アウトと5つの水路を統合している部品です。

エア抜きドレンの横にある水温センサーも軽い滲みが発生していましたが…

今回の患部はここタラータラー

エンジンルームのリア側を通るバイパスケースの合せ部。

樹脂成形の水周り部品では国産、輸入車問わず発生するトラブルです。

コストの良さと成形のし易さから自動車部品に欠かせない材質となっていますが使いどころは考えて欲しいものですもやもや

新旧比較。

エンジンブロック側に組付けられるガスケットはシリコン製でしょうか?

旧部品は少し変色していますが弾性は保たれていますグッ

エンジン側を綺麗に清掃し部品組付け、冷却水を補充。

水路の形状でエアの溜まりやすい箇所にはエア抜きプラグが設定されていますパー

圧検後、水を十分に回して完了ビックリマークビックリマーク

 

これで猛暑予報の今夏も問題無いでしょうウシシ

暑い今からの季節、エアコンを使用するとエンジンに更に負担を掛けてしまいます。

O-RUSH各店、この時期大活躍のエアコン添加剤ありますよーニコニコニコニコ

気になった方はこちらをクリック→「エアコンエフェクター」

 

 

愛車のご購入や車検整備、修理、点検、保険、板金、塗装、カスタム、etc.....

クルマのことなら何でもオーラッシュにご相談下さい!!!

 

 

O-RUSH PDIセンター関西

    神山 聖

〒555-0041 大阪府大阪市西淀川区中島2-6-38

TEL:06-6473-8833 FAX:06-6473-8830

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。PDIセンター関西、神山です。

関西は梅雨真っ只中。くもりくもり

個人的に晴れが好きですが晴れの工場は30℃越え。

真夏に向けて身体を慣らして行きましょう浮き輪

 

今回のご紹介車両は下矢印下矢印

BMW 120。エンジンはー^

色々な車輌に使われているN46B20B、直4のエンジンパー

エンジンオイルの漏れ修理で入庫です。

修理箇所は定番のバキュームポンプにタペットカバー。。

年数が経つと大体漏れてきます汗汗

とりあえずエンジン上部にアクセスする為にレンチ

カウルルーバー周りを外します。

元々整備上外す必要性が高い為、案外簡単にはずすことが出来ますニコニコ

そしてタペットカバーカバーを外すと目

バキュームポンプまで丸見えグッド!

今回同時作業のバキュームポンプを取外すとー^

漏れ止めの為か液体ガスケットが塗布されていました。

綺麗に清掃してO/Hキラキラキラキラ

組付け。エンジンタペットカバーを外しているとカムシャフトとの位置合わせも楽ですねグッド!

定期的にオイル交換を行っていてもこのエンジン、結構スラッジが溜まりやすいんです。ショボーン

このエンジンもよくよく見ると。。。;おい

当然エンジンにも良くは有りません。

定期的なフラッシング、オイル交換サイクルを守りスラッジの発生を最小限に抑えましょうビックリマークビックリマーク

 

後はタペットカバーに新品のガスケットをセットし組付けー^

新品はこんなに厚みが有りますが、経年劣化によりゴムの弾性が無くなりオイルを密閉することが出来なくなります。

 

組付後オイル漏れの確認を行い作業完了OK

 

エンジンオイルにはエンジン内の潤滑の他に冷却や洗浄の役目も担っています。

少ない油量のまま走行を続けているとエンジン内各部にダメージを負ってしまうこともありますよ滝汗

 

愛車のご購入や車検整備、修理、点検、保険、板金、塗装、カスタム、etc.....

クルマのことなら何でもオーラッシュにご相談下さい!!!

 

 

O-RUSH PDIセンター関西

    神山 聖

〒555-0041 大阪府大阪市西淀川区中島2-6-38

TEL:06-6473-8833 FAX:06-6473-8830

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。PDIセンター関西の神山です。

先日の休みに行った某ショッピングセンターのUFOキャッチャーUFOUFO

ピンポン球をすくい上げたこ焼き器に落とし所定の場所に入れば景品ゲットパー

という運的要素の強そうなゲームだったのですが。。。。ー^ー^ー^ー^

黄色にマーキングされている所がゲットゾーン。

なんすかコレ!?!?DASH!DASH! 日頃の行いは良い方だと。。。滝汗

計算された置き方であれば完璧に僕の負けです。。ガクリガクリ

 

私的な悲しい出来事ムキーは置いといて、今回ご紹介の作業はー^

プジョー 207 諸々の修理での入庫ですパー

エンジンルームはcheck

色々な車輌に搭載されているこのエンジン。

まずはオイルレベルセンサーの交換レンチレンチ

オイルパンに入っているオイルの油面高を測定しているこのセンサー。

大体はオイルパンに設定されていますパー

が、このエンジンはこちら下矢印下矢印下矢印

見辛いですが車輌下側から覗き込んだ状態でドライブシャフトの上側目

緑色のカプラーですOK

そのためセンサー自体はこんなにも長いです

最近では、油量管理をセンサーのみで行う車種も多くなっていますね注意

 

そして次は点火、燃料系のリフレッシュ。

よくトラブルの出る重要部品ー^ー^ー^

高圧ポンプグー

燃料を燃焼室に噴射する圧力を制御している重要部品ですパー

取外して交換OK

そしてプラグ、点火コイルも同時交換check

右の新品プラグに比べて中古部品は若干ですがギャップが開いています。

プラグ交換の基本は距離管理。トラブルを起こすに交換しましょうパー

 

1.6Lターボの軽快なエンジンに5速MT。

軽快な乗って楽しいコンパクトハッチの復活ですニコニコニコニコ

 

 

愛車のご購入や車検整備、修理、点検、保険、板金、塗装、カスタム、etc.....

クルマのことなら何でもオーラッシュにご相談下さい!!!

 

 

O-RUSH PDIセンター関西

    神山 聖

〒555-0041 大阪府大阪市西淀川区中島2-6-38

TEL:06-6473-8833 FAX:06-6473-8830

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。PDIセンター関西、神山です。

早くも6月に入りました。今年も折返しの月になります走る人DASH!DASH!

徐々に暑さも本格的になり冷却系、エアコン系の修理、点検も増えてきました。晴れ

今まで気温が低くてトラブルに気づいてなかった車輌も気温が上がることで症状が顕著に出てくることもありますあせるあせる

 

今回ご紹介の車輌は、ー^ー^

先週に引続き、ポルシェ・ボクスター

前回同様、ウォーターポンプ付近からの水漏れトラブルです目

漏れ状態も前回車輌よりも更に酷く中々の重症滝汗

今回はウォーターポンプにサーモケース。アイドルプーリー一式を交換レンチレンチ

 

まずは車輌下側から

サーモケースにアクセス手

エンジンロア側、ウォーターホース付根の部品ですサーチ

エキマニやウォーターホースなどが入組み狭い作業スペースですが

邪魔になる部品を幾つか外せば意外と簡単に作業できますニヤニヤ

サーモケースを外しー^

取り付け面も綺麗に清掃後キラキラキラキラ

組付け、ガスケットは金属なので脱着、清掃共に楽ですねべーっだ!

 

そしてウォーターポンプcheckcheck

作業は前回同様なので割愛しますニヤニヤ

右の中古部品、軸のセンターがずれていますえっ

ここまで酷くなるとプーリーが直接エンジンに当たってしまうことも有ります。。。

そして、アイドラプーリ×2&テンショナープーリーの交換。

 

実はこれが一番手間取ったかも。。。です。

上側のアイドラプーリーはオルタネーターと共締め

そのボルト長はガクリ

パネルに当たって抜けてきません 結局オルタネータ半脱着です…;おい

 

そしてテンショナープーリーは隙の狭い上、ボルト・ナットの共締めです

一通り、完了!!!!

後は真空引きで冷却水の補充OK

冷却水路内の空気を先に抜くことで複雑、または長い経路の水路でも冷却水を満たすことが出来ますOK

この時点で真空保持出来なければどこか漏れがある可能性があります。

真空状態を下から見ると。。。ー^ー^

ラジエータホースが潰れていますガーン

問題なければ冷却水を補充。

専用ホースよりぐいぐい吸引。あっと言う間に補充完了グッド!

 

後はエンジンを回してエア抜きの最終確認でOK

これで夏本番も安心ですねグッド!

 

エアコンもフル稼働になるこの季節、

オーラッシュではエアコン駆動の負担を減らすお勧めの添加剤もございますウシシ

「ぜひ試してみたい!!」という方は店頭スタッフまでお問い合わせ下さい電話

 

 

愛車のご購入や車検整備、修理、点検、保険、板金、塗装、カスタム、etc.....

クルマのことなら何でもオーラッシュにご相談下さい!!!

 

 

O-RUSH PDIセンター関西

    神山 聖

〒555-0041 大阪府大阪市西淀川区中島2-6-38

TEL:06-6473-8833 FAX:06-6473-8830

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。PDIセンター関西の神山です。

先週末に私用で朝から淡路島へ行ってきました車DASH!DASH!

淡路島といえば淡路牛に玉葱に海産物。。。ナイフとフォーク

美味しい食べ物が多いですがお昼に食べた「鰆タタキちらし丼」おねがい

今が旬の脂ののった鰆(サワラ)のタタキにプリプリの海草、うまみの詰まったいくらと。。。キラキラ

絶品でしたラブラブ!ラブラブ!

 

さて今回ご紹介の作業は

人気車、ポルシェ・ボクスターー^ー^

ウォーターポンプからの水漏れ修理作業をご紹介パー

エンジンの冷却水を循環させるウォーターポンプ温泉

車種により様々ですが大凡10万㌔までには一度は交換するパーツです注意

この車種のエンジン搭載位置はミッドシップ。

つまり運転席後ろにエンジンが置かれています爆  笑

 

大体の車輌はボンネットを開ければエンジンにアクセス出来ますが、

ボクスターの場合は電動ルーフを開き走る人走る人

ソフトトップ固定ワイヤーを外し、

ルーフをめくり上げ固定hh

後は内装を外すとエンジンアクセス用のサービスパネルが現れますサーチ目

ウォーターポンプへのアクセスはフロント側のパネルからー^ー^

サービスホールから覗いて一番下側に設置されているプーリー。

こちらがウォーターポンプになりますcheck

後は冷却水を抜きつつポンプを外し摘出レンチレンチ

軸部分にガタが発生し漏れが発生していましたパー

新品部品と比べるとインペラが樹脂から金属になっていたりといくつかの変更が見受けられます得意げ得意げ

部品交換完了後は冷却水の補充に漏れ確認べーっだ!

水路が長くエアの抜けにくい構造のこの車、真空引きし一気に補充をします。

詳しい説明は写真を取り忘れた為また後日に。。。ガクリ

 

夏に向かうこの時期。

車にとっては過酷な季節になります晴れ晴れ

エンジンルームのリザーバータンクをチェックしてみるだけでもOKですOK

冷却水量がMINまたはLoを下回っている場合は水漏れが発生している可能性もありますよ!!

早めの点検修理をスマホ

 

 

愛車のご購入や車検整備、修理、点検、保険、板金、塗装、カスタム、etc.....

クルマのことなら何でもオーラッシュにご相談下さい!!!

 

 

O-RUSH PDIセンター関西

    神山 聖

〒555-0041 大阪府大阪市西淀川区中島2-6-38

TEL:06-6473-8833 FAX:06-6473-8830

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。PDIセンター関西の神山です。

5月も下旬に差し掛かりました。

工場内は早くも30度に達しています温泉温泉

今回ご紹介の作業はー^ー^

メルセデス・ベンツW204型のCクラスグッド!

スタイリッシュな外見で今でも人気の車種ですねパーパー

こちらの純正ナビゲーションシステムの操作ダイヤルcheck

上下左右、ダイヤル回転、PUSHと操作性も良いのですが。。。

「操作ダイヤルの回転が反応しない叫び」の修理です。

大体は操作ダイヤル側の不具合。ですので

センターコンソールを分解しレンチレンチ

ジョグダイヤルASSYを摘出9いう

分解。レンチレンチ

作業自体はややこしいことはないのですが、

シャフトからダイヤルを外す為にはダイヤル内の内蓋を外しシャフトを分離させないといけませんニヤニヤ

ここがキズが入りやすいので細心の注意を払いつつ作業します滝汗滝汗

ここまでばらばらにします。ウシシ

写真下右側。2つに分解しているのが今回の患部サーチサーチ

ダイヤルの回転信号がを伝えるシャフトが・・・

途中で折れてしまっている為、信号が伝わりませんショック!

そしてこれが今回の交換部品ー^ー^

折れた中古部品と比べると形状も強度も大幅UPOK

材質もプラからアルミに変わっています拍手

後は組付け、作動確認で・・・・完了です!!!!

 

元々のプラスチックシャフト。

折れてしまって同様のトラブルが発生している車輌。多発していますよえーん

ASSY交換よりもリーズナブル。かつシャフトも強度UPで対策にもなるお勧めの修理です合格合格

 

 

愛車のご購入や車検整備、修理、点検、保険、板金、塗装、カスタム、etc.....

クルマのことなら何でもオーラッシュにご相談下さい!!!

 

 

O-RUSH PDIセンター関西

    神山 聖

〒555-0041 大阪府大阪市西淀川区中島2-6-38

TEL:06-6473-8833 FAX:06-6473-8830

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。