1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2007年06月20日(水)

コミックヨシモト遭難・・・いやいや創刊

テーマ:サイト・動画・DVD


    コミックヨシモト 創刊号 320円

吉本興業がマンガ雑誌を創刊した。
作画は主にプロの漫画家が手がけ、原作やキャラクターなどを吉本の芸人さんが担当するというスタイル。
創刊号の表紙モデルはチュートリアルだ。
おまけのDVDにつられて購入。


コミックヨシモト

ロバート、カリカ、笑い飯、POISON GIRL BAND、タカアンドトシのネタと、雑誌編集長が吉本芸人を突撃して雑誌アピールをしてもらう映像が30分ほど入っていた。
その話の中では、たむらけんじさんの胸に書く文字を募集するコンテストをやろうとか、南海キャンディーズ山ちゃんがモテない男っぷりを語る企画などがあがってきてるようだ。

肝心の、マンガの方は……創刊号なのでこんなものでしょうか。
読者層を限定してないイメージでしたね。
せっかくあれだけのタレントを抱えているのだから、麒麟田村さんの貧乏エピソードとか、ダウンタウンが小学生の頃しでかしたバカバカしいイタズラだとか、これは実現しそうにないが、佐賀のがばいばあちゃんとか、もっと実話を漫画化したらいいのにと思ったが、どうやら、本気でマンガ業界と競うつもりらしい。

島田紳助さん原案の沖縄を舞台にしたマンガも、笑いなしのきまじめなヒューマンドラマになりそうだし。
ハローバイバイ関さんの都市伝説は、なんだか少年マガジンでやっていた「MMR」みたいだし。
一番おもしろかったのは、プロの原作者がついた「んなアホな!!」というマンガ。
ダイノジ大地さんのような小太りの不良少年と、目立ちたいが故に生徒会長をやっていた少年がお笑い芸人になってM-1優勝を目指すストーリー。
あとはハリセンボンのキャラを使ったOLマンガ。
ココリコミラクルタイプあたりとタイアップしてドラマ化してほしいなぁ、なんて。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年01月12日(金)

芸人の文才

テーマ:サイト・動画・DVD
今日はお笑い芸人さんが書いた本を紹介したいと思います。
『14歳』 千原 ジュニア
中学校時代引きこもっていたことや、バイクで事故にあったときのことなどを綴った自伝。
彼を救ったのは未来の自分を想像する力だという。
帯には東野圭吾氏のコメントが!!
Yahooニュース→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070112-00000008-nks-ent


『ドロップ』 品川 ヒロシ
80年代のやんちゃなおちこぼれ中学生を描いた青春小説。
「だいぶフィクション」ってことだから、体験も多く生かされているのでしょうね。
表紙イラストは漫画家・高橋ヒロシ氏の書き下ろし。


『陰日向に咲く』 劇団ひとり
ひとり芝居のネタをそのまま小説にしたような、妄想系小説。
短編で1つが短くてサラッと読める。


オリエンタルラジオ 1
武勇伝を文章化。
そのほか、ヨシモト∞のトーク集やあっちゃんの書き下ろし小説など。


『ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説―信じるか信じないかはあなた次第』
テレ東「やりすぎコージー」でたまに都市伝説を語るコーナーがありますが、彼はよく都市伝説について語ってます。
この前は地中に不発弾が埋まっているために、どこそこの地下鉄が途中で途切れているなどといった話をしていて、信憑性のあるネタも多いだろうと思われます。
↓これはそのテレビ番組のDVD版で、いろんなゲストが怪しげな都市伝説について語ってます。
『やりすぎコージーDVD1 ウソか本当かわからない都市伝説 第1章』
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006年04月08日(土)

笑いの中の殺人事件

テーマ:サイト・動画・DVD
「ぷっちNUKI」 テレビ東京

平日深夜放送中の番組で、次長課長、ダイノジ、タカアンドトシ、ライセンス、POISON GIRL BANDの5組が順不同で出演する。
映画やDVDなどを紹介する情報系の番組。
この「ぷっちNUKI」プレゼンツのライブが「新宿南口連続殺人事件」で、各コンビで新作のコントをやるのだが、コンビのうちのどちらかが殺されるという設定で競演した。

先週だったか、ライセンスとPOISON GIRL BANDでこのDVDの紹介を自ら番組内で。
部屋にはいると女性アナウンサーが何者かに殺されていた。
不自然なダイイングメッセージが残されていた。
 お供に
 ローマ字
 ←

吉田くんは矢印の方向に字を読むんじゃないかと、
吉田「ジマーロ……」
井本「ジマーロ」
吉田「ちくしょー、ジマーロの奴め!」
と、犯人を追いかける!!(笑)

正解はですね、「お供に」をローマ字にかえて「otomoni」これを逆から読むと「イノモト」
なんと、犯人は井本さん!

本編のDVDは舞台で行われたコントを収録してます。
そのライブでのデス大喜利と、ライブの打ち上げ、遺影写真が特典です。
タカさんの腹踊りをお見逃しなく!!

新宿殺人DVD

4月からこの番組は「ぷっちぬき」となって続きます。
いっそのこと、この5組で30分ぐらいの番組をやってほしいものですが・・・
またこんなライブがあるといいですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年01月21日(土)

武勇伝誕生秘話をショートフィルムで

テーマ:サイト・動画・DVD

「EPフィルムズ」

オリエンタルラジオが主演のショートムービー「シンメトリーズ」。
東京NSCに行こうか迷っているオリラジ。
漫才は息が合うかどうかだよなぁって、ため息混じりに。
どうでもいいけど、6分は長いよ。
ラストは笑っちゃったけど。
シンメトリーってのは左右対称ってことか?
こたつの中でシンメトリーなふたり。
動画配信は1/26まで。
casTYに無料会員登録すれば見られます。


1/18放送 「お笑いLIVE10」 TBS

この番組、自然消滅してしまったかと思ったら、ちゃんとやってますね(笑)
この日は速水もこみちさんが選ぶお笑い芸人ベスト10。
選ばれた人たちは冒頭で全員登場。
ハリセンボンとは初対面の今田耕司さん、「噂には聞いていたけど。アジアン以上ですね」
春菜ちゃんは速水もこみちさんに会えるってことで、バッチリ化粧をしてきたそうだ。
だけど、速水さんを間近で見た感想は、
春菜「まぁまぁかな」
今田「眼鏡を拭け!」

さて、速水さんが選んだ10位はタカアンドトシ。
しかし、しょっぱなから選んだ理由が「友達に勧められて」

舞台に登場したタカアンドトシ。
トシ「出たかったんですよ。この番組。速水もこみちさんが10位に選んでくれて」
タカ「友達が選んだ10位ですけどもね」
トシ「いいんだよ、そんなこといわなくて」
事前に理由って聞かされてるんですかね。
ネタは男同士の友情。「女子かっ!」のツッコミで。
途中「ジェシカか!」って、ダジャレみたいなツッコミになっていくところがおもしろいです。

ハリセンボンは婦人警官コント。
駐禁の取り締まりの最中、速水もこみち似の男を発見。
ふたりで拳銃を向け、「Don't move!」と叫ぶも、「Don't moveがきかない!」
逆にはるかちゃんは胸を射抜かれて倒れる・・・
どうやら、このときにパンツが見えてしまったらしく、
今田「こんな不愉快なコント見たの初めてや・・・」

そして、速水さんは長州小力さんとパラパラを踊らされてました。


「ぷっちNUKI」 テレ東

2週間に渡り、タカアンドトシでした。
いつの間にやらテレ東アナウンサーと一緒にやるのが定着?
今回はテレ東の女子アナの写真を何枚かホワイトボードに貼り付け、タカトシがイメージで境界線をつけ、別室で待機していた女子アナがその境界線を当てるというもの。

部屋が汚そうな人は?
そんなお題で振り分けていく。
トシさんは大江アナのことを、「きれいな女性らしい部屋であってほしい」と。
水原アナは体育会系に見えるってことで、
タカ「冷蔵庫にヤカン入れてそう」
森本アナは、
トシ「神秘的なかんじ。エンヤとか、かかってそう。青い光で」
ライン引きが終わったところで女子アナ2人が戻ってくるが、
「すごい笑い声が聞こえてましたけど」
タカ「トークの調子がよかったんです。今回」
トシ「調子の悪い日、なくしてくださいね」

S(しっかりもの)とM(甘え上手)に分けるとしたら?
タカ「水原ねぇさんはSっぽい。でも、2人きりになるとネコになっちゃう。願望ですけどね。僕はどっちも持ってますから」
トシ「お前はSだよ。女の子にマクドナルドの前で土下座させたんだから」
タカ「あれは女の子がウソをつくから」
だから店を出て行ったら、追いかけてきて勝手に土下座したんだとか。
でも、トシさんが聞いた話しでは、バイクで二人乗りをしている時も、高速の乗り口の手前でもめていたと、アリキリの石塚さん情報。
タカ「降りろ降りろって(喧嘩してた)。(女の子が)ウソつくから」
トシ「またその子?」
タカさんがSってのは意外だねぇ~

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2006年01月09日(月)

オリエンタルラジオのショートムービー

テーマ:サイト・動画・DVD

デジタルホームヨシモトドットコム

インテルと吉本興業がコラボするハイクオリティなショートムービーを公開しているサイト。
第4弾がいよいよ1月10日公開。
今回の主役はオリエンタルラジオ。
声だけですが、麒麟の川島さんも出ているようです。
動画はオンラインのみでの視聴です。
(ダウンロードはできませんでした。すいません。以前は出来たのですけど・・・)


1/6放送 「きょう発プラス!」 TBS

朝の情報番組でオリエンタルラジオがインタビュー受けてました。
いつ出てくるかわかんないので、番組全部2時間録画していたのはいいが、すっかり忘れていて、予約録画をミスって全然違うものが撮れてしまったのかとあやうく消してしまうところだった。
すっかりわたしもオリラジフリークだな・・・

Q.武勇伝について。
中田「ミスターチルドレンの桜井さんが「抱きしめたい」という曲を作った時にこれは売れると直感したらしい」
藤森「デカいとこ引用したね」
中田「僕も武勇伝というネタを作った時、これはいけると感じた(笑)」

Q.2人とも経済学部ですが。
中田「日本はまれに見る大転換期なわけですよ、経済のね。その辺りを教授とセッション」
藤森「無理すんな。そんな勉強してないだろ」

Q.それはネタに生かされてる?
中田「ネタを作る上で費用対効果ですとか、需要と供給のバランスを考えて作ってます」
藤森「そんなの聞いたことないぞ」

Q.ファンが増えましたが。
藤森「家を知られてしまって、郵便受けから覗かれていたんですよ。目があって、ライターを投げつけたら当たって、逃げていきました。星飛雄馬ばりの、穴を通すやつですけどもね」
中田「あのときはちょっと痛かった」
藤森「アンタかいっ!」

Q.あっちゃんは本当にかっこいい?
藤森「(あっちゃんが)自分で書きました。言わせてます」
中田「相方に何千回とかっこいいと言わせる快挙を成し遂げたわけですね」

中田「ネットの書き込みとかに、あっちゃんかっこいいって言っている人の方がかっこいいとかね、そういうのがあるたびに、相方の郵便受けを覗く」
藤森「やっぱりお前か!」

と、最後は「井の中の蛙」の漫才ネタを。
紹介VTRにゲンセキの頃のネタが流れていて、自分でも撮り溜めていたゲンセキのビデオを見てみたら、1回目にオリラジが登場した時は武勇伝の変形バージョンをやっていた。
ネタの途中で藤森くんが「それはかっこよくないよ」って、流れを止めてるの。


1/8放送 Eネ! 「しずちゃんの日常」 テレビ東京

「日常」という映画の公開にあたり、毎週日曜深夜に放送されることになった10分番組。
MCは南海キャンディーズしずちゃん。
「シャンデリア山崎のパワープレイシャンデリア」という架空のラジオ放送を舞台に、シャンソン歌手みたいな格好をしたしずちゃんがシュールな世界を展開!?

まぁ、とにかく、この映画はなんと4年前から撮影されていたらいいのだが、ようやく公開されるという。
シアターN渋谷 2/4~3/3。
動物園前シネフェスタ 3/11~3/17。
どちらもレイトショー。
ケンドーコバヤシさん、次長課長井上さんが主演。
そのほか、友近さん、南海キャンディーズしずちゃん、フットボールアワー、レギュラー松本くん、メッセンジャー、サバンナ、チュートリアル、バッファロー吾郎、そしてブラックマヨネーズも!

「日常」の公式サイト ではコバヤシさんと井上さんがギター持って歌ってます。
そういえば、何かの番組で、コンビ解散危機の話題で、河本さんが病気で倒れた時、学園祭の仕事がキャンセルできず、急遽ケンコバさんと組んで、ダブルボケでふたりともボケ倒し、会場が沸いたそうだ。

番組で映画のダイジェスト流れてましたが、ロードムービーみたいなかんじなのでしょうか、よくわかりません(笑)
これとは関係ないですが、吉本は本格的に映画の制作にも乗り出すようです。
Yahoo!ニュース

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。