2008年08月24日(日)

シチュエーションコント

テーマ:単発・特番

「THE THREE THEATER (ザ・スリーシアター)」 フジテレビ

近頃の一番の期待の番組。今回で4回目の放送となった。
劇場支配人の内村さん曰く、「4回目にしてピーク」ではないかといわしめたほどに、今回はおもしろかった。
さて、この番組には3つのセットが用意されており、それぞれのシチュエーションにあったコントを各芸人さんがやるというもの。
出演者は柳原可奈子、しずる、ジャルジャル、フルーツポンチ、狩野英孝、我が家、ロッチ、はんにゃの8組。

まずは「お化け屋敷」。我が家、柳原、ロッチ、狩野、しずる。
お化け役はバイトで雇われているといった内容が多かったか。
狩野さんはバイトのお化けなんだけど、衣装はそのままで、頭に三角の白いやつを巻いているだけという。
どんなシチュエーションでも型を崩さないという(笑)
ロッチはお化け屋敷に遊びに来てお化け役の女の子に惚れてしまうという内容。
次に待ち受ける女の子もかわいくて、「このお化け屋敷レベルたけぇ~」

次は「教室」にて。ジャルジャル、はんにゃ、我が家、しずる、狩野、フルーツポンチ。
はんにゃは新種のにらめっこゲーム。このコンビは金田くんのキャラがすべて。
我が家は生徒にはアメとムチで接する先生を演じるが、いやぁ、絶妙です。
しずるの古すぎる甘酸っぱさは最高だし。

最後は「公園」。ロッチ、ジャルジャル、フルーツポンチ、はんにゃ、柳原。
ロッチは児童公園で詩を売っている書道家とその弟。
一句拾って読んでみると、「セロテープ 鼻につけたら 研ナオコ」
柳原さんは、スタイリストの北条先生が公園でフリーマーケット。
やっぱりピンの芸人さんは持ちキャラ押しですね。

最後はみんな集まって反省会を。
しずるの池田さんはワンフレーズシアターで前回4回も当たったのに、全部カットだったという。
今度はコンビをばらして合同でやってみたいということで、希望を。
しずるの村上さんはフルーツポンチの村上さんとW村上でやりたいという。
しずる池田「亘とぼくは何をしてればいいんですか」
亘「3分間黙るしかないですよ」

どうなりますやら・・・次回も楽しみです。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008年08月17日(日)

それ!現実から逃避しろ!

テーマ:単発・特番

「笑いの万博」 日テレ

月1回ペースで放送している番組で、もう3,4回目の放送になるようだ。
出演者は毎回違うらしい。
今回の副題は「集まれ!ピーターパン」
教育テレビの子供番組のパロディという枠組みの中で、いろんなコーナーがあった。
出演はとろサーモン、ハイキングウォーキング、ピース、フルーツポンチ、いがわゆり蚊、エハラマサヒロ、ガリガリガリクソン。

いがわお姉さんとハイキングウォーキングの松田お兄さんが進行役。
とんねるずのモジモジくんを思わせるようなノリで、人の体を使って影絵を作ってみたり。
大喜利きかんしゃは、歌に合わせて一人ずつ大喜利のお題を即答で。
ニンテンドーDSの略は?
とろサーモン大久保「どげんかせんといかん」といった具合。

あとは、お兄さんが万華鏡を覗くといろんな世界が・・・ということで、各コンビのネタがあったり。
「はたらくくぼた」では、久保田くんがお笑い芸人の体を張ったお仕事ぶりを紹介。
「科学の又吉せんせい」老科学者の又吉せんせいが、星座の授業を。
夏の大三角形のとなりに輝く星は、先日亡くなったペットのチョロの星。
そして、さそり座の下には・・・チョロが埋まっているそうな(笑)

最後はガリガリガリクソンお兄さんの歌と体操でシメ。
アキバ系のお兄さんによるニートの歌。

早くもDVDの発売が決定しているとか。
今までの放送分も見られるということかな。
来月も楽しみだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年07月26日(土)

コンビをシャッフル

テーマ:単発・特番
「笑いの祭典 ザ・ドリームマッチ08 真夏の若手芸人祭り」 TBS

お正月特番として定着しつつあるドリームマッチですが、今回は参加者が一新、若手に。
といっても、芸歴10年未満は南海キャンディーズとオリエンタルラジオだけですが。
MCはダウンタウン。

いつものとおり、ボケとツッコミに分かれてフィーリングでコンビを決める。
3時間でネタをつくって客前で披露する。
若手は今でも舞台でネタをやったり、ユニットでコントをやったりしてると思うので、案外見やすい。
組み分けで最後まで残ったのは次長課長の井上さんとエド・はるみさん。
あらかじめ申し合わせていたんじゃないかと思ったほどハマってたのは、河本さんとフットボールアワーの後藤さんだ。

さてさて。順番に。
トップはブラックマヨネーズ吉田・オリラジ藤森。
藤森くんがOLに扮し表側にたって、カーテンの裏側で向かい部屋の覗き魔を演じる吉田さん。
表にたって状況を説明する藤森くんが断然このコントのキモなので、もう一歩の感じはあった。

オリラジ中田・バナナマン日村。
アシカショーのお姉さんと、アシカの日村さん。
これも日村さんのキャラありきで。
ちなみに、日村さんはツッコミである。
バナナマンの中でもそうだけど、どうみてもボケなのだ。
だけども、中田くんはそのボケをちょっとぞんざいに扱いすぎてる部分も?

後藤さんと河本さんは、松本さんの口から「ダウンタウンが一番期待している」と言わしめただけあって、一番おもしろかった。
万引きをするおばちゃんと店員で、なんてことのない内容なのだけど、河本さんのキャラクターってゆるぎない。

おぎやはぎ矢作・フット岩尾。
脱力系のネタがふたりにぴったり。
小木さんと山ちゃんは野球選手とコーチを。
おぎやはぎは誰とやってもおぎやはぎで、彼らは本当にほかにはないキャラクターを持ってるなぁと。

しずちゃんと陣内智則さん。
最後から2番目に決まったコンビだったので、陣内さんは封印していた紀香ネタをついに。
しずちゃんはホステス役で、ノリカという名で、紀香さんがやっているCMのフレーズを口にしたり。
井上さんとエドさんは学校の教師が恋に落ちるネタで。
エドさんはいつもあまりに大げさな演技なのだけど、最後の方はハマってた。
設楽さんと小杉さん。
競馬場にて猪木さんにビンタされたことでもめてるコント。
ある意味バナナマンっぽいネタで、小杉さんには合ってなかったのかもしれない。

優勝したのは後藤・河本ペア。
いつもと違うペアでネタをするのは、どんな内容になるのか楽しみでいい。
また顔ぶれを変えてやってほしいですね。
それより、若手はみんなコントでしたね。
漫才かコントかという議論もなさそうだったし。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008年07月12日(土)

笑塾

テーマ:単発・特番
「お笑い男塾08夏 ~AGEAGE芸人育成システム」 テレビ朝日

入塾した若手芸人を叩き上げる番組。
生活指導に雨上がり決死隊、教官はFUJIWARA、宮川大輔、たむらけんじ。
塾長は中盤にちらりと顔を見せた坂田利夫師匠。
そのとき、バレーボールをマシンで大砲のようにぶっとばしていたのだが、宮迫さんは坂田師匠にも向けてぶっぱなすやんちゃぶり。
すごい男です。

そんなふうに体を張ったりしながら笑いを極めていく芸人たち。
1時間番組なのに、オープニングだけでもかなりの時間をとった様子。
公式サイトでその模様がほぼノーカットで見られるらしい。
塾の校歌を即興を歌わせたり、そんなかんじです。

一番笑ってしまったのが、ぐつぐつ煮えるTシャツを着るというもの。
むかし、ビートたけしさんの番組であったような、むちゃくちゃな感じがおもしろかった。
宮迫さんと宮川さんのSっぷりが最強なのだ。
むしろ若手芸人さんがこういうのに慣れてないように見えるのだけど・・・
まぁ、たまにはこんなのもおもしろいです。

笑塾公式サイト
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年07月05日(土)

ショートな笑い

テーマ:単発・特番

『爆笑レッドカーペット3時間満点大笑いSP』 フジテレビ

いやぁ、驚いた。
レッドカーペットで3時間なのかと思って見てみたら、あんな番組の抱き合わせ方法があったとは!
最初の2時間はレッドカーペットで、あとの1時間は『THE THREE THEATER』という番組だった。
でも前番組の司会3人はあとの番組にも一応出演していた。
それにしても、この番組は今田耕司さんの司会っぷりが見事だ。

レッドカーペットのラストに登場したのはウッチャン演じるミル姉さん。
懐かしい。
場末のホステスみたいな雌牛(笑)
こんなところに登場するのもまた驚きだった。

さて、『THE THREE THEATER』とは内村光良さんが支配人となって、3つのシチュエーションに沿ったコントをするという番組。
内村さんが脚本を書いたり、演じたりというのではなくて、若手芸人が(おそらくは自ら考えた)コントをやる。
狩野英孝、しずる、ジャルジャル、はんにゃ、フルーツポンチ、柳原可奈子、ロッチ、我が家の8組。
深夜にも放送されたことがあるらしい。
レッドカーペットとは違って長めのコントを展開するのだが、レッドカーペット芸人もいるので、こんなかたちでの放送もよいかもしれない。
ただ、芸人さんが手抜きすることのないように、シチュエーションにあったコントでないと、普通のネタ番組と変わらなくなってしまう。


『笑いの祭典 ゴールドステージ』 日テレ

確か、上の番組の翌日放送だったと思うけど……
どうにも二番煎じ的な……
1分、3分、5分とネタの時間が区切られた3つのステージ。
ネタが終わるとエレベーターで舞台の下へ消えていくという方式は、レッドカーペットそのもの。
出演者もかぶってる人が多かったような。

5分のネタはさすがに知名度の低い若手には任せられないのか、おぎやはぎ、アンジャッシュ、ブラックマヨネーズ、バナナマン、キャイ~ンが登場。
彼らの中でも一番のネタを持ってきたのかなっていうのは感じた。


新しい賞レースのお話。
吉本興業が「オロナミンC キングオブコント2008」を開催する。
10月に決勝戦が行われ、テレビでも放映されるという。
司会はなんとダウンタウンだ。
賞金も1000万円というから、単なるイベントとして終わるわけでもなさそうだ。
また楽しみが増えましたね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。