トムとあんずとパンダのニャンコ日記

飼い猫トムとあんずとパンダと飼い主のドタバタな日常をつづっております。笑いあり、涙あり、怒りあり(o^-')b


テーマ:
おやつをくれなきゃ
いたずらしちゃうぞ!

{BF954D41-FDF9-4049-8402-A8B98D6013E7}

黒猫が主役さ
ヘイホー

おいらダンディ黒吉絶好調


ハッピーハロウィン
イェー


{D018F00D-C693-4690-834D-984CEB93261D}

私も主役よ!

イェーイ
三日月様のお通りだい



最近夜な夜な
保護っ子黒吉と三日月が
意気投合し
大運動会でござる


おやつをくれなきゃ
いたずらしちゃうぞ!

おやつといえば
やっぱりアレよね
焼きかつお
とか
ちゅーる
とか


ハイハイ差し上げます
差し上げますから
ミッドナイトは安眠させておくれよー

って
あんたら
おやつあげても
いたずらノンストップじゃん

朝起きたら
水のボウルがアップサイドダウン
オーマイガ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前のブログの続きです

9/26に
三日月ちゃんから輸血してもらったクッキーさん

夜間救急で一晩かけて約2/3の量が入りました。
トータル25ccの輸血ですがゆっくりゆっくり様子見て行います。

夜間救急からかかりつけ動物病院へカルテがFaxされ(獣医師会会員の病院は連携が取れます)

オープン30分前から受け入れて貰える様に連携してくれました

正に命のリレーです

ありがたい
ありがたい

「寝てないんだから運転気を付けて」
ハンドル握る前に病院スタッフさんからかけていただいた言葉を噛みしめる

そうだ!私がしっかりしなきゃ
病院まで安全運転だー

到着すると
即輸血の続きです

クッキー頑張って

祈る様な気持ちで預ける

待合室で
きっと私は不安丸出しで隈だらけの憔悴しきった顔して待ってたのかもしれません

いつもは言葉少なな院長がわざわざ待合室まで来てくれ説明してくれました

輸血はあと2時間位かかりますが時間大丈夫ですか?

はい
今日は仕事がお休みですから大丈夫です

夜間救急で
パルボ検査したら陰性だったんです
と報告すると

検査キットでは30%位しかちゃんとでないからね
白血球数の激減はパルボと思って間違いないですよ

赤血球も物凄く少ないから
酸素を十分に運べない
だから身体全体で大きく呼吸してるでしょ?


今、ロウソクの火がユラユラする様に厳しい状況ですが
あと5日間持ちこたえてくれれば快方に向かっていきます

インターフェロンを投与して
やれるだけはやってみましょう

吐かない限り
規定量の給餌はしてくださいね

あとはこの子の生命力を信じるだけです


院長の言葉を噛みしめる


私のメンタルの事まで心配してくれての
声がけ
いつも病気の事ケアの事、質問たくさんしても
口の端をニヒルに上げて
一言ぐらいしか答えない院長が…


心遣いに泣きそうになった

私としてはパルボか免疫不全かやっぱり疑問は残るんだけど
もしかして両方って事もあるから
万全の対策を打とう!


長い時間かけての輸血が終わり
やっとウチへ戻れたクッキーさん

酸素室を手配する

ミルキーのターミナルケアで活躍した酸素室
手配したのに故白くんに間に合わなかった酸素室

最短で9/30搬入と言われた
クッキーが貧血と最初に言われた時に何で直ぐ酸素室を手配しなかったんだろう
いつもそうだ
後手に回る
バカバカ!私のバカ!
到着までクッキー何とか耐えてくれー

{25786306-A079-4019-8B76-9245FAF7DA34}

と言うわけで酸素室ゲット



もう一つの問題は
鼻チューブによる強制給餌
物凄く細い管だから
普通の流動食を4倍位に薄めないとチューブが詰まって使えなくなる
体重維持する為の規定量を給餌するのに4倍の量を入れなければならない
猫の胃袋は小さい
せいぜい20ccも入れれば胃袋がいっぱいになるだろう
クッキーの場合は一度に20cc入れたら即座に嘔吐したので(食べ過ぎて吐く状態)
それからは5ccずつを何回も給餌してきた。
鼻チューブの場合、メインの流動食の前後に必ず水を少し入れる。
チューブの先が食道でUターンして気道に向いてしまう事があり、水を少量入れてむせないか確認しなければならない。最後に水で流してチューブを綺麗にして次に備える。その水の分も考慮して何cc1度に給餌するか探りを入れる。
フルタイム勤務で不在になる為、強制給餌は朝と夜に集中する。
他の猫の世話や家事、自分達の食事にも時間を取られるから
頑張っても30分おきで1日10回の強制給餌が限界だ
1日50ccだと全然足りない
一回の給餌量を徐々に上げて
嘔吐しないギリギリの上限を見極めなくては!
一回の給餌量を5cc➡︎7.5cc➡︎10cc➡︎12.5ccと段階踏んで増やしいった

給餌回数を増やせないかと
睡眠時間を削る

時に2〜3時間仮眠して勤務
無理は承知

クッキーはもっと辛いのだから

1日125cc給餌しても
クッキーの体重は減る

保護時3.25kgあったのが
1.3kgまで落ちた

白血球数0からの復活を信じ
インターフェロン投与を続ける

免疫が落ちまくると
余病もかかる

皮膚常在菌が悪さして
膿皮症に
背中から腹にかけて皮膚が壊死しかかっている

抗生剤をプラスする
敗血症の心配まで出てきた
クソッたれ
負けるもんか!

クッキーはキリッとした目で私を見てる
ほれ、クッキーは頑張っているぞ
私もやれることをどんどんやろう

極薄の液体フードじゃラチがあかない
時間かかるけど高栄養ペーストを騙し騙し口に塗る
寝る時間減ったって構うもんか!

更に液体フードに
ミドリムシ
蜂の子粉末
液体酵素を投入

幸いクッキーは嘔吐もせず
時に健康な糞をする

少しずつ回復しているのか?
気持ち呼吸が浅くなってる
システムトイレのシートの尿の色が黄疸特有の色から徐々に薄くなってきた

院長が言った5日間持ちこたえてくれれば


ある日
奇跡が起きた
クッキーが起き餌を食べてくれた

{A9518079-35A5-49AA-B6E9-F44D1EAB343E}


目を疑った


{9D8B3262-5D12-4BA5-9897-C709DA3AF9BB}

{CE0092A0-1558-4E6E-918F-953398E69346}

ドライも
ウェットも
食べてくれた


真夜中なのに
にゃんこ組LINEに書き込む

クッキーが自力で食べたよぉー




   まだまだ話は続きます!
次回ブログで!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。