トムとあんずとパンダのニャンコ日記

飼い猫トムとあんずとパンダと飼い主のドタバタな日常をつづっております。笑いあり、涙あり、怒りあり(o^-')b


テーマ:
 先日、ボランティア先と私達が運営するにゃんこ組にと
たくさんの物資をご寄付頂いた、T様からご近所で保護中の猫さんの里親募集のご相談をいただきました

以下、T様からのメールの抜粋です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★

猫ちゃんについて、特徴や性格、また保護したいきさつについては下記の通りです。

 
☆ 2014年、8月中旬~下旬生まれ・・・・・・・・ 
現在 6ケ月くらいの男の子 
 
☆ 子猫のわりに 既に男らしい顔つき
☆ キリッとした目
☆ 鼻の下に黒いちょび髭模様
☆ かわいい桜色の肉球
☆ 好奇心旺盛で活発
☆ おもちゃ遊び大好き
☆ いまのところ健康・元気はつらつ!
☆ 病院に行く時も、移動中の車の中では
 とてもおとなしく、静かにしている
☆ 食欲旺盛
☆ 寂しがり屋 ・ 甘えん坊
☆ トイレはちゃんと躾できています。
 
 ** ワクチンは3月に2回目をうつ予定です。
 ** 去勢手術はまだ行っていません。
  タイミング良く里親が見つからなかった場合はこちらで実施する予定です。

 
※保護した経緯
 
☆ 現在70代のご夫婦が保護し面倒を見ています。
 8月中旬か下旬ごろに、生後数週間くらいの子猫4匹と母猫をみかけ、母猫が少しでも良い母乳が出るよう、ご夫婦で寝床を作り、母猫に猫缶などの差し入れをして子育てのお手伝いをしてきたそうです。
 
子猫たちも順調に育って、チョコチョコと元気に動き回っていたそうですが、秋に入った9月ごろ、気がついたら子猫が2匹しか居なくなっていたそうです。
その2匹を育てていた母猫が10月に入って元気が無くなり最後は2匹の子猫を抱きしめたまま死んでいたのをみつけ
この写真の1匹を現在保護してくれています。
{B9683664-4AB1-4F38-AFE4-1F02C645C8BF:01}



 
残りの1匹(女の子)ですが、ご夫婦が保護しようとした時に巧くつかまえられず諦めていたところ、隣の家で保護し、そのまま家族になったそうです。
ただ残念な事に、保護した際は車に轢かれたのか かなり危険な状態で、救急病院で一命は取りとめたものの、現在は下半身不随の状態です。
ですが、そのご家族は排せつの仕方や看護の仕方などを獣医師からしっかりと教わり大切にお世話してくれたお陰で、今では食欲もあり同居の2匹のねこちゃんもお互い励ましあっているかのように仲良してくれてるようで、本当に良かったと思います。
  
ご夫婦の話では、 亡くなった母猫は近所の飼い猫の可能性があり、妊娠してから捨てられたらしく餌もうまく確保できない状態だったので寝床を作り 差し入れしてあげたとのことでした。
  
母猫が亡くなる数日前に、母ネコの背中にごっそり毛が抜けた跡があったので、もしかしたら妊娠中に急に捨てられ、餌を取ったり子育ての苦労のストレスと、秋になり寒暖の差が大きくなった影響のストレスが溜まり、それが身体を弱める原因になったのかな・・とも思っています。
 
✿ 4匹のうち2匹は行方不明でどうなったかわかりません。
残り2匹のうち1匹は、重症でも心温かい優しい家族ができました。
残り1匹の男の子について、最後まで子猫を温め守りながら亡くなった母ネコの思いに応える為にも、心から安心して任せられる里親さんに巡り合える事が、ご夫婦と私の願いです。
どうかよろしくお願い致します(^ー^)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

{06FA95CE-33B0-4AD7-AB36-D4D0ACFC6D47:01}

仮称 チビ太君  とか 髭男爵君などと呼ばれながら
現在は保護主さん宅で生活しています

保護主さんは70代のご夫婦
チビ太君はまだ6ヶ月齢の子猫
保護主さん宅では年齢から終生飼育は難しいかもしれないのでと里親募集をしています

ご近所さん合わせて優しい方々に見守られ一生懸命子育てしていたお母さん猫
子猫を残して虹の橋を渡らねばならず
どれだけ心残りだったことか
せめて保護出来た子猫だけでも幸せになって欲しい

お話を伺いにゃんこ組でも同時に里親募集のお手伝いをさせていただこうと思いました

連絡先は  07053244433(にゃんこ組佐藤)

拡散協力お願いいたしますm(__)m

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
仙台市青葉区H地区にお住まいのKさんとはかれこれ3年くらいのお付き合いになります。

借家住まいで庭に来る外猫さんにご飯をあげています。

更に家の中で猫さんを多頭飼いしています。今は6匹

要は、外猫さんにご飯をあげているうちに懐いた子を家の中に引き入れ、完全室内飼いにしてきたんですね。

で、外猫さんも家猫さんも不妊手術は一部しか受けておらず。

まぁ、理由は、捕まらないとかお金がないとか、よくありがちな理由です。

で、
家猫さんは部屋で分離して増やさない様に現状維持

外猫さんは‥
この状態では増えますね。

過去に、こちら出身のハーロック君とポーコアコアちゃんをウチから里子に出しております。

Kさんには、お外の猫さんを何とか不妊手術させないと増える一方で問題は解決しないよと
何度も何度も言い続けて来ました

でも、ちっとも状況は変わらずヽ(´o`;

子猫が産まれる度に私に「どうしよう~」ってKさんから連絡が入る訳で

そんなのほっとけばいいと
言うは易し

ぶっちゃけKさん一人が困るんなら私はほっときます

ただね
ご飯をもらい続けている猫さん達を考えると
ほっとけないんですわヽ(´o`;

このまま放置して増え続けたら
ご近所トラブルとか
飼育崩壊とか
病気蔓延とか

ヤバイですよ

だからそうなる前に
ガッツリ介入することにしました

1/26
家猫のコアコア君7ヶ月を去勢
{E7C77EA5-C7C2-4BBA-8CFF-6C40C85C4D5A:01}




2/4
外猫さんは捕獲器に入らなかったので
家猫の花子ちゃん避妊手術
{4E05A8A7-0D19-4E6C-98F0-F4AFE0C03076:01}


2/6にも捕獲大作戦やります
外猫さんかからなければ
家猫のヨタロウ君かヤワコちゃんを手術予定。ただこの2匹もあまり触れない子らしく実行できるかはやってみないとわからない

やれやれ‥


外猫さんは
メス1匹オス2匹が未手術
家猫さんは
ヨタロウ君とヤワコちゃんを手術すれば全頭完了


子猫が生まれる季節はもうすぐ

いそがないとね


頑張ります
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{85CEDF50-F6CE-4DE4-98DB-3AE830791651:01}
{81F7926A-30D2-49C2-B54A-F5A9947D0172:01}

近所の地域猫  サビちゃん
優しい餌やりおばあちゃまのお庭で
毎日ご飯を食べて
そこのお宅の縁の下を住処にし
子育てをし
自由奔放に生きた子

賢く、捕獲器には入らず
避妊手術までの道のりは長く
サビちゃん含め娘息子孫合わせて里親探しやTNRに私が関与した数13匹

1/29早朝永眠
推定8~10才

外猫さんにしては長生きでした。
最近は痩せてきていた様でしたが
触れない外猫さん故病院搬送は難しく
おばあちゃまに見守りだけお願いしてました。
1/28の夜に
大好きだったカニカマを半分食べて

翌朝縁の下のおばあちゃまが設えてくれたベッドに眠る様に事切れていました。

最後に産んだ息子達ゴンボ君とチョロ君に見守られて


避妊手術の際、獣医師会の補助金を受けマイクロチップ装着してあったので、執刀医に連絡しました。
TNRは手術してリリースしたら終わりではありません。手術後の猫さんに給餌を続け、見守りをし、最期を見届けるまで‥餌やりさんの責任とはそうあるべきではないでしょうか?


私の親友である僧侶にサビちゃんの為にお経をあげてくださいとお願いをしました


今朝、サビちゃんの遺影をおばあちゃまにお届けして
二人でお茶をいただきながらしばしサビちゃん談議をしました


サビちゃん、貴女は幸せでしたか?
子供たち、孫たちはみな元気でいますよ

今までありがとう
サビちゃんというスーパーお母さんがいたことを私たちは忘れないでしょう

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。