PTA会長として卒業式の来賓祝辞

テーマ:
卒業式の来賓祝辞





PTA会長は、学校の式では来賓になります。

なので、来賓祝辞があります✨

とっても光栄なことです。


でも、でも、
そんな節目の大きな式で
お祝いの言葉を述べるなんて

すっごいこと
ですよね!


4月の最初のお仕事は
入学式の祝辞だったけど

あのときは
ド緊張するだけで
あれこれ考える余地なんてなかった。



でも、卒業式の祝辞は
卒業生の大切な式でもあるけど
PTA会長としても
1年のしめくくり



わたしの場合
わが子が6年生にいるので

純粋に保護者としての思いも入れながら
去年の12月あたりから
文章を考え始めていました。



でも、やっぱり
この3月になって
ぐっと
切羽詰まってきて
祝辞が形になってきました。



卒業式の1週間前には
文章を考えていると
色々と思いがしみてきて
を流しながら
文章を書き換えて


子どもたちへの
愛しさが
わいてきて
泣いて


卒業式にお祝いの言葉を
贈れることが嬉しくて
泣いて


ほんとによく
泣いていましたぐすん



そんなこんなで
前日の夜の九時くらいに
祝辞ができあがりました。

学校のテーマカラーである
若草色を台紙にして❤
中にはA4の紙が1枚貼られています。


表紙にお祝いのシールを貼って🎵




ふつうは
扇子折りにするけど
他の学校で来賓祝辞を読む
区議会議員さんが
この形にしてて


あっ、いいな
と、おもったのです。

文字は小さくなるけど
全体が見えるのが
とても良いです。




でも、それでも
当日の朝に

あっ、やっぱり
ここの文章はこうしたほうがいいなー
とか、
ここを細かく解説しないと
聴いてる6年生に伝わりにくいかなー
とか、出かける直前まで直していました。


そして、迎えた本番!

泣きませんでした!

保護者として言葉を語るとこは
ウルッとしましたけどね。





お祝いの時だから
ちゃんと送りたかった❤


最後の結びの言葉のあと


「6年生の皆さまへ、
愛と感謝をこめて、おめでとう
そして、ありがとう」

と、笑顔で言えました❤






わたしね
PTA会長の間

自分の愛を出すのが怖かった。

だけど、この祝辞は
愛に溢れていたと自負しています❤

愛は
駄々漏れだし
勝手に出ちゃうけど
1年、自分に遠慮してた。

でも
最後だから出せたし
遠慮していたことで
丁寧に出せる自分に成長していました。

とてもきれいな形になってました❤

わたしがもともと持っていた愛

だから
祝辞は落ち着いていられました。

最後だから出していいよね

って自分で自分を許せたんだと思う。



祝辞に対して
お褒めの言葉をたくさんもらったけど、

ありがたく
受けとる気持ちの他に

わたしがやっと自分の愛を
素直に丁寧に出せたことを
神様がみんなの言葉に乗せて
教えてくれたんだな

って、感じました❤


ありがとう❤
AD