オカノブラストOFFICIAL BLOG 

スタッフが受託加工内容を紹介


テーマ:
今日は朝から大阪府立産業技術総合研究所に来ています。
目的は圧縮残留応力の測定です。

金属組織の観察や表面硬度の測定は弊社でできるのですが、
圧縮残留応力測定は装置が高価で、専門の知識が必要になるため、
産技研の先生と一緒に測定します。

実際の装置がこれです。

$オカノブラストOFFICIAL BLOG -2012.8.1

WPC処理により、高い圧縮残留応力が付与されて
耐久性を格段に向上させていますが、
実際はどの程度の応力が付与されいるかを数値で確認することができます。


測定結果は弊社のHPに更新予定です。
ご興味のある方はお楽しみに!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>