ニュージーに移住目指してうほとほ日記

2011年10月四十路オンナが夫と息子おいて娘連れてNZへ。就学後苦難を経てフルで職を得るも、働くのに娘を強制帰国。ワークビザをGetし子どもらとの生活を開始。さらに困難の転職を成功するもビザ更新の危機。再び娘は帰国。この家族にFinal Stageはやってくるのか!?


テーマ:
 
 
おはよー。今日も天気よさそう。
 
 
tomtomです。
 
 
最近、気づいたことを少しばかし。
 
 
 
 
実はtomtomさん、このご時世だけど手紙を書くのがキライではなくて。
 
 
 
これを前提に。
 
 
 
海外にいる家族との連絡方法。
 
どうされていますか?
 
 
あの便利だったaccessカードが利用できなくなってしまい、代替のものがどれがいいのかわからず、結局買えていないという現状。
 
おまけに、日本の家族とは電話でなくラインで話をするためそんなに緊急性のものでもないんだけどね。
 
だけど、ウチの親はインターネットから遠い存在で、早く言えば利用を挫折した組だし、ケータイなんかも持ってないし、実家の電話は平成を迎えて30年にもなろうかというこの時代に、未だに黒電話黒電話だよ。マジよ。
 
留守電もないっちゅうね。アナログ回線だよ...。
 
 
とむおが幼少のころなんて、「コレなに〰?」って黒電話のことを聞いてた記憶があるけどさ。
 
なので直接の連絡が取りづらいワケ。
 
 
そんでも格安電話カードがどこに売ってるかもわからないから、ほったらかしてる間に、ちーこの登校キョヒとか問題が出てきて、仕方ないから親に手紙を書くことにしたの。電話すりゃー早いのに届くまでに5日ほどもかかるなぁって思いながらさ。
 
 
使ったのがコレ。
 
 
エアログラム。
 
買いだめしてるのをちょこちょこ使用。
 
便箋と封筒がいっしょくたになって、封筒で送るより割安なんだよね。
 
 
日本にもあるね。
 
国内用(郵便書簡といって、定形封筒が82円のところ、これは62円)と国際用(航空書簡といって世界中どこでも90円)とかさ。
 
コレが日本の航空書簡。(写真、お借りしました)
 
 
で、ポストショップ(ってこっちでは郵便局のことを言います)に持ってって、切手を買うことに。
 
ニュージーでは送る国ごとに料金が異なるようやね。このエアログラムが10枚つづりでいくらだったかもう覚えてないけど、切手にまたお金かかるの...?ってな気持ちもあったりするけど、封筒よかやっぱ割安。
 
 
で、ショップの店員。
 
2.7ドルです!  キッパリおっしゃる。
 
いや....あの、コレ、エアログラムなので2.1ドルだよ
 
えっ?  ああ、2.2ドルだね。きらきら!!
 
上がったんですか?
 
そうだね。上がったんだよ。っていうか、コレ、見たことないな。もうないよ、コレ。
 
えっ汗  もう売ってないんですか?
 
 
 
 
ということで、エアログラム、販売終了したよう...。おまけに短期間にボンボン上がる郵便料金。
 
 
手紙の時代の終焉.....スカね?
 
 
 
でもあと6枚も余ってるからな...。そーいえば前回コレ使ったときも、封筒の値段(つまり高いほう)言われたな...。おそらくあと6回同じ会話すんで。たぶん。
 
 
 
ちゅうか、そもそも郵送料めっちゃ高いよなー。日本のソレとケタちゃうで。手紙を外国に送るんに300円ほどかかるっちゅうことやで。日本やったら100円でおつりくるのにな。
 
紙に向かって書きたいことを整理して、一筆、一筆気持ちを伝えるのって大事やと思うんよね。ちょっと郵便料金を安くして文(フミ)の文化継承を促すっていうのはニュージーではムリなんかなー。
 
ワタシのクライエントさん、90代も多くいてはって、インターネット使う人もいてはるけど、使わない人もいて、手紙を書く人がいてる。ときどき、ポストへ投函を依頼されるけど、高齢者世代サービスってのがあればいいのにね。インターネット使わない(使えない)人で郵便代安くしますっての。
 
 
手紙やハガキって届いたらスッゴクうれしくないですか?  手から手へを通して届くものってちっとカンドーするんスけどね。
 
 
 
ワタシも時代に取り残されちゃうのかなー。
 
 
 
ではまたにー。バイバイ  よい日曜を♪
 
 
 
ここ都会のオークランドは絵はがきショットっていっぱいあるねー。写真撮るの上手だったら朝焼けとか夕焼けとかキレイに撮りたいなって瞬間はいっぱいあるよね。
 
ではポチンとくださいねー。あんまし順位どこにいるのかも知らないけど...

にほんブログ村
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

tomtomさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。