ニュージーに移住目指してうほとほ日記

2011年10月四十路オンナが夫と息子おいて娘連れてNZへ。就学後苦難を経てフルで職を得るも、働くのに娘を強制帰国。ワークビザをGetし子どもらとの生活を開始。さらに困難の転職を成功するもビザ更新の危機。再び娘は帰国。この家族にFinal Stageはやってくるのか!?

ブログに訪問ありがとうございます。




「移住目指して」と題していますが「永住権目指して奮闘中」という内容のブログです。


子どもたちは3人。長男とむおYear11(日本だったら高1)、現在NZの高校生。ワークビザ更新に伴い、日本へ帰国となった小3の双子の女の子、長女むるこ、次女ちーこ。




夫は日本で仕事を継続中。




約2年の老人ホームでの介護士勤務、苦難・受難・困難プラス涙、涙の転職活動を経て、Welfare Workerとして在宅クライエントと地域をつなぐ仕事をしています。




NZ生活七転八倒、ホンマに未来は開けるのかの毎日。




2013年1月から2014年5月までの記録(ブログ)は


こちら→ http://fanblogs.jp/nznikitade
NZの専門学校を終了する前後からの移住生活を綴っております。よろしければご覧に なってください。


テーマ:

 にほんブログ村



ニュージーランド(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

 

こんばんは。

 

 

お元気ですか。

 
 

今日はガールズトーク。

 
 
 
それも70年代後半から80年代、小学生だった女子で「なかよし」派のミナサンに向けて。
 
 
 
ずーーーーっと書いてみたいテーマだったんだけどね。
 
 
まいちさんのブログで、いやー、書かれちまったーって思ったんだけどさ。
 
 
そんで最近、別のブロガーさんがキャンディキャンディの画を担当した漫画家さんの美術館について書いてはったので、目がキラキラしてさ。
 
 
ワタシ、キャンディキャンディのファン。
 
 
コレね。
(画像からお借りしました。問題ありましたら即削除します。)
 
 
オンタイムで漫画も読んでたし、アニメも見てた。
 
 
挿入歌も終わりの歌も歌える。
 
終わりの歌は、バラード。
 
明日はどこから
生まれてくる~の~ルンルン
 
で始まるやつ。
 
 
 
ちょっと横路それるけど、
 
ワタシが子どもんころのアニメって、終わりの歌がバラード調というのは多かった。
 
キューティーハニーとか、トム・ソーヤの冒険とか、一休さんとかさ。(ハイ。全部歌えます。誰かカラオケ行こう🎵)
 
 
 
キャンディに話を戻してさ。
 
 
 
それこそ小1くらいからさ、
 
 
アニーやらテリーやらアルバート
 
なんてさ、
 
 
なじみのある名前なワケ。
 
 
ほんでまたバグパイプといえば
 
 
丘の上の王子様!
 
 
 
キルトを着てバグパイプを持っている人を見ると
 
王子様~!ってゼッタイ目がいく。
四十路のおばちゃんになっても。
 
だけどさ、
 
なんかの行進でバグパイプ集団見てゲンナリしたことが。
 
 
 
王子様となんか違う...
 
 
 
金髪の王子様が
 
オチビちゃん、笑った顔のほうがかわいいよ
 
 
ってゼッタイ言わなそうなね。
メガネかけて小太りでね...。
 
思てたんと違う...
 
 
イメージくずれまくりで。
 
 
だけど
 
 
キャンディ自身が描写したバグパイプ 
 
 
 
カタツムリがたくさんはっているような音
 
 
ってのはピッタリだな、なんて思ってさ。
 
こういう音なのかって。
 
 
 
で、
 
 
 
初めて、
テリーに会ったのはオーストラリアだった。
 
 
 
が。
 
 
 
腹が出てて、中年オヤジでさ。
 
 
 
マジであんた、
 
テリー?(テリュース・G・グランチェスター)?  貴族の出だとかいう、あの??
 
 
みたいな。
 
 
何も知らないギャージンさん、めっちゃメーワクだよね。
 
 
ほんで
 
前の職場に
 
パトリシア
 
 
って女性(軽く90代!)がいらっしゃったんだけど、
 
 
やっぱり
 
パティ
 
って呼んでいいスか?
 
 
って聞いたよね。
 
 
耳が遠いのと、英語力不足で通じなかった模様。
 
 
 
 
でもね、やっぱ
 
憧れの漫画のアノ人になっちゃうの。名前聞くとさ。
イメージが出来上がりまくりだから。
 
 
 
初めて会ったニールは
 
 
 
意外にもめっちゃいい人やった。
 
 
なんや、ええとこあるやん。(だから別人やて)
 
 
で、アニー。
 
なんでか中国人で...。
 
え....you?  Annie? ってリアクションでさ。ロングの黒髪でも、ニセモノって思っちゃってさ。(ホンマにいいメーワクだなっ)
 
 
 
アーチーとステアにはいつ会えるんだろう。
 
 
アンソニーには何度も裏切られた。
 
 
 
 
有名なアンソニーホプキンスはコチラ。
 
 
 
 
アルバートって、今じゃ
 
 
 
マウント つく  or   ストリート?  みたいな。(笑)。
 
 
唯一会いたくないのはスザナだな。あんたのせいで、別れちゃったじゃないの!とか言いそうで。
 
 
あー話、止まんない。
 
 
なんていうか、キャンディキャンディはそんな漫画だよ。その後の人生に大きく影響された人も多いと思う。
 
 
看護師って仕事の中身を知ったのもここだったし。(実際にキャンディに憧れて看護師になった元同僚がいた)  女性の自立を早くから描いてる数少ない漫画のように思う。
 
 
結婚前の男女が一緒に住むことが問題になるなんて大きくなってわかったのも ここからだったし。(記憶喪失のアルバートさんの看病のため、兄と偽って一緒に住んでいたキャンディ)
 
ずいぶん大きくなって、第一次大戦時の話だってわかってさ(オーストリアの皇太子が暗殺されたとか出てくるしね)。ステアが亡くなったときはその回がなかなか読めなかった。戦争はイヤだなって。
 
 
海の向こうの人の名前をぐっと身近にしてくれただけでなく、男女の別れのせつなさとかさ、潔く身を引くこととかさ、たかが少女漫画だけどされど少女漫画なんやて。
 
 
 
実家には文庫でそろえたキャンディキャンディが全巻そろってるけど、テリーとの別れのシーンとか思わぬ再会シーンとか泣けるとこいっぱ
い。
 
 
人生の悲喜もここから学んだっていうね。
 
 
ああ、もっかい読みたいわー。ちゅうかしゃべりすぎた。
 
 
じゃ、またにー。おやすみー。
 
 
キャンディからアメリカやイギリスの地名もよく教わった。ここはオークランドだけど。   ポチリとね!


にほんブログ村

 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

おはよう。

 

そーいえば、8月11日って祝日だったんやね。いつからだ? むるこがカレンダーを見て、

 

休みーわーい!!

 
って喜んでたけど、「それ、二ホンのやつ。アンタ、学校あんで。」って言うたらすぐ撃沈してた。
 
とむおと違って、あれこれまだいろいろ注文してくれたりしてくれるので、奥歯がギュってなる気持ちだ。
 
 
tomtomさんの一日は早朝から始まる。
 
起床してすぐお弁当と朝食づくりとモーニングティー準備。
 
 
まだ楽しくやってるレベル、かな。
 
あるクライエントさんから、
 
”女の子ばかりになって、食費ってだいぶ浮くようになったんじゃない?”って聞かれた。
 
 
うーん...まだ計算してないけど、言われてみればそうかも。
 
 
コメのなくなりがめっちゃスロー。一日、2合で余る。とむおのときはちょうどいいか、少し足りないくらいやったかな。
 
 
先月日本に帰った際、いきなり5人に戻ったので、すさまじい勢いで冷蔵庫のものやらコメやらが減るので(子どももそれぞれ大きくなってるし、以前と食べる量も違うしで)、えええー!?って思ったことが。
 
卵とか、売ってるパックって1ダースでしょ? こっちみたいに30個とかちゃうやん?
 
ウィンナー、ちっさいし少量でしか売ってないし、ちびちび買い物すんのがメンドくさかった。
 
 
話がそれた。
 
 
えっと弁当づくり。
 
 
一回聞いたんよね。学校始まる前に。
 
 
 
とむおはさぁ、二ホン風のお弁当嫌がっててんけど、あんたらはどう?
おにぎりとかおかずとか入ってるやつ、作ってええんかな?
 
むるこ;ええでー。
ちーこ;うん。
 
なんか、みんなと違うのがとむおはイヤやったみたいでさー。
 
むるこ;違うからええねんやんかー。
 
 
 

ハイ。そうやんな。

 

 

 

ピッタリと言うので、すっきり。

 

ということで、今日は和風。

 

 

うなぎ風のごはん混ぜ混ぜに、

 

定番のウインナー、卵焼き、ブロッコリーとトマトのつけ合わせ。

 

 

ピカチュウのお弁当箱は、友達がワラワラ寄ってくるんやってさ。

 

 

 

 

今週も始まるね。またにー。

 
 
大きいお弁当箱が一個減った我が家。ポチリとくださいね。


にほんブログ村

 
 
  

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 にほんブログ村



ニュージーランド(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

 

おはよう!

 

お元気ですか。

 

 

あるブロガーさんも日本に一時帰国だとか。いいやーんハート。楽しんできてくださいー。

 

日本に帰ったらしたかったことのひとつに、

 

 

映画 ”昼 顔” 見に行く

 
ってのがあったのだけど、レディースデーとかチェックしてたけど、結局ムリで。(ネタバレなしでお願いします。)
 
 
いずれにしても、日本の楽しみ方って人それぞれだよね。そんで暑くって思ったよか食べれんかったし汗

 

 

 

じゃ、続きいってみよー。ここまでひっぱってごめんねー。ひっぱる予定でもなかったんだけどね。

 

 

  • 2016.08 ワークビザ取れたこともあって積極的に転職活動に精を出す。とむお、地元中学のバスケ部に入って活躍する。
  • .11 地方都市まで面接に行く。→ 撃沈。とむおだけが喜ぶ。
  • .12   とむお、中学卒業する。

 

 

  • 2017.01   転職活動自信なくなる。ヤル気のでない時期を過ごす。とむお、入学前にひと悶着あるも、地元高校無事に入学。
  • .03    下旬、ワークビザ、申請する。
  • .05     2ヵ月待ってワークビザ、おりる。移民法改正により、永住権申請時に一定の年収が設定される。一方、同時に介護労働者の賃金大幅アップ決定歴史的勝利ニュース報道。日本ではちーこが登校渋り始める。
  • .06     とむお、日本に帰ることを決意。
  • .07     とむおとともに一時帰国。大幅賃金アップもあり、双子の学生ビザゲットリベンジを果たす。tomtom、双子を連れてNZに帰国。再び3人の生活が始まる。

 

 

なんちゅうか当たり前だけど、この6年ってさ仕事探しの苦労につきるね。永住権を取得するにも生活するにも、収入なくっちゃ話にならないし。

 

あと、子どもを連れて来てるので、こっちでのやりくりとかね。大変やった。

 

子どもが大きくなればなったで、子どもにもコミュニティができてるから、簡単に引っ越しとかいえなくなってね。

 

とむおの猛反対にあったりさ。

 

 

永住権のために仕事はいる。→ 見つかっても子どもへのフォローがまた大変...。ふうー号泣

 

 

今後さ、オークランド以外で仕事見つかっても、年収でたぶん引っ掛かりそうだしね。求人も少なけりゃ、給料も下がりそうだし...ガクリ

 

 

あるとき、独身で若い女の子から

 

"tomtomさんも◯◯(オークランドじゃないとのろで就職した)に来たらいいのにー。子どもたちだって経験したら強くなるはずー"って言われたんだけど、まァ、確かにそうなんだろうけど、そう簡単にはナニゴトもうまく進むワケなくてさ。

 

 

 

tomtomさんの今後ってどうするん?  

 

どうなるん?

 

 

 

なんとも言えない。

 

まずは、双子たちのフォローがいるからね。馴染みのある学校で、ホンマに楽しんで行ってる。特に、ちーこの激変にはビックリなので、しばらく見守らないといけないだろうし。

 

 

これでさらに転活ってガツガツできるんか..、ちゅうか、ワタシ自身今後どうしたいの?

 

 

正直言いましょう!

 

 

働くのは好きです!

今の仕事は、前職より楽しい!

年収もクリアした! 

 

 

だけど現職では永住権申請はできない。

 

 

そもそも、NZは歓迎してねぇーし。

 

 

あまりそうNZに執着することもないんじゃ...なんてことも思う。人生、選択できることはいろいろある。

 

 

というか、困難性からいって日本に帰ることの可能性のほうが高いから、日本に帰るタイミングもあるし向こうでの仕事探しの困難性も年を重ねるごとに難しくなるだろう。ダラダラといるのもダメだろうな。

 

 

で、いきついた先が、

 

 

とりあえず楽しもう!

 
これまで苦難、受難、至難のほうが多かったように思うから、せっかくなら楽しく過ごさねば。
 
 
これまでできんかったことをしたいぜぃ。
 
 

 

今後の方向性についてのボヤキはたぶんまたすると思うけどさ。

 

 

 

じゃーにー。よい週末を。ポチリとねー。

 


にほんブログ村 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
  

 



仕事にも難なく復帰した。NZでの日常が戻っている。

 
ちーこの風呂上り。
 
タオルを髪に巻きながら、
 
見てーインド人ー。
 

とかやってるのに苦笑しながらの毎日。こーゆー日を待ってたんやて。なんかおもろすぎ。むるこは小姑でウルサイし。「おかあちゃん、電気ココ消してない」「部屋、もっと片づけて」とかさ。
 
 
 
さて、6年を振り返る続きだけど...。
 
 
読者さんが、どれだけ、ウチの事情ごぞんじだろう。
 
 
なんなく書いてるけど、結構大変やったんやで。マジで。
 
 
うれしいこともそりゃいっぱいあって、泣きたいこともウザいこともあって、それを踏まえてどーぞ。
 
 
 
とむおと双子らがそろった2014年というのが一番記憶になくて。遡って読み返さないと、パーっと思い出せない。
 
 
 
 
 
 
2014. 06  永住権申請のために就いたばかりの職だったが、転職活動を始める。
.08  双子、スイミングスクールに通い始める。
.10 とむお、Kiwiのクラスメートに誘われて野球チームに入る。
 
2014年、初めて子どもをNZの学校に行かせてみたが、勉強の進度がよくわからずワタシも手探りだった。居心地よく学校生活を楽しんでる3人を見て、来てよかったとつくづく思ってたこのとき。
 
 
2015.01 Big Nanny が帰国。3人の子どもの日常とフルタイムの仕事とを一手にすることになる。
.02  双子、バレエスタジオに通い始める。
転職活動が芳しくなく、思い切ってプロにCV作成を委ねてみる。
.03  転職インタビューに行くも撃沈。
.07  1年と8ヶ月いた老人ホームを辞め、元同僚からもらった情報で、今の会社に転職。合わせてビザの内容を変更する申請を行う。
.08  子どもたちと共に新しい生活に慣れるのに苦労する。
.12  ワークビザ申請するも、直後にイミグレから説明を求める手紙が来る。のため、落ち着かない新年を迎えるはめとなる。
 
2016.01  Big Nanny、3度めのNZ訪問。
ビザ、一旦申請を差し戻し、書類を揃え直す。
 
.02  tomtom、子ども3人の計4人のビザ申請を改めてする。月末から翌月にかけて、再度説明を求める手紙がイミグレより申請者一人ひとりに順に1週間ごとくらいに届く。
 
精神的疲労MAXとなる。
 
.03  月末、ビザ却下の通知が来る。途方にくれる間もなく、双子の帰国準備、これからの方向の決断を行う。
 
.04  Big Nanny、双子を連れて帰国。双子、帰国後すぐ学校編入の手続きを経て日本の公立の小学生となる。
tomtom、一縷の望みをかけて、Reconsiderationの申請を行い、再度ビザ取得のために奔走。
 
下旬、ワークビザおりる。
 
 
 
 
ここからのあとの話 、すぐ思い出せず。前後編で終了するはずだったけど、次に最終編へ。
 
 
 
振り返ってみたら、個人的激動だったってだけでどってことのない6年だったのかも。
 
だけど、飽き性のワタシにしてみればちょうどよい変遷だったのかもね。
 
永住権の必要性とか、そもそもなんでNZ?とか、考えさせてもらえた。あと、日本のここがイヤやねん、イイねんも見れたりさ。
 
 
 
ありがたい6年だったよ。
 
 
ってかまだ移住生活は続くんだけどさ。
 
 
またにー。あひる
 
 
USJにて。
このとき、早朝6:30am。でないとハリーポッター、ホグワーツ城は長蛇の列になっちゃうー。機嫌よく3人で開門を待ってたよ✨
 
 
 

ポチンとくださいね。こないだ日本で食べたのはカツ丼、ざるそばセット、950円だったかなー。

にほんブログ村
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

  

 

 

 

週末、いかがお過ごしでしたか。

 

 

 

うちはゆっくり過ごしたよ。とむおには、ギャーギャー言いまくってやっと起きるくらいだけど、女の子はさささっと自分で自分のことができるのでラクだなー。

 

ほんで、日本列島、台風来てるって? 幸いに欠航とかならずに無事にNZに帰りついてるけど、日本のみなさん、猛暑でもあるしお気をつけて。

 

えっとなんだ?

 

あ、そうそう。

 

娘らがこっちに帰ってきて、あーまたNZでこのトリオかーって思ってさ。

 

そういえば来月でまる6年のNZ生活となるワケだよ。

 

 

 

ちょっと年表にして振り返ってみた。

 

 

2011.10 tomtom、双子、Big Nannyの計4人、オークランド到着。このとき、visitor visa。数日後に家と双子らの保育所見つける。

    11  双子、地元保育所に通う。同時にtomtom英語学校開始。

     12 冬休み、オットーととむおがオークランドに遊びに来る。

 

2012.03 tomtom、英語学校終了。無事専門学校入学決まる。visaを学生に切り替える。IRDナンバー取得し、収入を得るため某店でアルバイトを始める。

         06 学校で実習始まる。初めて引っ越しする。Cityからノースへ。引っ越しに伴い、双子らの保育所も近くに変わる。

   10 アサイメントに追われる。土日なんか一日中パソコン、辞書眺める日々。2回目の実習開始。

    12 Big Nanny帰国へ。就活準備。

 

2013.01 卒業確定し、移住ブログを書き始め、本格的に就活を始める。出しても返事のない就活にすでに疲れる。

    02 専門学校卒業。卒業式に出席。

    03 オープンワークビザに変更。学校の先生の口添えで派遣で働き始めるも、幼児だった双子の育児と仕事の両立に悩む。収入も不安定でストレスとなる。

(ちなみに、この派遣会社はすでになく名前も変わっている。)

    05 就活と仕事とに疲れ、1カ月双子を連れて日本へ帰国し、リフレッシュ。

    06 NZにもどってすぐ、パートで仕事が決まる。定時間働けるので気分はずっと楽に。友人の協力を得ながら仕事をする。

    07 思ったように収入が増えないので、家賃の安いところに2回目の引っ越し。

    08-09 フルタイムの仕事を見つけるのにセミナー出席など奔走。ボランティアも始める。

    10 フルタイムの仕事を老人ホームで見つける。フルで働き、ワークビザを今後得るために、一旦双子を日本へ帰す。久々の一人暮らし。

 

2014.02 オープンワークからgraduation job experience(現在名称変更)へ。2年のワークビザを得ると同時に、子どもたち3人の学生ビザも取得する。

    03 とむおの日本の小学校卒業式に出席するために弾丸帰国。

    04 子どもたちと住むための家を探し、3回目の引っ越し(今に至る)。とむおがNZへやってくる。

    05 双子とBig Nannyが再びNZへやってくる。5人のにぎやかな生活が始まる。

    

 

 

疲れたので続きはまた今度。

 

 

サクサクと書いているけど、当時のブログを読むと子どもをどうやってみるとか、仕事との兼ね合いとか、ホンマ大変やったなーって思う。ちゅうか、今後どうなるんやろうってな気持ちのほうが大きい。

 

 

ではまたにー。

 

 

 

久々に行ったマレーシア。

 

ちょい辛のココナツスープ、やっぱうまーい。日本では味わえなかったわ。コレ。

 

 

 

 

久々のプケコに喜んでた双子。ポチっとねー。


にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。