1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年04月25日(火) 07時51分28秒

【船井総研物流研究会LPS4月度例会】茨城乳配の冷凍・冷蔵食品物流ブログ

テーマ:副社長の日記 研修・勉強会・セミナー

茨城県・栃木県の冷凍・冷蔵食品物流なら茨城乳配にご相談を!!

 

 

 

ブログ更新1556回目。

 

 

 

 

 

船井総研社主催の物流研究会LPSの4月度例会に参加してきました。

 

 

今回の外部講師講座のテーマは以下の2つ。

 

①物流企業のための荷主との価格・条件交渉のノウハウ

 

②物流企業のホールディングス化事例大公開

 

 

特に①についての学びが大きかったように感じます。

 

現在は、人材不足や原油高騰など物流原価が上昇しており、

 

荷主企業との話し合いが必要な時期に来ていることから、

 

どのような視点をもって交渉するべきかを学べたことは収穫でした。

 

 

 

印象的だったのは、事前準備のフェーズ。

 

先方とのコンタクトフェーズも大切ですが、すべては事前の準備で

 

70%決まるとお話がありました。

 

やはりどんな活動でも準備の精度をどれだけ上げられるかに

 

よって結果が大きく変わるということなのでしょうね。

 

 

準備の大半は分析。

 

環境分析や荷主企業の業界分析に加えて、価格に最も影響力の

 

ある4要素、Q・B・S・R分析の紹介がありました。

 

 

Q クオリティ   品質に関わる要素

 

自社が提供している品質が高ければ、交渉力が高まる

 

 

B ブランド    ブランドに関わる要素

 

自社のブランド力、例えば信頼性、実績などが高ければ

 

交渉力が高まる

 

 

S スイッチング  変更時のコストに関わる要素

 

5Fでいうスイッチングコストの概念と同じで、特異なサービスや

 

強味また契約内容によっては、他社への切り替えリクスが低くなり

 

交渉力が高まる

 

 

R リレーション  顧客との関係性に関わる要素

 

強い営業力や付き合いの長さ、トップ同士の人的つながりなどに

 

よって交渉力が高まる

 

 

おそらくこの4つの強弱を補完させ合いながら、通常は関係性を

 

維持していると考えられます。

 

問題は、自社の視点と顧客の視点に相違がないか?という点。

 

自社的にはクオリティを評価されて契約してもらっていると思って

 

いても、顧客は長年の付き合いだからという理由で契約して

 

くれている、なんてことは意外に多そうです。

 

 

 

読み間違いは交渉の出口に大きな影響を与えます。

 

感覚に頼らず、一度言語化できる程度まで分析を行ってみようと

 

思います。

 

 

 

 

 

茨城乳配で働こう!採用ページは こちら  から。

 

 

茨城乳配ってこんな会社。会社概要は こちら から。

 

 

茨城・栃木での食品の共同配送をお探しの方は こちら から。

 

 

 

 



↓ランキングに参加中です。クリックのご協力をお願いします!!

 


にほんブログ村


運輸業 ブログランキングへ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年04月24日(月) 07時47分01秒

【速読法の勉強会に参加】茨城乳配の冷凍・冷蔵食品物流ブログ

テーマ:副社長の日記 研修・勉強会・セミナー

茨城県・栃木県の冷凍・冷蔵食品物流なら茨城乳配にご相談を!!

 

 

 

ブログ更新1555回目。

 

 

 

 

 

ご縁があって、ある速読法の勉強会に参加してきました。

 

 

マインドマップを利用して効率よく本を読む手法を解説していただき、

 

実際に45分で1冊の本の読破にチャレンジしました。

 

 

 

本をなんとなく読んではいけない。

 

この言葉が響きました。

 

その本から何を得ようとしているのかがハッキリしない本は読まない

 

ほうが良い。

 

読むからには、集中して読む。

 

環境を整えて、姿勢を正して読む。

 

本を開く前の準備段階ができていなかったことを痛感しました。

 

 

実際に本を読むスピードは見開きを約8秒ペースなんですが、

 

目的がしっかりとしていれば関連する言葉が浮き上がって見える

 

感じになります。

 

 

 

私が選んだ本は、「High Output」。

 

340ページくらいのビジネス書でした。

 

それをマインドマップに書き込みながら整理していくと、およそ

 

45分で読了。

 

 

はじめて書いたマインドマップは、お世辞にも綺麗ではないし

 

まとまりのないものですが、読了後にこれを眺めてみると

 

なんとなく本の内容が判る気がします。

 

 

ただ、不安なのは「本当に著者はそう言いたいのか」っていう

 

ところ。

 

時間に追われて勝手に解釈してしまっていないか、実は逆のことを

 

言いたいんじゃないか。

 

そんなことが頭をかすめますが、今回の本を少し時間をかけて

 

読んで検証してみようと思います。

 

 

 

素晴らしい経験をさせていただきました。

 

忘れないうちに他の本でもチャレンジしてみようと思います。

 

 

先生、ありがとうございました!

 

 

 

 

茨城乳配で働こう!採用ページは こちら  から。

 

 

茨城乳配ってこんな会社。会社概要は こちら から。

 

 

茨城・栃木での食品の共同配送をお探しの方は こちら から。

 

 

 

 



↓ランキングに参加中です。クリックのご協力をお願いします!!

 


にほんブログ村


運輸業 ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年04月22日(土) 08時18分10秒

【GRIT  やり抜く力】茨城乳配の冷凍・冷蔵食品物流ブログ

テーマ:副社長の日記 本/DVD/番組

茨城県・栃木県の冷凍・冷蔵食品物流なら茨城乳配にご相談を!!

 

 

 

ブログ更新1554回目。

 

 

 

 

 

「GRIT  やり抜く力」  著者  アンジェラ ダックワース

 

 

 

人生で成功する秘訣は何かと問われた時、何と答えるで

しょうか。

 

運やツキ、生まれながらに与えられたセンス。

 

そんなことが頭に浮かびそうですが、世の中の成功者に

共通している点として浮かび上がるのは、実は「やり抜く力」

だそうです。

 

そして、その「やり抜く力」は情熱と粘り強さの二つの

要素から成り立っているということをこの本は教えてくれます。

 

特に印象的だったのは、一流になるために近道はなく課題に

しつこく向き合っていけることが条件という点でした。

 

どうしたら、もっとうまくできるようになるか。

どうしたら、早く習得できるようになるか。

どうしたら、もっと人の役に立てるようになるか。

 

諦めが悪いと思われるくらいやり抜くことでしか、普通の人が

成し得ない結果に到達できる道はないということです。

 

私が愛読する「月刊致知」にも、毎月のようにやり抜く力の

必要性を示唆する記事が掲載されています。

世界共通で説かれていることを考えてみても、成功に限らず

充実した人生を送るためにも頭に入れておくべき条件なのだと

感じました。

 

「誰でも「やり抜く力」を持つことで無限大の可能性が

生まれる」

という話に、私の年齢でも勇気をもらえました。

自分がどうあるべきかだけでなく、部下や子供のやり抜く力を

育てる方法も書かれています。

 

経営者や管理責任者の職位にある方は読んでおくと良い

だと思います。

 

 

 

茨城乳配で働こう!採用ページは こちら  から。

 

 

茨城乳配ってこんな会社。会社概要は こちら から。

 

 

茨城・栃木での食品の共同配送をお探しの方は こちら から。

 

 

 

 



↓ランキングに参加中です。クリックのご協力をお願いします!!

 


にほんブログ村


運輸業 ブログランキングへ

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。