1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年08月27日(土) 14時41分39秒

【十勝バスの講座から】茨城乳配の冷凍・冷蔵食品物流ブログ

テーマ:副社長の日記 研修・勉強会・セミナー

冷凍・冷蔵食品物流なら茨城乳配にご相談を!!

 

 

ブログ更新1365回目。

 

 

 

 

 

 

今日は、十勝バス株式会社野村社長の講座からの学びをシェア

 

させていただきます。

 

 

テレビ番組「アンビリーバボー」で紹介されたり、映画「カチバス」の

 

モデル企業としても有名な十勝バス。

 

そのサクセスストーリーの裏側に隠された秘話は、企業が成長して

 

いく上で欠かせないものを教えてくれました。

 

 

社内改善に関するお話の中で印象に残った言葉は以下の3つ。

 

 

①前提を疑う

 

②小さく始める

 

③必死に仕事をする大人を見て子供は育つ

 

 

①については、普段思い込んでいる前提は本当に正しいのかを

 

検証する必要性。

 

顧客はなぜバスに乗らないのかを改めて検証する中で、自分たちが

 

考えていたものとは違った理由が浮き彫りになったそうです。

 

例えば、「バスの乗り方が判らない」「どこへ行けるのか判らない」と

 

いった単純なもので、顧客は知っているはずと思い込んでいたことが、

 

現実はそうではなかったという話です。

 

 

こういった勝手な思い込みは、普段の業務にも潜んでいる可能性が

 

高いので、顧客や社員の認知事項について注意を払う必要性を

 

感じました。

 

 

また、何か社内で改善をしようと思ったら小さく始めると良いそうです。

 

その理由としては、以下のようなことが挙げられるそうです。

 

・誰でもスタートしやすいこと

 

・リスクが低いこと撤退しやすい

 

・問題を発見しやすい

 

 

小さく始める代わりに、早く始めることに力点をおくほうが効果を出し

 

やすいと考えるべきなのでしょう。

 

 

 

③は、子を持つ私にとって考えさせられる言葉でした。

 

未来を背負う子供たちに大人が見せられるもの。

 

それは、必死になって仕事に取組む背中。

 

どんな背中を見せるかで、子供の成長も変わってしまいます。

 

これは社員にも同じことが言えるでしょう。

 

 

必死になって働いている姿を部下に見せることが様々な問題を

 

解決する近道になるような気がしました。

 

 

終わってみると、胸が熱くなる講座でした。

 

「こうしたい!」と、強く想ことを大切にしていきたいと思います。

 

 

 

 

茨城乳配で働こう!採用ページは こちら  から。

 

 

茨城乳配ってこんな会社。会社概要は こちら から。

 

 

食品の共同配送をお探しの方は こちら から。

 

 

 

 



↓ランキングに参加中です。クリックのご協力をお願いします!!

にほんブログ村 企業ブログ 運輸業へ
にほんブログ村




運輸業 ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月26日(金) 07時47分29秒

【ユー・エス・ジェイ森岡氏の講座から】茨城乳配の冷凍・冷蔵食品物流ブログ

テーマ:副社長の日記 研修・勉強会・セミナー

冷凍・冷蔵食品物流なら茨城乳配にご相談を!!

 

 

ブログ更新1364回目。

 

 

 

 

昨日に続き、今日は株式会社ユー・エス・ジェイ森岡CEOの講座

 

からの学びをシェアさせていただきます。

 

 

偶然にも森岡氏の本を読んだばかりだったので、どんな苦難や

 

課題を乗り越えてきたのかを知ったうえで聴くけたことは理解を

 

深める上で大きかったように感じます。

 

 

やはり本を出版している方の講座を聴く場合、事前にその本を

 

読んでおくことは理解を深める上で大きなアドバンテージに

 

なることを実感しました。

 

 

さて、講座の中身ですが・・・。

 

イメージと違ったのは、確率や統計の話がほとんどでなかったこと。

 

むしろ、問題の特定や人材マネジメントに関する話が多く、実際の

 

現場ではマーケティングの力には限界があり、それを活かせる

 

職場環境や人的環境の整備、また人間性の構築が不可欠である

 

ことを感じました。

 

知識的な頭の良さは社会では通用しないということなんでしょうね。

 

 

 

印象に残った話は、「重心」です。

 

企業には、たくさんの問題があります。

 

何十個と問題がある中で、これを解決すればすべてがうまくいく

 

ものを「重心」と定義されていました。

 

 

従業員の士気の低さや売り上げの低迷、新企画の低迷・・・。

 

USJの場合、これらをすべて解決する重心は「集客」だったそうです。

 

だから、リソースを集中して集客の回復に徹底的に取り組んだ結果が

 

現在であるとのことでした。

 

 

この重心は、どんなビジネスにも必ず存在するそうです。

 

多くの問題を同時に解決できる1点。組織体にとっては最重要かつ

 

急所となる1点。

 

 

重心の見つけ方は、以下の3つだそうです。

 

①「郷に入らば郷に従え」「とりあえずやってみる」は大敵

 

②「現象」ではなく、「原因」を診る

 

③数ある課題の原因に因果関係がないかを疑う

 

 

全部やるのは無理だとも仰っていましたが、特に①はやりがちな

 

ことなので意識しておこうと思います。

 

 

◇この学びは、私にとってどんな意味があったのか。

 

日常の業務を遂行する中で問題は絶えず発生してきますが、

 

場当たり的に解決策を求めていくのではなく、俯瞰して原因を

 

究明する視点が欠けていることを気付かせてくれました。

 

 

今までの考え方では、小さな問題は「臭い物には蓋」になってしまう

 

恐れがありました。

 

 

◇この学びを今後どのように活かしていくか

 

虫の目でみた現象に場当たり的に動かず、一度鳥の目で見ることで、

 

原因特定に時間を使ってみる。

 

そんな意識を持って問題解決に取り組んでいきたいと思います。

 

浅はかな知識に頼ったり(汗)、思い込みで動くことが多いので、

 

何に資源を集中させればより大きな効果が得られるのかを考える

 

癖をつけていこう思います。

 

 

また、この手法は人材マネジメントや営業開拓にも同じことが

 

当てはまるような気がします。

 

ビジネススクールで学んだことにも繋がる部分があるので、

 

自分なりに整理して腹に落としておきたいと思います。

 

 

 

他にも、「Visioning」や「布教のツボ」など、学びの多い講座でした。

 

めちゃくちゃ早口で聞き取れなかった部分も多かったので、再度

 

森岡氏の講座を聴くチャンスがあれば参加してみようと思います。

 

 

 

 

茨城乳配で働こう!採用ページは こちら  から。

 

 

茨城乳配ってこんな会社。会社概要は こちら から。

 

 

食品の共同配送をお探しの方は こちら から。

 

 

 

 



↓ランキングに参加中です。クリックのご協力をお願いします!!

にほんブログ村 企業ブログ 運輸業へ
にほんブログ村




運輸業 ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月25日(木) 07時46分18秒

【CCC 増田社長の講座から】茨城乳配の冷凍・冷蔵食品物流ブログ

テーマ:副社長の日記 研修・勉強会・セミナー

冷凍・冷蔵食品物流なら茨城乳配にご相談を!!

 

 

 

ブログ更新1363回目。

 

 

 

 

この2日間お世話になった経営戦略セミナーの学びをシェアさせて

 

いただきます。

 

 

まずは、はじめのゲスト講座で登壇された、Tカードで有名な

 

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社増田社長の講座から。

 

 

今回、私がメモしたキーワードは、

 

・マーケティングはしっかりやる

 

・プラットフォーム戦略から提案へ

 

・どっちも狙う

 

 

です。

 

 

 

企画会社を目指してきたという増田社長は、いつも「どんな」を

 

考えることを意識されているそうです。

 

例えば、全国で毎日2店舗の本屋が閉店している中で、

 

「どんな本屋ならばやっていけるか?」を考るということ。

 

 

そのためには、

 

①プラットフォームを作ることで顧客をハッピーにする

 

②データを活用して顧客をハッピーにする

 

③ライフスタイルコンテンツの提案

 

この3つに取り組まれているとのことでした。

 

 

最近のTSUTAYAを考えてみると、図書館であったりスタバと

 

併設になっていたり、様々なショップが同じ店舗内にあったりと

 

いろんな年齢層、所得層、ニーズの顧客が行きかう店舗になって

 

います。

 

 

その背景には、Tカードに代表される顧客の特性を把握する

 

データベースが存在して、そのデータを基にライフスタイルを

 

考えて提案していくというサイクルが存在しています。

 

 

 

具体例として、東京の代官山と大阪府枚方市にそれぞれ出店した

 

TSUTAYAの店舗特性を解説していただけましたが、高齢者や

 

高所得者だけをターゲットにするのではなく、その対極にある

 

若年層や低所得層も狙うマルチクラスタという考え方が印象的

 

でした。

 

 

心に残ったお話に、「あるマーケットのセグメントが95:5なら5の

 

ほうを選ぶ」というものがあります。

 

 

その5%を検証して、成功するために必要な「どんな」を発見できれば

 

圧倒的な勝利が得られるということでした。

 

 

95%を間違いなく選ぶ私にとっては、自分の常識を覆す話で衝撃的

 

でした。

 

 

マーケティングはしっかりやる。

 

 

 

プラットフォームが溢れている世の中で、今後は潜在ニーズの発掘と

 

提案力が求められていくそうです。

 

そのためには、どの業界でもマーケティングに対する意識を高めて

 

いく必要があると感じました。

 

 

 

 

 

 

茨城乳配で働こう!採用ページは こちら  から。

 

 

茨城乳配ってこんな会社。会社概要は こちら から。

 

 

食品の共同配送をお探しの方は こちら から。

 

 

 

 



↓ランキングに参加中です。クリックのご協力をお願いします!!

にほんブログ村 企業ブログ 運輸業へ
にほんブログ村




運輸業 ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。