NYでピラティス三昧

NYで教え・学ぶピラティスインストラクターのブログ


NYマンハッタンでピラティスを教えています。

日々のレッスンや教えで思ったことや、NYのピラティス事情、ピラティスを通した出会いや発見等、心に残ったことを書きとめていきたいと思います。


テーマ:

12月、私の師であるパット・ガイトンの東京でのワークショップが決定しました。

前回2月のワークショップが大好評のうちに終了し、もっとPatから学びたい、という大勢の方のリクエストに答え、今年2度目の来日ワークショップ。

内容も一新、パット・ガイトンの新作ワークショップが日本で受講できます!


今回は、東京に加え、福岡でもワークショップを行いますので、九州方面にお住まいの方も、ぜひぜひご参加ください。


東京 2010年12月2, 3, 4, 5日(木~日)

福岡 2010年12月9, 10日(金、土)

※申し込み方法、お問い合わせにつきましては、ピラティス・ラボのHPを御参照ください。

http://www.pilates-lab.com/


さて、気になるワークショップの内容につきましては、残念ながらラボのHPには載っていないようなのでこちら↓でチェックしてくださいね♪


東京4日間は 

『Extending Pilates ~ピラティスの伸展~


脊柱の伸展エクササイズにフォーカスを置きつつ、すべての脊柱メカニクスをレビューしていきます。ピラティス氏は伸展のエクササイズを『スワン』と呼び自身のワークに取り入れていました。

・・・ピラティス氏のマットリストには、腹筋群や内転筋群を意識して行う脊柱の屈曲が数的には多いですが、腹を鍛えたいからといって屈曲のエクササイズばかりやり続けてダルマのような脊柱・体になってしまった方々をアメリカで何人も見きました。健康な脊柱のためには、全ての方向に脊柱を動かすことが必要です。

伸展エクササイズは姿勢の維持や高齢者にとっても非常に重要ですが、一方で教えるのも非常に難しいエクササイズですよね。


ワークショップでは前半2日間はマット、後半2日間はエクイップメントを使用しながら、ピラティスインストラクター達がこれらの伸展のエクササイズをどのようにマスターし、クライアントへ伝えていけば良いか、Patが指導いたします。

そして福岡では

『Progressing Forward』です。内容がわかり次第こちらのブログでまた掲載しますね。




思えば、最初にPatに会ったのが2007年。

自分の中で『ピラティスを教える』とはどういうことなのか、彼女のところで学べば何かヒントがもらえるような気がして彼女のところに飛び込み、ピラティスインストラクターとしての技術だけでなく、ひとりの人として、人と向き合うという大事なことを教えてもらいました。



彼女の教えを、日本でたくさんの方々と共有できたらうれしいです。

※10月10日現在、東京12/5, 6日分についてはほぼ定員に達しているそうです。参加ご予定の方、予約をお急ぎください!

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ブログもぜんぜん更新してなかった・・・

気付けばもう何ヶ月・・・???


8月にコンベンションやカンファレンスでワークショップやったり、9月にNYでレッスン受けまくってきたりとか、思い返すとこのブログに書けるようなことも結構やっているのですが。

まぁそれは置いといて(いいのか!?)



今日は告知のため、久しぶりに書いています。



11月7日(日)、ピークピラティスコンベンションにて、フランクリンメソッドの『骨盤力』ワークショップ(1時間)やります。私はピークのトレーナーって訳では無いのですが、一応私のワークショップでも、ピークのCECポイントつくみたいです。



ピラティス関係者の方、ムーブメントに興味をお持ちの方、そうでないけどお暇な方、ぜひご参加ください。

詳細はコチラ

http://www.pilates-all.com/form/CONVENTION.pdf




そして!


今週末か来週あたりには、さらに続けてビッグなお知らせが、できると思いますよ~


乞うご期待!!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ひさしぶりの更新です。


先日、マシュー・ボーンのスワンレイク、を観てきました。


以前からうわさは聞いていましたが、こんなにスゴイとは知らんかった~。去年まで1シーズン3、4回のペースでABTのクラシカルなスワンレイクを見ていたのですが、それと比較して、という意味でもとっても面白かった!


同僚でインストラクターの友人と観に行ったわけですが、やれどこの筋肉がすごいとか、軸がどうとか、ジャンプの引き上げが、とかそんな話ばっか(笑)


白鳥の羽は、腕じゃなくて肩甲骨。なんです。

男性ダンサー達の、その力強くて繊細な動きに釘付けでした。



NYでピラティス三昧-swanlake



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ピラティスのエルダーであり、指導者であるキャスリーン(キャシー)・グラントが5月27日、お亡くなりになりました。


日本ではキャシー・グラントと言ってもあまり知られていないかもしれませんが、ピラティス氏の直弟子として、偉大な指導者として、現役で教え続け、世界中で数々の人が彼女の教えを受けました。ピラティス界では神様といっても過言ではない方です。

五十嵐祐子先生はこの数年彼女のレッスンをとり指導を受け、近年はカンファレンス等でアシスタントもするほどの師弟関係を築いていらっしゃいました。先生の心中いかばかりかと思うと胸が痛みます。



PMAのパブリックポリシー・アドバイザーであり現在はPeak Pilatesのディレクターであるケヴィン・ボウエン氏がキャシーについてコメントを寄せています。

http://www.peakpilates.com/peak-pilates-home/kathy-grant.asp

リンク先は英語です。キャシーの元気な頃の写真が見出しになっています。

急ぎのつたない翻訳で恐縮ですが、ぜひ皆さんに読んで頂きたく日本語にしました。皆さんに感想を聞かせていただきたいです。




キャスリーン・スタンフォード・グラント
1921年8月1日-2010年5月27日


深い尊敬と敬意、そして愛をこめて、われわれピークピラティスはキャスリーン(キャシー)・スタンフォード・グラントのことを記憶しています。彼女のダンス、ムーブメント、そしてピラティス界への多大な貢献は彼女が行ってしまった今、本当に思い知らされます。


キャシーは、ボストン・コンサバトリー・オブ・ミュージックで学んだ元ダンサーで、そのバックグラウンドはブロードウェイやオフ・ブロードウェイ、テレビ番組、インダストリアル、ツアーカンパニー、そしてアメリカのみならずヨーロッパや南アメリカ、アフリカや中東でのコンサートステージをも含んでいます。キャシーは有名なニューヨークのザンジバルクラブでコーラスガールとして働きました。彼女はドナルド・マッケイル、ウォルター・ニックス、アーサー・ミッチェル、マイケル・スムイン アシスタント・コレオグラファーをつとめ、クロード・マーチャント・ダンスカンパニーの共同監督経営者として貢献しました。長年のキャリアの中で、彼女はメリー・ヒンクソン、カルメン・デ・ラバラーデ、マリー・アンソニー、ドナルド・マッケイル、ポール・テイラー、ジョフリー・ホルダー、ビル・ロビンソン、ホニ・コールズ、キャブ・キャロウェイ、パール・ベイリー、他多くの方と共演してきました。また彼女は映画『コットン・クラブ』の振付けを手伝い、アーサー・ミッチェルやザ・ダンスシアター・オブ・ハーレム非常に密接に活動。全米芸術基金ニューヨーク州芸術審議会、デラコルテ劇場、そしてダンス・ブラックアメリカのダンス・パネリストとして貢献しました。


おそらくキャシーはジョセフ・ピラティスの生徒、弟子として最も知られているでしょう。彼女はニューヨーク州立大学の後援を受けたプログラムである社会復帰リハビリテーション専攻において、ピラティス氏から実際に資格を与えられたたった2名のうちのひとりです。キャシーは1957年にピラティスティーチャーとなり、ニューヨーク市内の56丁目にあるキャローラ・トリエーのスタジオで働きました。のちに、ピラティス氏の要請により彼女はニューヨーク市にあるヘンリベンデル・デパートにあるピラティススタジオを引き継ぎ、そこで長年にわたって教えました。


1988年に、キャシーは現在のニューヨーク大学ティッシュスクール・オブ・アーツのスタジオに移りました。晩年は健康上の多くの問題がありましたが、彼女は常に回復して仕事を続け、ティッシュスクールで働くためにブルックリンからマンハッタンまで電車に乗りました、彼女が最も全力を注いだこと―教えのために。


キャシーは毎年ティッシュスクールに訪れる新たな生徒の面々にダンス部門での1年間にわたるピラティスコースを教え、その豊かな知識を共有しました。彼女は厳しい教師として知られ、特に、ピラティスメソッドや彼女がピラティス氏から学んだことに関連しているムーブメントの微妙な差異については、完璧主義者でした。私は幸運なことに、ピラティスメソッドアライアンスのカンファレンスのみならず、電話や個人的な付き合い、食事を共にし、何度か特別にプライベートレッスンをしてもらうなどしてキャシーと共に時間を過ごすことができました。私はキャシーとの1時間のレッスンで、自分の体と自分の動きの問題について、それまでの人生をかけて学んできたよりも多くのことを学びました。


キャシーはフロリダ州マイアミで行われた第二回PMAカンファレンスの数ヶ月前に、股関節の傷害を抱えていました。彼女はカンファレンスに参加することを快く思っておらず、心から取り止めたいと思っていました。私は彼女にどうかおいで頂きたいと懇願し、彼女の旅が苦にならないように、われわれはどんなことでもするつもりでした。彼女はしぶしぶ承諾し、ブロッサム・クロフォードがキャシーを空港まで連れて行き、共にマイアミまで飛んできました。キャシーとブロッサムは木曜の夕方、開会式の直前に到着し、遅れて入ってきました。ブロッサムがキャシーをマイアミ川べりの木のふもとにあるベンチに案内したので、私はそこまで行って微笑みながら彼女の隣に座り、ジョークのつもりで「あなたをにここま連れてきた私のこと、本当に大嫌いなんでしょうね。」と言いました。すると彼女は私をしかめっ面でにらみつけ、「そうね、大嫌い」と言ってそっぽを向き、その晩はその後相手にしてくれませんでした。

カンファレンスの最終日、閉会式を行っている最中に、彼女は最前列に座って私に向かって、手招きをしました。私が手にマイクを持って彼女のところへ行くと、彼女は私の腕を掴んで席から立ち上がり、私の手からマイクをとりあげはじめました。彼女は、300人の聴衆にむけて言いました。彼女をここに連れて来させた私のことを大嫌い。本調子でなく気が進まないから来たくなかったと。でも、来てとてもよかった。なぜなら、カンファレンスの一瞬一瞬を本当に楽しんだから、と。


キャシーは、心を開いて聞き入れ、また感じ取って成長しようとする人とはどんな人とでも彼女の知識を喜んで共有しました。長い年月にわたり、キャシーに学んた人は大勢います。それらの男女は、ピラティスメソッドだけでなく、体を動かすということの真のマスターから学ぶという特権・恩恵を受けてきました。彼らは自分自身の力ですばらしいピラティスティーチャーやムーブメントティーチャーへとなっていきました。そうしたキャシーが教えや導き、英知によって関わった世界中の数え切れない人々が、その立ち止まろうとしなかった女性のことを懐かしく思うことでしょう。



ケヴィン・ボウエン(エデュケーションディレクター)



御冥福をお祈りします

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。